• トップ
  • リリース
  • ネイキッドが「食×アート」で、東京の中心地・丸の内を活性化

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ネイキッド

ネイキッドが「食×アート」で、東京の中心地・丸の内を活性化

(PR TIMES) 2017年04月27日(木)19時51分配信 PR TIMES

「行幸地下ギャラリー」にて、4月27日(木)〜7月17日(月)「都市と光のART展 by NAKED」開催

株式会社ネイキッド(東京都渋谷区、代表 村松亮太郎)は、東京の中心地・丸の内にある地下通路のギャラリースペース「行幸地下ギャラリー」を、日常のなかでアートを楽しめる場として活性化させるべく、4月27日(木)〜7月17日(月)に「都市と光のART展 by NAKED」を開催します。また「行幸地下ギャラリー」に隣接する「TREE by NAKED marunouchi」では、「行幸地下ギャラリー」で開催するアート展やイベントとあわせて楽しめる”片手で味わう”プレミアムなホットドッグを販売し、丸の内ならではの「食×アート」が融合する体験を生み出します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-889612-7.jpg ]



東京の中心地・丸の内にある、通路のギャラリースペース「行幸地下ギャラリー」をアートで活性化

東京の中心地・丸の内にある「行幸地下ギャラリー」は、丸の内で働く人々、買い物を楽しむ人々、外国からへの観光客など、東京駅のすぐ側・丸ビルと新丸ビルを繋いでいる地下通路のギャラリースペースです。地下通路であるとともに、丸の内の人々が日常のなかでアートを楽しめる場である「行幸地下ギャラリー」をより活性化させるため、ネイキッドは「都市と光のART展 by NAKED」を開催します。東京駅、行幸通り、渋谷、新宿、東京タワーなど、東京のランドマークが集結するモノクロのポスターに、プロジェクションマッピングを用いてつくりだす”光”の粒子を投影し、都市のアート性・人の営みを”光”で表現した作品をギャラリーに展示します。さらにマッピングを投影するテーブルも新しく設置し、日本の伝統・花火、海の世界、星空/宇宙の世界など期間によってテーマが変化するショーケースとして演出。東京の中心地ならではのテーマとして、東京の「都市のアート性」をネイキッドのストーリーある”光”の表現で、見るだけでなく”過ごせる”アート空間をつくります。


「食×アート」が融合する場をつくり、丸の内ならではの新しいライフスタイルを発信

さらに「行幸地下ギャラリー」東京駅側には、4月22日(土)にオープンした、ネイキッドが「食×アート」が融合する場をつくることで、「LIFEにクリエイティビティを」がテーマの新しいライフスタイルを提案するプロジェクト『TREE by NAKED(ツリーバイネイキッド)』の丸の内店「TREE by NAKED marunouchi」が隣接。日常のなかの”食”の時間とともに「行幸地下ギャラリー」で開催するアート展やイベントを楽しめる空間をつくるべく、片手で味わえるプレミアムなホットドッグを販売します。今回開催するネイキッドのアートギャラリー展「都市と光のART展 by NAKED」とあわせて、「食×アート」が融合する場をつくり、丸の内ならではの新しいライフスタイルを発信していきます。


アートギャラリー展「都市と光のART展 by NAKED」開催概要

■イベント名:都市と光のART展 by NAKED
■開催期間:2017年4月27日(木)〜7月17日(月)※毎週金曜日は休み
■開催時間:8:00〜22:00
■会場:行幸地下ギャラリー※東京駅側の行幸地下通路、ショーウィンドウ内の一部スペース
■主催:株式会社ネイキッド
■協力:NPO法人大丸有エリアマネジメント協会
■後援:千代田区


「TREE by NAKED(ツリーバイネイキッド)」とは



[画像2: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-724555-8.jpg ]

通算150万人を動員するクリエイティブカンパニーNAKED Inc.(ネイキッド)が、「食×アート」が融合する場をつくることで、「LIFEにクリエイティビティを」という新しいライフスタイルを提案するプロジェクト『TREE by NAKED(ツリーバイネイキッド)』。新しいモノや価値をつくり、表現しながら、様々なかたちで自分の創造性を発揮しながら生きるというアーティスト 村松亮太郎が提唱する「LIFEにクリエイティビティを」をコンセプトに、その場所にあわせたかたちの「食×アート」を各地に創造していきます。


【TREE by NAKEDプロジェクトサイト:http://naked-inc.com/project/treebynaked/


「TREE by NAKED marunouchi(ツリーバイネイキッド マルノウチ)」について


[画像3: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-910641-2.jpg ]

「行幸地下ギャラリー」で開催するアート展やイベントを、日常のなかの”食”の時間とともに楽しめる場を創るテイクアウトショップ。店舗では、アート展とともに楽しめる”片手で味わう”プレミアムなホットドッグを販売。素材の美味しさにこだわったソーセージ・パンに、ピクルスやソースなどのトッピングをカスタマイズすることができ、様々な種類のホットドッグを味わうことができます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-374368-4.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-856065-5.jpg ]



店舗名:TREE by NAKED marunouchi
住所:東京都千代田区丸の内二丁目4番1号 丸の内駐車場 TREE by NAKED marunouchi 
※行幸地下ギャラリー東京駅側隣接
営業時間:8:00-21:00(定休日なし)


アーティストプロフィール

<株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について>

[画像6: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-719815-0.jpg ]

1997年、村松亮太郎を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。メディアやジャンルを問わず、映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算140万人以上を動員している。
(公式サイト:www.naked-inc.com)

<総合演出:村松亮太郎について>

[画像7: https://prtimes.jp/i/8210/281/resize/d8210-281-153815-1.jpg ]

アーティスト。クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。大阪芸術大学客員教授。環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局のブランディングディレクター。TV/広告/MV/空間演出などジャンルを問わず活動。 長編/短編作品と合わせて国際映画祭で48ノミネート&受賞している。代表作として、東京駅3Dプロジェクションマッピング『TOKYO HIKARI VISION』、「東京国立博物館特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」『KARAKURI』」の演出、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』タイトルバック、『新江ノ島水族館ナイトアクアリウム』企画・演出など。2016年5月には、市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演”Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle'KABUKI LION’ ”の空間創造を手掛ける。近年では、東京タワーほか全国主要タワーにて夜景×マッピング『CITY LIGHT FANTASIA by NAKED』シリーズや、花の体感型イベント『FLOWERS by NAKED』、『SWEETS by NAKED』(表参道ヒルズ)、『TOKYO ART CITY by NAKED』(渋谷ヒカリエ)などを開催しており、これまでのイベント通算動員数は140万人を超える。アーティスト本&作品集「村松亮太郎のプロジェクションマッピング SCENES by NAKED」がKADOKAWAより発売。
(関連リンク)
【NAKED Inc.公式サイト:http://naked-inc.com
【村松亮太郎公式フェイスブックページ:https://www.facebook.com/MuramatsuRyotaro



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る