プレスリリース

ジュピターショップチャンネル株式会社

2018年度売上実績 1,593億円

(PR TIMES) 2019年05月16日(木)22時40分配信 PR TIMES


 24時間365日生放送のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」(ジュピターショップチャンネル株式会社、代表取締役社長:新森健之、所在地:東京都中央区)は、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の売上高が前年対比2.3%減の1,593億円となりました。

 ショップチャンネルは2018年度を“より強固な基盤作りを行う年”と位置付け、ショップチャンネルならではの商品と番組の開発に取り組みました。なかでも、利用頻度の高いお客様たちからご支持をいただいているファッション商品の強化を図りました。具体的には、テレビ通販だからこそ伝えることのできる魅力を持つ商品を発掘すること、そしてその商品の魅力と作り手の想いを社内で共有し、番組を通じてお客様にすべて伝えきることを「原点回帰」と銘打ち、この基本を確実に実行することに注力しました。

 また 「大人の女性に選ばれてNo.1 」というコミュニケーションワードを掲げ、認知度アップ施策にも注力しました。「テレビ通販」というひとつの形態にとどまらず、「大人の女性」に選ばれるショッピングの場へとステージアップすることを目指し、クロスメディアを活用した広告を展開。10月には地上波テレビCMや交通広告を実施し、ブランド認知の向上に寄与しました。

 2018年度の売上推移をみると、上半期はやや低調であったものの、11月の大型イベント「心おどる、大創業祭」以降は売上が回復基調になり、3月の大型イベント「春いち!大感謝祭」が好調に推移し売上を牽引した結果、第4四半期の売上は前年同期対比で大きく伸長しました。

 2019年度は中長期的な視点での事業成長を見据え、“原点回帰徹底期間”と位置付けています。お客様である「大人の女性」たちに選ばれる商品・番組を開発し、多様化するライフスタイルに寄り添ったコンタクトポイントを通じてご提供してまいります。

 あわせて、顧客基盤拡大を目指した認知度アップ施策も継続して実施します。2019年5月6日からは関東・福岡エリアでの地上波テレビCM放映、13日からは同エリアで交通広告も実施しました。さらに、お客様とのコンタクトポイントの一つとして「ショップチャンネル プラス」(J:COM コミュニティチャンネル 113ch、J:COM TV 204chで放送)の運営強化にも取り組んでまいります。


ジュピターショップチャンネルについて(http://www.shopch.jp


[画像: https://prtimes.jp/i/3563/307/resize/d3563-307-367685-0.jpg ]

 1996 年11 月に日本で初めて生放送を取り入れたショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」を開局。
現在は24 時間365 日生放送、テレビ通販企業国内最大手(2018年通販新聞調べ 2017年度テレビ経由売上実績による)。
ケーブルテレビや衛星放送などを通じ、全国2,950万世帯が視聴可能(2018年4 月時点)。
ファッション、コスメ、家庭用品、健康グッズなど、世界中から厳選した商品を毎週約500アイテム紹介しています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る