• トップ
  • リリース
  • 第42回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞受賞『未来のミライ』Huluにて6月1日(火)から最速配信!『時をかける少女』も同日配信

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

HJホールディングス株式会社

第42回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞受賞『未来のミライ』Huluにて6月1日(火)から最速配信!『時をかける少女』も同日配信

(PR TIMES) 2021年05月28日(金)08時45分配信 PR TIMES

細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』公開記念


https://www.hulu.jp/
[画像1: https://prtimes.jp/i/23394/289/resize/d23394-289-785861-1.jpg ]

待望の細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』(7月16日公開)の公開を記念して、第42回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞を受賞した2018年公開の『未来のミライ』を6月1日(火)からHuluにて最速配信(※)いたします。『未来のミライ』は定額制動画配信サービスにて、初めての配信となります。また、『時をかける少女』(2006年公開)も同日からHuluにて配信します。
(※)定額制動画配信サービスにて。

[画像2: https://prtimes.jp/i/23394/289/resize/d23394-289-461868-0.jpg ]


定額制動画配信サービスで初配信となる『未来のミライ』は、第91回米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされ、「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる第46回アニー賞 長編インディペンデント作品賞などを受賞し、世界的に大ヒットした話題作です。物語は、生まれたばかりの妹の存在に戸惑う4歳の男の子が未来からやってきた妹と出会い、時を超えた家族の物語をめぐる旅に出発するというファンタジーです。一方、2006年に公開された『時をかける少女』は、筒井康隆原作の同名小説を細田守監督が再構築したもので、時間を飛び越えて過去に飛べる能力“タイムリープ”を突然手にした少女のひと夏の淡い青春を描いています。第30回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞、第31回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編映画部門特別賞を受賞するなど国内外の映画祭などでも多くの賞を受賞した作品です。

最新作『竜とそばかすの姫』の公開まで、細田守監督ワールドをHuluでお楽しみください。


【細田守監督 最新作『竜とそばかすの姫』】7月16日(金)全国ロードショー

[画像3: https://prtimes.jp/i/23394/289/resize/d23394-289-646390-2.jpg ]

自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。
曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の 仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく―。 
公式サイト:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る