• トップ
  • リリース
  • 税率改定時に役立つ機能を搭載したカラフル電卓2機種を発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

税率改定時に役立つ機能を搭載したカラフル電卓2機種を発売

(PR TIMES) 2017年07月06日(木)14時27分配信 PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノン MJ) は、税率改定時に便利な機能を搭載したカラフル電卓2 機種を7 月14 日に発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13943/270/resize/d13943-270-817445-1.jpg ]

○キヤノン電卓ホームページ:http://cweb.canon.jp/calc/index.html

“LS-105WUC” と“KS-125WUC” は、キヤノン カラーバリエーション電卓シリーズの新製品です。税込と税抜の計算キーを独立して搭載しているため、ワンタッチで税率計算をすることができます。また、異なる税率に対応するため、税込と税抜の計算キーは2組搭載しており、8% と10% など2 種類の税率計算が可能です。今後の税率改定や導入が検討されている軽減税率適用などの際に、税率を切り換えずにスムーズに税率計算を行うことができます。さらに、税率の設定方法が本体裏面に記載されており、取扱説明書を見なくてもその場で簡単に設定を変更できます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/13943/270/resize/d13943-270-774007-2.jpg ]


“LS-105WUC” は、ホワイト地に個性的な6 色のカラーを採用した10 桁表示モデルです。従来モデル「LS-103TUC」(2011 年12 月発売)で好評だった、グリーン、ピンク、ブルーのビビットなカラーに加え、シックなネイビー、チャコール、アイボリーの3 色を新たにラインアップし、ホワイトとのツートンカラーで清潔感あるカラーリングに仕上げています。“KS-125WUC” は、スタイリッシュな5 色のカラーバリエーションを採用した12 桁表示モデルで、ファントムブラック、インディゴブルー、プラチナシルバー、シャンパンゴールド、パールピンクの落ち着いたカラーをス プレーコーティングしました。ユーザーが好みに合わせた一色を選べるラインアップになってい ます。

また、“LS-105WUC” と“KS-125WUC” は、異なるキーの配列、フォントを採用しているほか、キータッチにも違いを持たせており、自分の好みに合った一台を選ぶことができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/13943/270/resize/d13943-270-956680-0.jpg ]

<主な特徴>
・今後の税率改定に対応した、2 種類の税率計算対応モデル。
・幅広いユーザーに適した、多彩なカラーバリエーション。
・自分好みの電卓を選べる、こだわりの調整。
・桁数の大きな数字の認識や入力に便利な「千万単位」表示キー搭載。
・会社や店頭の備品など、複数の人が共有して使用するシーンでも快適な抗菌仕様。


<電卓の国内市場動向>
電卓の国内市場は、2017 年のメーカー出荷台数ベースで年間約520 万台、金額ベースで約52 億円と予測しています。(キヤノン MJ 調べ)


<主な製品仕様>
[表: https://prtimes.jp/data/corp/13943/table/270_1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る