プレスリリース

一般信用「無期限」の金利・貸株料を大幅引き下げ

(PR TIMES) 2019年05月13日(月)18時40分配信 PR TIMES

‐業界最低水準の2.80%(買方金利)、1.10%(貸株料)に‐

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2019年6月3日(月)約定分※1より、信用取引サービスの一般信用取引「無期限」における買方金利および貸株料を、それぞれ業界最低水準※2の2.80%(買方金利・年率)、1.10%(貸株料・年率)に引き下げることをお知らせします。
楽天証券では、個人投資家の方にあらゆる投資戦略にあわせてお取引いただくため、4つの信用取引サービス(制度信用取引、一般信用取引「無期限」、「短期売建」、「いちにち信用」)を提供しています。一般信用取引は、証券金融会社を利用せず株式を調達するので、逆日歩がかからず、コストをおさえてお取引することが可能です。特に一般信用取引「無期限」は、返済期限を気にすることなく長期的にお取引いただけるほか、IPO銘柄を上場初日から買建できるため、投資機会を逃さずお取引いただくことが可能です。

このたび、一般信用取引「無期限」の買方金利・貸株料を業界最低水準に引き下げることで、今まで以上にコストをおさえてお取引いただけるようになります。

楽天証券では、今後もお客様のニーズにあわせた商品・サービスを提供することで、更なる顧客基盤の拡大を図ってまいります。

■楽天証券の一般信用取引「無期限」コスト 新旧比較表(年率)

[表: https://prtimes.jp/data/corp/11088/table/258_1.jpg ]



※1:保有中の建玉は、2019年6月6日持ち越し分より対象。
※2:主要ネット証券(口座数上位5社:SBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較。(2019年5月13日現在、楽天証券調べ)。
※3:楽天証券の金融商品仲介業者(以下「IFA」)とご契約のお客様は買方金利が異なります。詳細はIFA担当者へご確認ください。

■取引コスト他社比較表(年率)
[画像1: https://prtimes.jp/i/11088/258/resize/d11088-258-285461-4.png ]


※4:月次新規建5億円以上などの条件あり。
※5:前1ヵ月の新規建30億円以上などの条件あり。
※6:2019年9月28日受渡分からは、年率2.00%。
その他、詳細は楽天証券および各社のホームページにてご確認ください。


■楽天証券の信用取引比較表
[画像2: https://prtimes.jp/i/11088/258/resize/d11088-258-652532-5.png ]


※7:最終返済日は、6ヵ月目応当日の前営業日です。
※8:IFA取扱口座のお客様を除きます。

以上


【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る