• トップ
  • リリース
  • わかさ生活の『京の厳撰茶』『京の厳撰だし』がリニューアルしました!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社 わかさ生活

わかさ生活の『京の厳撰茶』『京の厳撰だし』がリニューアルしました!

(PR TIMES) 2017年04月26日(水)09時40分配信 PR TIMES

〜厳撰された素材を使用したこだわりの商品〜

2017年4月20日(木)より、わかさ生活のホームページ「ハッピー生活」内にて、先行販売を開始いたします。
わかさ生活が本社を構えている京都には伝統的な食材が多く存在します。そこで、私達は毎日の生活をより豊かに楽しんでもらえるようにと、食品の開発にも取り組んでいます。そんな想いから始まった食品営業事業は、今年で5年目を迎えます。

2012年に販売開始した同商品は、より多くのお客様に手にとってもらえるようにと、この度さらに京都ならではの素材を活かした商品であることが一目でわかるパッケージにリニューアルし、販売を開始いたしました。

『京の厳撰茶』は、日本三大銘茶の一つである、京都宇治の一番茶を使用した商品です。萬延元年(1860年)創業、最高の茶葉にこだわり続ける京都・宇治茶の老舗「祇園辻利」と、最高の商品づくりにこだわるわかさ生活がつくりあげました。まろやかな深みのある「碾茶うす真(てんちゃうすじん)」、豊かな香りと甘みが特徴の「石臼挽き抹茶」、玉露と煎茶の風味をあわせ持つ「かぶせ茶」、ふくよかなコクが広がる「雁が音」の4種類の茶葉がまったりとして独特のコクとうまみをつくり出します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3821/304/resize/d3821-304-356152-4.jpg ]

また『京の厳撰だし』には、「山のあわび」とも言われるほど肉厚で香りのいい京都の原木干し椎茸に、京都の料亭が好んで使う枕崎産鰹枯節と利尻昆布を使用しています。その他に、京野菜の堀川ごぼう、京人参もあわせよりコクのある風味豊かな味わいに仕上げました。
健康をサポートする企業として、無添加・減塩にもこだわっています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3821/304/resize/d3821-304-367110-5.jpg ]

わかさ生活は「若々しく健康的な生活を提案・提供」する企業として、毎日の「食事」こそ健康の源であると考えています。食べることは体をつくる大切な行為であり、欠かすことが出来ないものです。
ぜひ『京の厳撰茶』『京の厳撰だし』で、日本伝統の味を楽しんでいただければと思います。


[画像3: https://prtimes.jp/i/3821/304/resize/d3821-304-117663-6.jpg ]

■□ 京の厳撰茶 ■□
<商品特徴>
まろやかな深みのある「碾茶うす真(てんちゃうすじん)」」、豊かな香りと甘みが特徴の「石臼挽き抹茶」、玉露と煎茶の風味をあわせ持つ「かぶせ茶」、ふくよかなコクが広がる「雁が音」の4種類の茶葉を使用。また、京都宇治の茶匠が育てた一番茶を使用。

<商品のお召し上がり方(利用方法)>
便利なティーバッグ形のため、湯のみに直接入れていただき、お湯を淹れてお楽しみください。1パックで3回ほど楽しんでいただけます。また、水出しにも対応していますので、これからの季節冷茶としても楽しんでいただけます。


[画像4: https://prtimes.jp/i/3821/304/resize/d3821-304-155493-2.jpg ]

■□ 京の厳撰だし ■□
<商品特徴>
「山のあわび」とも言われるほど肉厚で香りのいい京都の原木干し椎茸に、京都の料亭が好んで使う枕崎産鰹枯節と利尻昆布を使用。国産原料のみを使用し、無添加・減塩にもこだわっている商品です。

<商品のお召し上がり方(利用方法)>
1回分がスティック状になっているため、使いきりやすくなっています。ご飯と混ぜておにぎりにしていただいたり、お湯に『京の厳撰だし』を入れた後とろろ昆布を入れていただくだけで、即席のお吸い物に早変わりいたします。


〔関連サイト〕
・株式会社わかさ生活
http://company.wakasa.jp/

・京の厳撰茶
http://www.wakasa.jp/sl/tea/

・京の厳撰だし
http://www.wakasa.jp/sl/dashi/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る