• トップ
  • リリース
  • モザンビーク共和国マプト市で石油・天然ガス分野におけるワークショップを実施

プレスリリース

  • 記事画像1

モザンビーク共和国マプト市で石油・天然ガス分野におけるワークショップを実施

(PR TIMES) 2017年04月24日(月)16時09分配信 PR TIMES

〜モザンビークの人材育成に貢献〜

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:黒木啓介)は、平成29年4月17日(月)から21日(金)の5日間、モザンビーク共和国首都マプト市で「JOGMEC-Mitsui & Co., Ltd. Workshop of Oil and Natural Gas Sector for MIREME/INP/ENH」を実施しました。
 JOGMECは、モザンビークの石油・天然ガス分野での人材育成に係る協力として、海外石油技術者研修および特別研修事業(モザンビークLNG技術に係る実践的講義)を本邦で実施しています。今回開催したワークショップは、平成28年8月にTICAD VIにてモザンビーク国家石油院(Instituto Nacional de Petróleo(INP))、モザンビーク国営石油会社(Empresa Nacional de Hidrocarbonetos, E.P.(ENH))および三井物産株式会社の4者間で締結したMOUに基づくもので、JOGMECとしてモザンビークで開催した初の石油・天然ガス分野における人材育成に関する事業です。

 本ワークショップでは、石油・天然ガスの探鉱・開発技術等に加え、LNG事業に関するマーケティング、法務、ファイナンス等に関する基礎的な講義、日本式マネジメント“KAIZEN”コース講義を行い、鉱物資源エネルギー省(Ministry of Mineral Resources and Energy(MIREME))、INP、ENHから合計31名の参加がありました。初日の開催式には、在モザンビーク日本大使館関係者のほか、MIREMEからEugenio Simbine計画局長、INPからCarlos Zacarias総裁、ENHからOmar Mitha総裁が出席しました。

 本ワークショップの実施により、モザンビーク政府関係者の石油・天然ガス分野における探鉱・開発事業、LNG事業等に関する基礎的知識についての理解を深め、同国の人材育成に貢献するとともに、同国との関係をさらに強化する機会となりました。

■ワークショップ概要
[表: https://prtimes.jp/data/corp/12624/table/259_1.jpg ]



[画像: https://prtimes.jp/i/12624/259/resize/d12624-259-904815-0.jpg ]


→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000260.html?mid=pr_170424

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る