• トップ
  • リリース
  • アデコグループ、CEO業務体験インターンシッププログラム「CEO for One Month」の2016年度グローバル代表を選出

プレスリリース

アデコグループ、CEO業務体験インターンシッププログラム「CEO for One Month」の2016年度グローバル代表を選出

(PR TIMES) 2016年09月09日(金)19時17分配信 PR TIMES

アデコグループは、本日、カミーユ・クレマンさん(Camille Clement、フランス出身・22歳)を、2016年度の「CEO for One Month」グローバル代表に選出しました。クレマンさんは、リーダーに求められる資質のすべてを高いレベルで備えており、グループCEOであるアラン・ドゥアズの業務を1カ月間体験する機会を手にしました。
世界最大※1 の人材サービス会社、アデコグループ(本社:スイス、CEO:アラン・ドゥアズ)は本日、カミーユ・クレマンさん(Camille Clément、フランス出身・22歳)を、2016年度の「CEO for One Month」グローバル代表に選出しました。全世界で5万4,600名を超える応募者の中から選ばれたクレマンさんは、創造性、戦略的思考、チームスピリット、顧客志向、そして情熱という、リーダーに求められる資質のすべてを高いレベルで備えており、この度グループCEOであるアラン・ドゥアズの業務を1カ月間体験する機会を手にしました。

クレマンさんは2016年度の「CEO for One Month」グローバル代表として、220億ユーロの売上を誇り、フォーチュン500社のひとつでもあるアデコグループの経営幹部より直接指導を受けながら業務に携わることになります。同社の基幹ビジネスである人材サービスに関する業務を経験するにとどまらず、経営や財務、マーケティングなどのスキルを学び、公の場でアデコグループの代表としてスピーチする機会も与えられます。1カ月の業務体験終了後、同社はクレマンさん対し、将来のキャリアの希望とスキルに応じた職務を提供します。

世界では多くの若者がキャリアの階段を登ろうとしているものの、スキルや経験の不足により、キャリアをスタートすることができないケースが多々あります。今年8月25日に発行されたILO(国際労働機関)の「世界の雇用と社会の見通し」によれば、若者の失業率は再び上昇しています。アデコの最近の調査「Young People and Work: Dreams and Readiness」では、経験不足こそが成功への最大の障害であると若者たちが考えていることが分かります。アデコは「CEO for One Month」を通し、才能ある若者たちが自らのエンプロイヤビリティを高め、自信を持ってキャリアの第一歩を踏み出すことができるような職務経験を得ることを支援します。

今年の「CEO for One Month」の選考は3月に始まりました。全世界から5万4,600名を超える応募があり、参加50カ国のアデコで現地の責任者の業務を体験する50名が選ばれました。その中からさらに10名が選出され、9月5日から7日までオランダのアムステルダムで開催された最終選考「The CEO BOOTCAMP」の第一ステージへとされ、もっとも優秀な成績を修めた5名が、9月9日に東京で行われた最終ステージへと進みました。

各国の代表となった50名は、実際に業務に携わりながら多くを学び、戦略的思考、問題解決能力、コミュニケーション・スキル、柔軟性や創造性といった、雇用主側が求めるソフトスキルを向上することができました。この50名には、アデコグループより、専門的な職務に就く機会やそのためのアドバイスが提供されます。

2016年度の「CEO for One Month」グローバル代表に選ばれたクレマンさんは、次のように話しています。「3か月前、Adecco Franceのクリストフ・カトワル社長と共に働き、非常に貴重な経験をさせていただきました。今、再びCEO、しかもグローバルCEOとしての仕事を体験する機会をいただき、非常に嬉しく光栄に思っています。アムステルダムと東京で行われたBootcampは、まさに私の一生の中で最もやりがいのある体験でした。4人の才能ある他の候補者や友人、そして素晴らしいアデコチームの方々と一緒に仕事をできたことは、非常に幸運でした。アラン・ドゥアズ CEOと共に働くことができる10月からの1か月間、毎日最大限力を発揮してこの機会を生かしたいと今からワクワクしています。」

「CEO for One Month」は、スキルを持った人材の不足という課題の解決に取り組み、若者がエンプロイヤビリティを高めて仕事の世界に入ることを支援するアデコグループのグローバル・プロジェクト、「Adecco Way to Work™」の一環として実施されています。アデコはこのプロジェクトを通じ、若者に対してインターンシップや職業見習いの機会、キャリア形成に関するアドバイス、教育訓練の機会などを提供しています。

アデコグループCEOのアラン・ドゥアズは、次のように話しています。「私たちアデコグループの2016年度『CEO for One Month』に選ばれたクレマンさん、おめでとうございます。クレマンさんは、将来のリーダーとして欠かせない資質を持っていることを示しました。選考にあたっては非常に悩みましたが、クレマンさんとこれから1カ月間、一緒に仕事ができることを楽しみにしています。今回、参加各国の代表となった50人すべてが素晴らしい才能を持っていました。将来を大きく変えるような意義深い経験をしてもらうことができ、非常に嬉しく思います。『CEO for One Month』にご参加いただいた皆さん、そして世界中にすべての若者に、次の言葉を贈ります。『夢は大きく、果敢であれ。失敗は学びのチャンスであり、恐れることはない。アデコグループはずっと皆さんのキャリアを支え続けます』」

*1:Staffing Industry Analysts 2016、人材サービス企業売上ランキングより

プログラムに関する詳細は www.adecco.co.jp/wtw/(日本語)www.adeccowaytowork.com/(英語)をご覧ください。


「Adecco Way to Work™」関連サイト
Facebook(英語):www.facebook.com/AdeccoWaytoWork
Twitter(英語):www.twitter.com/AdeccoWayToWorkTwitterハッシュタグ:#CEO1Month

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る