• トップ
  • リリース
  • Leicaトリプルカメラとハイブリッド5倍ズーム、“写真の常識を変える”スマートフォン『HUAWEI P30』5月24日より発売

プレスリリース

華為技術日本株式会社

Leicaトリプルカメラとハイブリッド5倍ズーム、“写真の常識を変える”スマートフォン『HUAWEI P30』5月24日より発売

(PR TIMES) 2019年05月21日(火)16時40分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-448831-0.jpg ]

華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、カメラ機能にこだわった「Pシリーズ」の最新機種となるハイエンドモデル『HUAWEI P30』を市場想定売価77,880円(税抜)にて5月24日(金)より発売します。

『HUAWEI P30』は、メインカメラにLeicaトリプルカメラを搭載。構成は約4000万画素の超高解像度メインカメラ、約1600万画素の超広角カメラ、そして約800万画素の光学3倍ズーム望遠カメラです。この3つのカメラとAIの組み合わせによって、どんな場面でも最適な撮影モードを自動設定し、まるで一眼レフで撮影したような芸術的なイメージを簡単に撮影することができます。チップセットはNPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)を2つ組み込んだ、スピードとパワーを兼ね備えた新世代SoC、HUAWEI Kirin 980を搭載し、さらなる高速処理を実現しています。またデザインも刷新し、見るたびに表情を変える鏡面仕上げのスリムボディに、空と海をイメージしたブリージングクリスタルと、幻想的なオーロラカラーの2色を展開。美しいグラデーションカラーをまとった背面ガラスには3D加工が施され、手に自然に馴染む滑らかな曲線を描いています。さらに、極限までノッチサイズを抑えた約6.1インチのFHD+のコントラスト豊かなOLEDディスプレイによって、見る人を引き込む没入感のあるコンテンツ体験が可能です。本モデルは男女問わず、機能的でありながらデザインにもこだわったプロダクトを好む方や、ソーシャルメディア向けの鮮やかで美麗な写真にこだわる流行に敏感な方にもマッチするハイエンドスマートフォンになっています。

『HUAWEI P30』 の主な特長
■さらに進化した、超高解像度Leicaトリプルカメラ


[画像2: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-818138-9.png ]

約4000万画素の広角メインカメラに加え、焦点距離17mmのダイナミックな超ワイドアングルも高精細マクロ撮影も可能にする約1600万画素の超広角カメラ、そして遠くの被写体でも手が届くかのように鮮明に捉える約800万画素の光学3倍ズーム望遠カメラを搭載し、スマートフォン撮影の可能性がさらに広がりました。さらにAIがどんな場面でも最適な撮影モードを自動で設定するため、まるで一眼レフで撮影したかのような芸術的なイメージを簡単に残すことができる、まさに“写真の常識を変える”スマートフォンカメラです。

■難しい暗所撮影も、より鮮明に

[画像3: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-427412-2.png ]

より大きくなったイメージセンサーは、光をさらに取り込み、うす暗い場所の撮影でも明るく鮮明なイメージを生み出します。また夜景モードでは、HUAWEI AI手振れ補正により、手持ち撮影でも長時間の露光が可能になり、難しい夜景の撮影でも三脚なしで驚くほど明るく美しくとらえることができます。さらに、HUAWEI AI手振れ補正は夜景だけでなく、日中の撮影でも活躍。シルキーウォーターモードを使用すれば、滝や川の流れる水面をシルクのように滑らかに切り撮ることができ、より幻想的な写真を撮影することも可能です。

■さらに進化したHDR撮影

[画像4: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-725787-3.png ]

AI HDR+技術はレンズに写るイメージ全体の露出を認識し、逆光下での撮影でも被写体が黒潰れや白とびすることなく、イメージ全体を調整します。どんな環境でも難しい設定なしで、被写体も背景も色鮮やかで明瞭度の高いイメージを創出します。


■AI搭載、約3200万画素のインカメラ

[画像5: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-181265-4.png ]

