• トップ
  • リリース
  • 「レスベラトロール(サンタベリー由来)」の加齢による肌質低下の抑制効果が明らかに!

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社 わかさ生活

「レスベラトロール(サンタベリー由来)」の加齢による肌質低下の抑制効果が明らかに!

(PR TIMES) 2016年09月05日(月)18時30分配信 PR TIMES

〜わかさ生活と北海道薬科大学との産学共同研究による学会発表実施〜

株式会社わかさ生活は、ポリフェノールの一種で美容に役立つ成分「レスベラトロール(サンタベリー由来)」の機能性について研究を続け、この度、北海道薬科大学との産学共同研究『ビタミンC合成不全マウスを用いたサンタベリーの内臓及び皮膚に対する機能障害の予防効果』を、2016年9月4日(日) 第5回エビデンスに基づく統合医療 (eBIM) 研究会(大阪市)にて発表いたしました。
[画像: http://prtimes.jp/i/3821/256/resize/d3821-256-826054-1.jpg ]

株式会社わかさ生活(本社:京都市下京区)は、北欧に自生する赤色の果実でポリフェノールの一種である「レスベラトロール」を多く含む北欧産野生種サンタベリー(英名:リンゴンベリー)の機能性について研究を続けてまいりました。
この度、わかさ生活と北海道薬科大学 若命 浩二准教授との共同研究『ビタミンC合成不全マウスを用いたサンタベリーの内臓及び皮膚に対する機能障害の予防効果』を、2016年9月4日(日)第5回エビデンスに基づく統合医療 (eBIM) 研究会(大阪市)にて発表いたしました。
当研究の結果、ビタミンC合成不全によるマウスの皮膚老化現象に対して、サンタベリーエキスの摂取により皮膚組織の厚みの減少が抑えられました。さらにコラーゲンの分解を防ぎ、糖化(肌の弾力の素になるタンパク質と糖が結合し、弾力を失う原因)を抑えることが明らかとなりました。
このことから、サンタベリーを摂取することによるアンチエイジング効果の研究の足掛かりになることが期待されます。
この研究成果をより多くの方の健康にお役立ていただけるように、今後もさらなる品質追求・研究開発に繋げ、安心かつ安全で高品質な商品をお届けしていきます。

【研究背景・内容】
肌の健康を保ち若々しくいることは、女性が求め続けてきた永遠のテーマです。
肌の健康を保つためにはバランスの良い食事や規則正しい生活を送ることが不可欠であります。
また、多くの栄養素の中でビタミンCを摂取することが肌の健康を保つために不可欠であることも過去の多くの研究より明らかにされてきました。
ビタミンC合成不全マウスは、ビタミンC不足により活性酸素の除去能力やコラーゲン合成能力が弱まり、生体機能が正常に機能しなくなる老化モデルマウスとして研究されています。
そこで私たちは、トランス・レスベラトロールを豊富に含むサンタベリーエキスをこのマウスに摂取することにより、特に皮膚の老化に着目して研究を開始しました。

【研究実績(結論)】
本研究の結果、ビタミンC合成不全により引き起こされる皮膚老化現象などに対して、サンタベリーエキスの摂取によりマウスの皮膚組織の厚みの減少が抑えられました。さらにコラーゲンの分解を防ぎ、糖化(肌の弾力の素になるタンパク質と糖が結合し、弾力を失う原因)を抑えることが明らかとなりました。
このことから、サンタベリーエキスを摂取することによるアンチエイジング効果の研究の足掛かりになることが期待されます。
※研究方法と結果については下記URLを参照。
(URL: http://kenkyu.wakasa.jp/information/detail.php?id=2904

今回行った研究が50年、100年後まで人々の健康に役立ってくれることを願っております。

<わかさ生活の研究に関するサイト>
◆わかさ生活研究所
当社の過去の研究成果をまとめて掲載しております。
http://kenkyu.wakasa.jp/

◆わかさ生活 企業ホームページ
http://company.wakasa.jp/

◆わかさの秘密 「サンタベリー」
サンタベリーの成分情報をわかりやすく詳細に参照いただけます。
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/santa-berry

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る