• トップ
  • リリース
  • 東京・大阪の電車通勤・通学事情。50%が片道1時間以上をかけ、80%が満員電車に乗っていることが明らかに。(マクロミル調べ)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社マクロミル

東京・大阪の電車通勤・通学事情。50%が片道1時間以上をかけ、80%が満員電車に乗っていることが明らかに。(マクロミル調べ)

(PR TIMES) 2016年10月11日(火)12時00分配信 PR TIMES

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「トレンドアイズ」として調査結果をお届けしています。
vol.38は10月14日「鉄道の日」にちなんで、東京都内・大阪府内に通勤通学している20歳〜59歳の男女2,000人を対象に、通勤通学電車の状況について尋ねてみました。「満員電車」の解決案や、電車におけるマナーについても調査しました。
<Trend Eyes vol.38>

[画像1: https://prtimes.jp/i/624/286/resize/d624-286-461276-0.jpg ]



■Topics


東京・大阪への電車通勤通学者、半数以上が通勤通学に片道1時間以上かけていることが明らかに。
東京86%、大阪74%が通勤通学時に「満員電車」に乗っていると回答。4人に1人は「手足は動かせるが、身体の位置は動かせないレベルの混雑」を経験中。
95%が電車で何らかのストレスを感じている。ストレス内容は1位「満員電車・混雑」46%、2位「乗降時に出入り口から動かない乗客」44%、3位「他の乗客のにおい」43%。・・・混雑緩和の対策案には、「時差出勤や在宅勤務の推進」をあげる人が多数。


■調査結果
【1】東京・大阪への電車通勤通学者、50%以上が通勤通学に片道1時間以上かけていることが明らかに。

東京都内・大阪府内に電車を使って通勤通学をしている人2,000名に、通勤通学の状況について尋ねました。通勤通学時間を聞いたところ、片道「1時間程度」が20%で最多。「40分〜45分程度」18%、「50分〜55分程度」13%と続きますが、1時間以上と回答した方を合計すると全体の50%以上に(東京55%、大阪45%)にのぼりました。

また、通勤通学時間のうち、電車に乗っている時間も聞いたところ、「30〜35分程度」が18%で最多でした。30分以上と回答した方を合計すると64%にのぼります。東京・大阪に通勤通学している方のうち多くが、1日1時間以上を電車の中で過ごしていることがわかりました。

<図:片道の通勤通学時間(ベース:全体/n=2,000 東京/n=1,000 大阪/n=1,000)>

[画像2: https://prtimes.jp/i/624/286/resize/d624-286-202071-3.jpg ]


<図:片道の通勤通学時間のうち電車に乗っている時間(ベース:全体/n=2,000 東京/n=1,000 大阪/n=1,000>


[画像3: https://prtimes.jp/i/624/286/resize/d624-286-461977-7.jpg ]



【2】東京86%、大阪74%が通勤通学時に「満員電車」に乗っていると回答。4人に1人は「手足は動かせるが、身体の位置は動かせないレベルの混雑」を経験中。

通勤通学時に「満員電車」に乗ることがあるかどうかを尋ねたところ、東京への通勤通学者の86%、大阪への通勤通学者の74%が「乗ることがある」と回答しました。また、電車の混み具合を尋ねたところ、最も多かったのが東京・大阪とも、「手足は動かせるが、身体の位置は変えられないレベルの混雑」で26%(東京30%、大阪23%)にのぼりました。10人に1人は「まったく身動きが取れないレベルの混雑」を経験していることもわかりました。

<図:通勤通学時「満員電車」に乗るかどうか(ベース:東京/n=1,000 大阪/n=1,000)>

[画像4: https://prtimes.jp/i/624/286/resize/d624-286-327086-5.jpg ]


<図:通勤通学時の電車の混雑具合(ベース:全体/n=2,000 東京/n=1,000 大阪/n=1,000)>


[画像5: https://prtimes.jp/i/624/286/resize/d624-286-542760-8.jpg ]



>>その他のTopicsの詳細や調査項目の結果は、以下URLよりご確認いただけます。
https://honote.macromill.com/report/20161011/?cid=SL-PR


<その他の調査項目>
・普段優先席に座るかどうか
・電車で座席を譲った経験の有無
・乗客や駅員・運転士・車掌に対して、マナー違反を感じたことはあるか
・混雑した電車にベビーカーを持ち込む乗客に対する意見
・電車内での化粧、電車内での飲食に対する意見
・電車を取り巻く状況で問題だと感じること など


▼調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査地域 一都三県(東京、千葉、埼玉、神奈川)、二府二県(大阪、京都、奈良、兵庫)
調査対象 20歳〜59歳の男女で、東京都内、または、大阪府内に電車で通勤・通学をしている方(マクロミル提携モニタ)
割付方法 東京都内への通勤・通学者1,000名、大阪府内への通勤・通学者1,000名 /合計 2,000サンプル
調査期間 2016年9月30日(金)〜2016年10月1日(土)


[画像6: https://prtimes.jp/i/624/286/resize/d624-286-998209-1.jpg ]




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る