インカメラにもAI HDR+技術を採用しているため、人物も背景も美しく残すセルフィー撮影が可能です。またAIは、撮影シーンを識別してベストな撮影モードを自動で設定するだけでなく、顔を立体的に認識するため、顔の細部から陰影まで緻密に表現。高解像度との組み合わせによって髪の毛の質感までリアルに捉えます。インカメラでも、簡単に自然で健康的な、細微に至るまでクオリティの高いセルフィーが撮影できます。

■映像表現の可能性も広げるLeicaトリプルカメラとAI

[画像6: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-412559-5.png ]

Leicaトリプルカメラの超高感度イメージセンサーで、動画のクオリティも向上。うす暗い場所で動画撮影する際にも黒つぶれしません。また、明るく明瞭な動画撮影が可能なだけでなく、望遠レンズを使用したズーム撮影時も被写体を鮮明にとらえます。さらに今回、アウトカメラに配置された広角と望遠の2つのカメラそれぞれで別アングルの動画を同時に撮影する、新感覚のデュアルビュービデオ撮影※1を搭載しています。またAIのリアルタイム処理により、人物の色だけを残した映像をリアルタイムに撮影できるAIカラーやリアルタイムぼかしにも対応。楽しく簡単に、クオリティの高い動画を撮影することができます。
※1 発売後ソフトウエアアップデートにより対応。

■見るたびに表情を変える、美しいグラデーションカラー
グラデーションカラーをまとったスリムなボディには背面に3Dカーブ加工が施されており、持った瞬間手に馴染む曲面になっています。前面はノッチ部分を極限までスリム化したしずく型ノッチと、ディスプレイ上で認証できる高感度インスクリーン指紋認証を採用。表示面積を損なうことなく、高い画面占有率を実現しています。またディスプレイはOLEDで約6.1インチのFHD+を採用し、高精細でコントラスト豊かな映像を再生。スマートフォンでありながら引き込まれるようなコンテンツ体験を提供します。

■新たなスマートフォン体験と使い心地を支えるAI性能

[画像7: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-702622-6.png ]

2つのNPUを組み込んだ新世代SoC、HUAWEI Kirin 980を搭載。スピードとパワー兼ね備えたSoCは電力効率にも優れ、更なる高速処理で快適な使い心地を支えます。また、大容量 約3,650mAhのバッテリーはAIの機械学習による最適化で電池効率が高く、さらにバッテリー持続時間が向上しました。HUAWEI独自の22.5Wの超急速充電※2に対応し、わずかな時間で十分なバッテリー量の充電が可能です。
※2付属の充電器を使用時のみ

■快適な使用を支える機能が充実
HUAWEI Share 3.0を利用すれば、同じネットワーク上のパソコンと無線で手軽にファイルの共有が可能です。また、外部メモリーとしてmicroSDTMより45%小さいHUAWEI NMカード(ファーウェイ・ナノメモリーカード)を採用しています。さらに、海外旅行や出張でも便利なデュアル4G 、Dual VoLTEに対応し、2枚目のSIMカードを同時に挿入することが可能です。また、世界4億人のユーザーを保護するサイバーセキュリティ企業『カスペルスキー』のAndroid端末向けウイルス対策およびWebフィルタリング機能を搭載(90日間無料体験版)。大切なお子様やご家族をウイルスや有害コンテンツから守り、安心してお使いいただくことができます。

■ VIPサービス:画面破損サポート(90日)
ファーウェイ・ジャパンのVIPサービスとして、「P30」ご購入日から90日間以内に発生した画面破損におきましては、1回に限り、無償にて修理いたします。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波(Wu Bo)よりコメント:
[画像8: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-367068-7.jpg ]

