• トップ
  • リリース
  • 血管、目、脳、心臓……糖尿病の合併症の脅威は全身のいたる所に襲い掛かる!本当に怖い『糖尿病患者が知らない合併症の脅威』

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社 幻冬舎

血管、目、脳、心臓……糖尿病の合併症の脅威は全身のいたる所に襲い掛かる!本当に怖い『糖尿病患者が知らない合併症の脅威』

(PR TIMES) 2017年04月12日(水)12時37分配信 PR TIMES

『糖尿病患者が知らない合併症の脅威』を、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(代表取締役社長:久保田貴幸、本社:東京都渋谷区)より発売いたしました。悪化する前に知っておきたい、糖尿病がもたらす脅威の数々を紹介。
[画像: https://prtimes.jp/i/7254/266/resize/d7254-266-438295-0.jpg ]



糖尿病になると全身のいたるところに「合併症」が発症する──これこそが、糖尿病の最も恐ろしいところであることは、医師の間では共通の認識です。ところが当事者である患者やその予備軍の人たちに、合併症の恐ろしさはそれほど伝わっていないようです。

そこで本書では、糖尿病がいかに恐ろしい病気であるかを正しく理解してもらうために、起こり得るさまざまな合併症を紹介します。そのうえで糖尿病とはどんな病気か、なぜ糖尿病によって全身が病気に冒されるのかといったメカニズムを解き明かし、悪化を防ぐ方法を併せて詳しく解説しています。


【目次】
第一章:「まだ大丈夫」「今日ぐらい食事制限しなくてもいいか」…….。ちょっとした心の緩みから悪化していく「糖尿病」
第二章:糖尿病は「血管病」ボロボロの血管があらゆる合併症を引き起こす
第三章:【目】かすみ目、視力低下にとどまらない。最悪のケースは失明も
第四章:【腎臓】自覚症状がないまま悪化の一途を辿り、やがて人工透析に至る
第五章:【神経】痛み、しびれ、ほてり……最終的には何も感じなくなる感覚麻痺に など

【著者プロフィール】
山下英俊(やました・ひでとし)
日本医科大学卒業後、日本医科大学付属病院集中治療室助教、日本医科大学付属病院内科学講座助教、公益社団法人東京都教職員互助会三楽病院内科、日本私立学校振興・共済事業団東京臨海病院糖尿病内科を経て、2012年に東京都江戸川区西葛西に山下内科/糖尿病クリニックを開設。院長就任。現在、月に約700人の糖尿病治療にあたる。日本糖尿病学会、日本内科学会、日本高血圧学会、日本動脈硬化学会に所属。日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本内科学会認定内科医

【書誌情報】
タイトル:『糖尿病患者が知らない合併症の脅威』
定価:800円(税抜き)
発売日:2017.04.12
判型:新書・並製/188ページ
ISBN:978-4344912168
発行:幻冬舎メディアコンサルティング
発売:幻冬舎

Amazon:http://amzn.asia/cS3Tjd3

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る