• トップ
  • リリース
  • 異なる切り口でページ間遷移を分析可能に!「brickファネル分析」に2つの分析指標を追加

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社オプトホールディング

異なる切り口でページ間遷移を分析可能に!「brickファネル分析」に2つの分析指標を追加

(PR TIMES) 2017年03月16日(木)12時28分配信 PR TIMES

オプトグループの株式会社テクロコ(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 康頼)は、Google アナリティクスのデータに基づき指定したWebページ間のユーザーの遷移を可視化する「brickファネル分析」に、新たに2つの分析指標を追加しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/14848/304/resize/d14848-304-618239-1.jpg ]


■異なる切り口でページ間遷移を分析可能

ページ遷移の順序や、始点ページが外部ドメインからの着地ページ(ランディングページ)か否かなど、合計6通りのパターンで分析が可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14848/304/resize/d14848-304-997319-0.jpg ]


【分析指標1:STEP1をランディングページとして絞り込む】
・ON:STEP1で指定したページが外部ドメインからの着地ページとなった場合のみ、数値に反映されます。
・OFF:STEP1で指定したページが外部ドメインからの着地ページでなくても、数値に反映されます。

【分析指標2:ステップ間の条件】
・ステップ順(直後):登録したステップ順に寄り道せず遷移したユーザーの到達率を計測します。
・ステップ順(以後):登録したステップ順で、途中ステップ外のページに寄り道し、その後戻ってきて次のステップに遷移したユーザーの到達率を計測します。
・順不同:登録ステップの順番を問わず、ステップごとの到達率を計測します。


■価格
4,000円(税別)/月
本ツールは7間無料でお試しいただけます。新しくなったファネル表示画面をぜひお試しください。
ご利用に際しては、ユーザー登録(無料)が必要です。


■brickとは
brickは、Webマーケティング最適化に役立つ様々なツールを提供するWebサービスです。
Webサイトのレビュー・修正・指摘をブラウザ上でかんたんに管理できる「サイトレビュー」、広告やキャンペーン用のランディングページ(LP)を簡単に作成して公開できる「ランディングページ」、「プッシュ通知」、「アクセス解析レポート」、「ヒートマップ」、「ファネル分析」など、低価格で手軽に使えるツールを多数提供しており、のべ7000サイト以上と連携されています。

今後もより多くの皆様に便利にお使いいただけるサービスを目指して、機能の拡充やサービス向上に努めてまいます。

brick
https://www.brick.tools/

brickファネル分析
https://www.brick.tools/applications/funnel/


【株式会社テクロコについて】
会 社 名 : 株式会社テクロコ
所 在 地 : 東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビル4・6階
代 表 者 : 林 康頼
設 立 日 : 2013年4月2日
事業内容: 中堅・中小企業および成長企業向けマーケティングテクノロジーの提供
URL  : https://www.techloco.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る