• トップ
  • リリース
  • 「第49回愛の泉」ソニーグループのチャリティ・プログラム WWFジャパンへ寄付金 合計1,796,428円を贈呈

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ソニー企業株式会社

「第49回愛の泉」ソニーグループのチャリティ・プログラム WWFジャパンへ寄付金 合計1,796,428円を贈呈

(PR TIMES) 2017年03月13日(月)14時43分配信 PR TIMES

-「スマトラ島森林保全プロジェクト」と「地球温暖化対策プロジェクト」を支援-

URL:http://www.sonybuilding.jp/csr/ainoizumi/
東京・銀座 ソニービルでは、2016年12月1日(木)〜2017年1月9日(月・祝)の期間、ソニーグループ22社2財団の共催でチャリティ募金イベント「第49回愛の泉」を開催し、2017年3月8日(水)に募金贈呈式を行いました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-291869-0.jpg ]


愛の泉は、1968年から毎年続けているチャリティ活動で、49回目を迎える今回の募金贈呈額は、合計1,796,428円となりました。

 皆様よりお寄せ頂きました募金は、前回に引き続き、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が行っている「スマトラ島森林保全プロジェクト」と「地球温暖化対策プロジェクト」の支援として、インドネシア スマトラ島の植林活動や野生生物の生息調査、エレファント・パトロール活動、コミュニティ活動、違法行為の防止パトロール、また国際的な温暖化防止活動などの支援を目的として活用される予定です。
WWFジャパンへの募金は、「第48回愛の泉」と合わせて累計3,712,692円になりました。

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 事務局長 筒井 隆司氏のコメント :
本年もご協力いただきありがとうございました。まさに「愛の泉」の名の通り、皆さまからの愛が湧き出てくるようなこの取り組みを、グローバル企業であるソニーのご協力をいただいて実施できたことを、大変嬉しく思います。
先日ブータンを訪れて首相とお話しした際、アメリカが20兆円の費用を使ってアポロ計画を実施しましたが、そのお金をいま再生エネルギーに使えたらどうなのだろうかと考えておられました。自国で100%クリーンエネルギーを生産されているお話しを伺い、日本でももっと力を入れていければと感じました。またソニーは、環境ビジョン「Road to Zero」を宣言しており、グローバル企業としての取り組みを推進していただけることを嬉しく思います。
企業の力でお力添えいただき、多くの皆様よりお預かりしたお金を大切に使って、よりよい環境保護活動の支援に役立てていければと思います。

【WWF ジャパン】
WWFは、100カ国以上で活動している地球環境保全団体です。1961年にスイスで設立されました。地球上の生物多様性の保全と、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷の軽減を柱として活動しています。現在、特に力を注いでいるのは、森や海などの生態系を保全すること、木材や魚介類など、自然資源の利用を持続可能なものにすること、地球温暖化を防ぐこと。WWFのサポーターになることは、今すぐ、誰もが始められる環境保全です。人と自然が調和して生きられる未来を築くために、ぜひあなたの力を貸してください。
https://www.wwf.or.jp/

【スマトラ島森林保全プロジェクト】

[画像2: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-927664-1.jpg ]

世界有数の生物多様性を有するインドネシア・スマトラ島の熱帯林を保全するため、南部のブキ・バリサン・セラタン国立公園、中部のテッソ・ニロ国立公園、およびこれらの周辺地域をフィールドとして、森林再生、野生動物の生息調査、エレファント・パトロール、コミュニティの自立支援などの活動を実施しています。
https://www.sony.co.jp/sumatra/

【地球温暖化対策プロジェクト】
地球温暖化対策プロジェクトでは、気候変動を引き起こす二酸化炭素などの排出を抑え、地球の平均気温の上昇を産業革命以前のレベルに比べて1.5℃未満に抑えることを目指して、国内外で活動しています。国際的な活動としては、2016年11月7日から2週間にわたり開催された国連気候変動マラケシュ会議にWWFジャパンの職員が参加しました。2015年12月のCOP21で採択されたパリ協定の運用・実施に向けて議論を重ねていく重要な国際会議であり、WWFは各国政府代表団へ積極的な働きかけを行いました。またこうした会議における重要論点をテーマに、メディア向け勉強会「スクール・パリ協定2016」を年6回開催するなどして、地球温暖化防止の取り組みを促す活動を展開しています。

「第49回愛の泉」はEARTH HOUR 2017に協賛しています

[画像3: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-209912-2.jpg ]

「第49回愛の泉」ソニーグループのチャリティ・プログラムはEARTH HOUR 2017に協賛しています。
『アースアワー』は、 青い地球の命のバトンを未来へ繋ぐために 世界規模で開催されるソーシャルグッドプロジェクトです。世界中の人びとが、 「美しい地球を残したい!」、「地球の環境を守りたい!」 という想いを胸に、同じ日・同じ時間帯に 電気を消して消灯のバトンを繋ぐプロジェクトです。
詳細はこちら http://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/

