• トップ
  • リリース
  • ブルガリのジュエリーを纏ったセレブリティが第70回カンヌ国際映画祭レッドカーペットに登場

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ブルガリ ジャパン株式会社

ブルガリのジュエリーを纏ったセレブリティが第70回カンヌ国際映画祭レッドカーペットに登場

(PR TIMES) 2017年05月18日(木)15時16分配信 PR TIMES

2017年5月17日、ブルガリのジュエリーを纏ったセレブリティたちが、第70回カンヌ国際映画祭 オープニングセレモニーのレッドカーペットに登場しました。

ブルガリのジュエリーを纏い、カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったアルノー・デプレシャン監督、「イエスマエルの亡霊たち(Les Fantomes d'Ismaël)」のレッドカーペットに華を添えたのは、ブルガリのブランド・アンバサダーを務めるベラ・ハディッド、モデルであり女優でもあるエミリー・ラタコウスキーとハリウッド女優のユマ・サーマンです。
[画像: https://prtimes.jp/i/5631/278/resize/d5631-278-263890-0.jpg ]



ベラ・ハディッドのデコルテには、“Italian art de vivre〜イタリア式美しい日々”に溢れる歓びを称えたブルガリの 新作ハイジュエリーコレクション「Festa」より、180カラットのカボションカットのサファイアとダイヤモンドをあしらった最高峰のネックレスが輝きました。エミリー・ラタコウスキーはヘリテージとハイジュエリーコレクションのネックレスをレイヤードに重ね、「セルペンティ」と「ミューザ」のリングをあわせました。本年度、「ある視点(Un Certain Regard)」部門の審査員長を務めるユマ・サーマンは、「セルペンティ」のネックレス、ブレスレットとダイヤモンドのスタッズピアスを纏いました。

いつの時代も「映画」と「女優」と蜜月な関係を築いてきたローマン ハイジュエラー ブルガリが生み出すジュエリーは、レッドカーペットに舞い降りた彼女たちに、さらなる輝きをもたらしました。

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 http://jp.bulgari.com/ja-jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る