• トップ
  • リリース
  • 加湿器×サーキュレーター 部屋中むらなく素早く加湿!「サーキュレーター加湿器」新発売

プレスリリース

アイリスオーヤマ株式会社

加湿器×サーキュレーター 部屋中むらなく素早く加湿!「サーキュレーター加湿器」新発売

(PR TIMES) 2019年09月10日(火)17時40分配信 PR TIMES

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、加湿器とサーキュレーターの一体化により効率的に部屋全体を加湿できる「サーキュレーター加湿器」を2019年9月12日より新発売します。全国の家電量販店、ホームセンターを中心に販売し、初年度4万台の出荷を目指します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-101315-13.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-278482-17.png ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-597956-16.png ]


 近年、風邪予防や乾燥対策のため、冬場は日常的に加湿器を使用する家庭が増えています。一方で加湿蒸気を清潔に保つとともに、部屋全体を効率良く加湿でき、手入れが容易な加湿器へのニーズが高まっています。
今回発売する「サーキュレーター加湿器」は、加湿器とサーキュレーターの一体化により、超音波ハイブリット式(※1)の加湿方式で発生させた蒸気をサーキュレーターの風で効率よく室内に循環させられます。また、ヒーターで水を加熱するので、通常の水に比べ清潔な蒸気で部屋全体を加湿できます。さらに、加湿プール内に抗菌銀カートリッジ(※2)を搭載することで水中の雑菌の繁殖を抑え、清潔に保てます。サーキュレーター単独で使用もできるため、夏や梅雨の時期など加湿不要な時期も含め一年中使用できます。
 また、手入れの手間を軽減するため、本体構造を見直し、排水の際に製品本体を持ち上げることなく、排水専用パーツを取り外して簡単に排水できます。また、おやすみモードの搭載により、操作パネルの輝度を抑えることで、まぶしさを軽減でき、睡眠時も快適に使用できます。
 今後も当社は、ユーザーインの発想で商品開発を行うことにより、日常の不満を解決し、快適な生活の実現に貢献していきます。


■商品特長
1.加湿器× サーキュレーターで効率よく部屋を快適加湿
2.排水専用パーツ搭載でお手入れをカンタンに
3超音波ハイブリット式(※1)と抗菌銀カート リッジ(※2)で衛生的

1.加湿器×サーキュレーターで効率よく部屋全体を快適加湿
 加湿器とサーキュレーターを一体化することで室内上下の湿度のムラを軽減します。サーキュレーターのスパイラル気流と首振り機能で部屋の隅々まで蒸気を届けるとともに、加湿器と離れた場所での湿度の維持を効率よく行えます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-666769-18.png ]

▲従来品の加湿イメージ

[画像5: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-446538-19.png ]

▲新製品の加湿イメージ

2. 排水専用パーツ搭載でお手入れをカンタンに
 手入れの手間を軽減するため、本体構造を見直し、排水の際に製品本体を持ち上げることなく、排水専用パーツを取り外して簡単に排水できます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-954557-21.png ]

▲従来の排水

[画像7: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-826375-22.png ]

▲排水カップから排水


3. 超音波ハイブリット式(※1)と抗菌銀カートリッジ(※2)で衛生的
 超音波ハイブリット式(※1)の加湿方式を採用し、水タンクからの水をヒーターで加熱することにより、通常の水に比べて清潔な蒸気で部屋全体を加湿できます。加湿プール内に抗菌銀カートリッジ(※2)を搭載することで水中の雑菌の繁殖を抑え、清潔に保ちます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-285644-20.png ]



【その他の特長】
・静音モードとパネルの輝度を抑えるおやすみモードを搭載しているため、睡眠時も快適に使用できます。
・切タイマー機能を搭載しているため、外出中や就寝中などでも切り忘れを気にせず部屋を加湿できます。
・サーキュレーター単独でも使用できるため、一年中活用できます。
・温湿度センサーにより、運転モードに合わせて湿度を自動調節します。
[画像9: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-648742-24.png ]



【開発担当のこだわりポイント】
 冬場になると加湿器を使用している女性社員が多く、大きな加湿器の水を捨てるのにとても大変そうな場面をよく見かけていました。また、加湿と言っても機器周辺のみ加湿され部屋全体に効果がないのも気になっていました。「お手入れのしやすさ」「隅々まで加湿できる」をキーワードに製品の細部まで工夫し設計しました。
[画像10: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-203975-9.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-878205-10.jpg ]



[画像12: https://prtimes.jp/i/19955/257/resize/d19955-257-246061-23.png ]

※1 ヒーターで加熱した温水を超音波振動により霧状にして放出する方式。
※2 銀を含むガラスブロックを内蔵。ガラスブロックが溶けることでAg+を発生させ、水中の細菌の増殖を軽減。
※3 最大加湿量で連続加湿した場合



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る