プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社マクロミル

ウインタースポ-ツに関する調査(マクロミル調べ)

(PR TIMES) 2017年01月17日(火)14時18分配信 PR TIMES

〜ゲレンデで聞きたい曲、広瀬香美と松任谷由実が上位にランクイン〜

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「トレンドアイズ」として調査結果をお届けしています。
vol.48は「ウインタースポーツ」をテーマに、プレイ率やゲレンデで聴きたい曲ランキングなど、18歳〜59歳の男女を対象に調査しました。
<Trend Eyes vol.48>
[画像1: https://prtimes.jp/i/624/301/resize/d624-301-322436-0.jpg ]


■Topics


スキーやスノボなどのプレイ率は15%、若い人ほど高く10〜20代では26%
ゲレンデで聴きたい曲ランキング、『ロマンスの神様』がダントツ、「広瀬香美」「松任谷由実」は広い世代から、「back number」は若者から支持
ゲレンデに求める事、1位「リフト券の安さ」、2位「雪質」、3位「自宅からのアクセスが良い」



■調査結果

【1】スキーやスノボなどのプレイ率は15%、若い人ほど高く10〜20代では26%

 18歳〜59歳の2,000名に冬のゲレンデで行うウインタースポーツをプレイするか聞くと、「する」は15%で、男女別にみると男性が高め、年代別にみると若い人ほど高く10〜20代では26%の方がプレイすると回答しました。また、年代が高くなるとともに「過去していたが、現在はしていない」率が高まり、40代以上では男女ともに約6割の方が何らかの理由でウインタースポーツを辞めたことが見て取れます。


<図:ウインタースポーツのプレイ率(ベース:全体/n=2,000)>

[画像2: https://prtimes.jp/i/624/301/resize/d624-301-319773-2.jpg ]



>>その他のTopicsの詳細や調査項目の結果は、以下URLよりご確認いただけます。
https://honote.macromill.com/report/20170117/?cid=SL-PR


<その他の調査項目>
・ゲレンに行く日数
・ウィンタースポーツを止めた人へ、その理由
・各設問の性別、世代別クロス集計 など


▼調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 全国18歳〜59歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 平成27年国勢調査による、性別×年代別の人口動態割付/合計2,066サンプル
調査期間 2016年1月10日(火)〜2017年1月12日(木)

[画像3: https://prtimes.jp/i/624/301/resize/d624-301-291873-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る