• トップ
  • リリース
  • 全国2,000人が選んだ 『2016年 重大ニュース』(マクロミル調べ)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社マクロミル

全国2,000人が選んだ 『2016年 重大ニュース』(マクロミル調べ)

(PR TIMES) 2016年12月06日(火)11時12分配信 PR TIMES

2016年もあと1ヶ月で終わり。今年も様々なニュースが世間をにぎわせましたが、何のニュースが多くの人の心に残っているのでしょうか。マクロミルでは11月末にアンケートを実施し、2016年の重大ニュースをいち早く集計してみました!

調査は20歳〜69歳の全国の男女を対象に実施。調査期間は2016年11月28日(月)〜11月29日(火)。有効回答数は2,000人。

<Trend Eyes vol.44>
[画像1: http://prtimes.jp/i/624/296/resize/d624-296-227323-0.jpg ]


■Topics

2016年の「重大ニュース」トップ20を発表!1位は「アメリカ時期大統領にドナルド・トランプ」で59%が重大だと回答。
「重大だと思うニュース」には、男女で傾向に差あり。身近なニュースを選ぶ女性に、政治に関心高い男性。


■調査結果

【1】2016年の重大ニュース、トップ20を発表!1位は「アメリカ時期大統領にドナルド・トランプ」。

2016年に話題となったニュース25個(※)の中から、「2016年の『重大なニュース』」だと思うものを、全国の20〜60代の男女2,000名に複数回答で選んでもらいました。

◆2016年『重大ニュース』 1位〜10位

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/624/table/296_1.jpg ]


◆2016年『重大ニュース』 11位〜20位

[表2: http://prtimes.jp/data/corp/624/table/296_2.jpg ]


<ベース:全体/n=2,000(複数回答)>

※マクロミルのユーザートークサービス「ミルトーク」(https://milltalk.jp/)にて「2016年で印象に残ったニュース」を調査した結果、5名以上が回答したニュース25件を選択肢として調査を実施。ミルトークでの調査期間は2016年11月24日(木)〜11月28日(月)。回答者数は1,966名。


【2】「重大だと思うニュース」には、男女で傾向に差あり。身近なニュースを選ぶ女性に、政治に関心高い男性。

重大だと思うニュースには男女間で傾向に差が見られました。トップ5を比較すると、女性に特徴的だったのは3位「高齢者の運転事故多発」48%(男性は7位30%)、5位「SMAP解散」40%(男性は10位27%)です。一方、男性で特徴的だったのは4位「イギリスが国民投票でEU離脱決定」37%(女性は、11位31%)、5位「オバマ大統領が広島訪問」31%(女性は12位30%)です。女性は生活に直結した身近なニュースを、男性は国際情勢や政治に関するニュースを重大だと感じる傾向があると言えそうです。

<図:男性が選ぶ、2016年『重大ニュース』 トップ5(ベース:男性/n=999、複数回答)>
[画像2: http://prtimes.jp/i/624/296/resize/d624-296-339018-2.jpg ]


<図:女性が選ぶ、2016年『重大ニュース』 トップ5(ベース:女性/n=1,001、複数回答)>
[画像3: http://prtimes.jp/i/624/296/resize/d624-296-264951-3.jpg ]



>>調査結果の詳細、その他の調査結果は以下にも掲載しています。
調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ): http://www.macromill.com/honote


▼調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 全国
調査対象 20歳〜69歳の男女(マクロミル提携モニタ)
割付方法 平成27年国勢調査による、性別×年代別の人口動態割付/合計2,000サンプル
調査期間 2016年11月28日(月)〜11月29日(火)

[画像4: http://prtimes.jp/i/624/296/resize/d624-296-403479-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る