■EARTH HOUR 2017 SNS企画 「#旅する60パンダ」に参加して地球温暖化について考えよう
EARTH HOURロゴの「60+」にちなんだ60体のパンダのぬいぐるみがEARTH HOURの親善大使として旅立ちます。 あなたがパンダと一緒に撮った写真とメッセージをSNSに掲載して、日本中、そして世界へと、地球環境を想う人々の輪を広げてみませんか。

6F デジタル地球儀「触れる地球」コーナーに、パンダのぬいぐるみを設置いたしました。地球温暖化について、普段の暮らしで「あなたができること」を書いていただいた用紙とともに、写真を撮ってSNS(Facebook/twitter/Instagramなど)に投稿しましょう。
[画像4: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-936711-3.jpg ]


詳細はこちら http://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour/60panda.html

期間:2月18日(土)〜3月25日(土)
時間:11:00〜19:00
場所:ソニービル6F 6Cフロア

ソニービルは、2017年3月1日(水)〜3月25日(土)は、アースカラーのブルーに点灯いたします。
2017年3月25日(土)の20:30〜21:30まで、外壁の照明(ネオンサインなど)を消灯いたします。

<「第49回愛の泉」の活動>

[画像5: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-243068-5.jpg ]

今回の「愛の泉」は、インターネットを通じたプロジェクト支援を行う“クラウドファンディング”を実施し、ご支援いただいた金額に応じて「スマトラ島森林保全プロジェクト」のオリジナルグッズや、WWF の動物をモチーフとしたグッズ、Sony Building 50th Anniversary ロゴ入りグッズ3 点セットなどをリターンとしてご用意し、募金を募りました。

1F「エントランスホール」には、多種多様な生命を育む森林の集合体であるスマトラ島を表現した「SUMATRA -TREE OF LIFE-」と題した募金箱を設置。募金をすると、スマトラを代表する動物達(スマトラゾウ、スマトラサイ、スマトラトラ)が85 インチモニター内で動く演出が楽しめる仕組みとなっていました。
[画像6: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-267807-4.jpg ]


また、WWFジャパンのスマトラ島気候変動プロジェクトと森林保全プロジェクトの担当によるトークイベントや、チャリティ写真撮影会では、WWFジャパンのキャラクター“コパンダ”や、ソニーグループのPostPet(*1)生モモファミリーの“モモ妹”や人気絵本キャラクター “リサとガスパール“が来て、チャリティイベントを行いました。

期間中には、ソニービルの館内店舗やソニーグループ共催各社に募金箱を設置し、多くのお客様に「愛の泉」の募金活動にご協力いただきました。
*1 「PostPet」はソネット株式会社の登録商標です。

<参考>「第49回愛の泉」 開催概要

[画像7: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-834235-6.jpg ]

・日時 : 2016年12月1日(木)〜2017年1月9日(月・祝)  ※2017年1月1日(日)除く
11:00〜23:00
・場所 : 東京・銀座 ソニービル 東京都中央区銀座5-3-1  TEL 03-3573-2371(代)
・主催 : ソニー企業株式会社(ソニービル)
・共催 : ソニーグループ22社2財団
・協力 : ソニービル13店舗ソニーグループ6店舗2社他
※「愛の泉」は、“泉にコインを入れると幸運をつかむ”というイタリア・ローマ「トレビの泉」をヒントに、屋外イベントスペース 「ソニースクエア」に設置する泉へ寄付金を入れてもらう募金スタイルで、1968年から毎年続けているチャリティ活動です。

募金活動は継続中
チャリティイベント期間は終了いたしましたが、「愛の泉」募金活動は継続して行っています。
募金へのご参加は、ソニービル1Fエントランスホール募金箱、インフォメーションで募金付き商品の販売、銀行振込み、Facebookシェア募金などの方法をご用意しており、募金の支援貢献量をHPで公開しております。3月31日(金)まで引き続き、ご協力をお願いいたします。
詳細はこちら http://www.sonybuilding.jp/csr/ainoizumi/charity.html

★ソニービル 1F インフォメーションにて「スマトラ島森林保全プロジェクト」と、WWFオリジナルグッズの募金付き商品を販売しております。
[画像8: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-968770-8.jpg ]

・オリジナルピンバッチ 500円以上
・オリジナルエコバック 1,000円以上
・オリジナル子ゾウ“トミィ”ぬいぐるみ 3,000円以上
・WWFミニタオル:800円以上

販売期間:〜2017年3月31日(金)
[画像9: https://prtimes.jp/i/353/268/resize/d353-268-183543-7.jpg ]

販売時間:11:00〜19:00
販売場所:ソニービル 1F インフォメーションカウンター
※制作費を除いた全額を「愛の泉」に募金いたします。
※お釣り銭のご用意はございません。
※商品が無くなり次第、終了いたします。

【ソニーの社会貢献活動について】
ソニーグループはCSR活動の一環として「For the Next Generation」の精神のもと、子どもたちへの科学教育、環境保全や国際協力、緊急災害時の支援活動などグローバル課題の解決に向けたコミュニティ活動に取り組んでいます。 http://www.sony.co.jp/csr/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る