プレスリリース

  • 記事画像1

アサヒビール株式会社

『第12期 アサヒ若武者育成塾』最優秀賞受賞校決定

(PR TIMES) 2017年12月19日(火)15時01分配信 PR TIMES


全国46チームの論文応募の中から選抜された7校20名の高校生を対象に開講した、第12期となる『アサヒ若武者育成塾』の成果発表会および表彰式が、12月17日(日)にアサヒグループ本社ビル(東京都墨田区)において開催されました。
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/275/resize/d16166-275-330086-0.jpg ]


「アサヒ若武者育成塾」は、自ら地元地域の課題を考え、解決法を模索し、さまざまな関係者と連携して行動する、地域のリーダー(若武者)を育成することを目的として、毎年企画・開催しているものです。
高校生たちが「アサヒ若武者育成塾」で様々なことに“挑戦”することで成長し、地元地域の課題解決に向けて主体的に動き、課題の解決・改善が前進することを期待しています。また全国の仲間との切磋琢磨や、地元地域のステークホルダーの皆さんを巻き込んで活動をすることで、より良いアイデアや地元地域を動かす力が生まれること、志を持った地域のリーダーがたくさん生まれることを期待しています。
2006年に四国地区で第1期を開催し、第12期となる本年は、5〜6月にかけて全国の高校生を対象に食や環境に関する論文を募集し、7校20名の高校生を選抜、8月には広島県庄原市の「アサヒの森」を中心に合宿を開催しました。 参加各校の生徒は、研修合宿を通じ、地域の人々の課題解決へのアプローチについて学んだ上で、高校ごとに自分たちが生活する地域における課題を改善する活動プランを作成し、9〜12月にかけ地元地域で実践してきました。本発表会は、各校の生徒が地元地域での活動の成果を最後のまとめとして発表するものです。公益社団法人日本環境教育フォーラム理事長である川嶋直氏をはじめとする5名の審査員によって、「最優秀賞」「優秀賞」と5つの賞「オリジナリティ賞」「周りを巻き込む力賞」「地域ブランド貢献賞」「地域活力向上賞」「サステナビリティ賞」が以下の通り決定されました。

【審査結果】
最優秀賞 栃木県 県立 栃木農業高等学校
優秀賞 岐阜県 県立 恵那農業高等学校
オリジナリティ賞 山口県 県立 宇部高等学校
周りを巻き込む力賞 山梨県 県立 甲府第一高等学校
地域ブランド貢献賞 東京都 都立 大島高等学校
地域活力向上賞 熊本県 県立 牛深高等学校
サステナビリティ賞 島根県 県立 吉賀高等学校

●最優秀校コメント(栃木県立 栃木農業高等学校)

この活動を通じて色々な方とつながることができ、視野も広がった。このような賞を受賞できてうれしい。

●アサヒグループホールディングス執行役員福田のコメント
皆さんには、これからも様々な課題に向かう局面があると思いますが、テーマは違えども、今回の経験は課題を突破していく原動力になると思います。そうした時、すべては自分事。自分より始まる。自分はどうしたいのか。何をしたいのか、変えたいのか。常に問い続けていただきたいと思います。

また、今回のプログラムを通じて第12期メンバーの仲間をはじめ、様々なご縁を得たと思います。今後とも人とのつながりを大切にし、志をもって未来のために活躍してほしいと願っています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る