「ファーウェイが掲げるお客様中心主義は、製品開発から販売、アフターサービスに至るまで様々な活動で実践されており、日本の皆様のニーズに深く根差した製品を幅広くお届けしています。こうした活動の中で多くの日本のお客様にファーウェイ製品をお選びいただき、SIMフリースマートフォンのメーカー別国内販売台数では2017年、2018年と、2年連続で1位になることができました※3。またグローバルにおいても、2019年1月〜3月のスマートフォン世界総出荷台数において2位となっています※4。今回お届けする『HUAWEI P30』は、さらに進化したLeicaトリプルカメラとAIの組み合わせで、息を飲むような美しく鮮明な写真をあらゆるシーンで、しかも誰にでも簡単に撮影することができるモデルです。このように、ユーザーが先進のテクノロジーを特に意識することなく、手軽に快適に、期待を超える製品体験を楽しめることが真のイノベーションであるとファーウェイは考えています。これからもファーウェイは、研究開発へ惜しみなく投資し、技術革新がもたらす新しいスマートフォン体験を日本の皆様に楽しんでいただけるよう努めてまいります。」
※3「BCN AWARD 2018」および「BCN AWARD 2019」において。BCNが集計する全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなど約2,600店舗のPOS実売データに基づき、上記各年1月1日から12月31日の期間における販売台数累計第1位のメーカーに与えられる「最優秀賞」を受賞。
※4 Source: IDC Press Release, Smartphone Shipments Experience Deeper Decline in Q1 2019 with a Clear Shakeup Among the Market Leaders, According to IDC, 2019年4月30日
[画像9: https://prtimes.jp/i/24671/271/resize/d24671-271-185036-8.png ]

*1 HUAWEI NMカード(ファーウェイ ナノメモリーカード)は、nanoSIMと同じ大きさのメモリーカードで、microSD™ カードとは異なります。HUAWEI NMカードは、同梱されておりません。
*2 Bluetooth機器の特性や仕様によっては、操作方法が異なったり、データのやりとりができない場合があります。
*3 nanoSIMスロットの一つは、HUAWEI NMカードと排他利用になります。

●画像はすべてイメージです。実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。●掲載製品の仕様・性能はよこくなしに変更する場合がありますので予めご了承ください。●HUAWEIロゴはHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD. の登録商標または商標です。●Androidは、Google LCCの登録商標です。●Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。●Bluetooth(R)とそのロゴマークは、 Bluetooth SIG, INCの登録商標です。● microSD™は、SDアソシエーションの商標です。●その他掲載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

■ 製品の詳しい情報
『HUAWEI P30』 製品ページ
https://consumer.huawei.com/jp/phones/p30/

『HUAWEI P30』取り扱い店
ファーウェイ 楽天市場店ほか、下記のMVNO、家電量販店、ECサイトなどで販売いたします。

MVNO(50音順):
■IIJmio (株式会社インターネットイニシアティブ)
■イオンモバイル(イオンリテール株式会社)
■エキサイトモバイル (エキサイト株式会社)
■QTmobile(株式会社QTnet)
■goo Simseller(NTTレゾナント株式会社)
■DMM mobile (合同会社DMM.com)
■NifMo (ニフティ株式会社)
■Fiimo(株式会社 STNet)
■mineo (株式会社オプテージ)
■LINEモバイル(LINEモバイル株式会社)
■LinksMate(株式会社LogicLinks)


家電量販店(50音順):
■株式会社エディオン (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■ケーズデンキ株式会社(一部店舗でのお取扱いになります)
■上新電機株式会社 (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ノジマ (WEBのみのお取扱いになります)
■株式会社ビックカメラ (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ヤマダ電機 (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ヨドバシカメラ


ECサイト(50音順):
■アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)
■株式会社NTTぷらら (ひかりTVショッピング)
■株式会社NTTレゾナント(NTT-X Store)
■株式会社企画室ゆう (Caravan Yu)
■株式会社シスキー (e-TREND)
■株式会社ムラウチドットコム
■楽天株式会社(Rakuten, Inc.) (楽天ブックス)
■株式会社 マイナビ(マイナビストア)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る