• トップ
  • リリース
  • 「第5回J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」熱い戦いに幕!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ジュピターテレコム

「第5回J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」熱い戦いに幕!

(PR TIMES) 2016年09月28日(水)15時19分配信 PR TIMES

全国大会の模様を「囲碁・将棋チャンネル」と「J:COMテレビ」で11月に放送、今年は地区大会の模様も「J:COMオンデマンド」で無料配信

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)と株式会社 囲碁将棋チャンネル(東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 光正)は、公益社団法人日本将棋連盟(東京都渋谷区、会長:谷川 浩司)との共催で、大人気ベストセラー・コミック「3月のライオン」(白泉社刊)とコラボレーションした将棋大会「第5回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」の全国大会を、9月24日(土)、東京将棋会館(東京都渋谷区)で開催しました。
[画像: http://prtimes.jp/i/7676/250/resize/d7676-250-967337-0.jpg ]

★特設WEBサイトはこちら
http://www2.myjcom.jp/special/user/event/kids-shogi/2016.shtml

「第5回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」は、2016年6月〜8月にかけて全国7会場で地区大会を開催。1,350名の募集に対して1,948名(過去最多)の応募があるなど、参加希望者は年々増えており、大会への注目度の高さがうかがえました。昨年の全国大会上位進出者が地区大会で敗れるなど、各会場でレベルの高い白熱した対局が繰り広げられ、各会場の成績優秀者15名が東京将棋会館で行われた全国大会に出場。今まで中学生が中心だった成績優秀者ですが、今年は半数以上が小学生という異例のトーナメント戦の結果、埼玉大会代表の伊藤誠悟くん(中学2年生・千葉県)が優勝しました。

決勝後、表彰式が行われ、審判長を務めた日本将棋連盟会長の谷川浩司九段から優勝者と準優勝者に表彰状が授与されました。谷川会長は「『3月のライオン』 の影響もあり、今年の大会は大変盛り上がりましたが、来年以降、より一層参加者が増えることを願っております。出場した皆さんには、今回の経験を成長の糧にして欲しいと思っております」と大会を締めくくりました。また、今大会限定の優勝特典として、来春公開の劇場実写版映画『3月のライオン』の中で、伊藤くん本人の駒音が使用される権利が贈呈されました。優勝した伊藤くんは「盤面だけに集中することを意識し、細い攻めをつなぐ自分らしい将棋ができました。優勝できて素直に嬉しい。来年も出場したいです」と喜びを語っていました。惜しくも準優勝となった横浜大会代表の宮越雅大くん(中学3年生・神奈川県)は「序盤に思うように攻めるきっかけが作れませんでした。もっと勉強して強くなっていきたい」と悔しさをにじませながらも、今後の意気込みを語っていました。

全国大会の模様は、「囲碁・将棋チャンネル」で11月12日(土)、J:COMのコミュニティチャンネル「J:COMテレビ」では11月19日(土)に特別番組として放送。さらに、各地域の「J:COMチャンネル」で放送された地区大会7会場の模様を、10月15日より「J:COMオンデマンド」で順次、無料で配信*いたします。これまで地区大会が開催されたエリアでしか見ることができなかった熱い戦いを、この機会に是非お楽しみください。
*東京・大阪・横浜・埼玉は10月15日より、仙台・札幌・福岡は11月15日より配信いたします。

今秋より、本大会名にもなっている大人気ベストセラー・コミック「3月のライオン」のテレビアニメが10月8日よりNHK総合テレビで放送開始、さらに2017年、全国東宝系にて、【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土) 2部作連続で神木隆之介主演の実写版映画が劇場公開されるなど、ますます盛り上がりをみせる将棋界。J:COMは、これからも大会の開催や放送を通じて、子ども棋士を応援してまいります。

「第5回 J:COM杯 3月のライオン子ども将棋大会」全国大会 特別番組放送予定

●囲碁・将棋チャンネル J:COM TV 700ch
2016年11月12日(土)20:00〜21:36

●J:COMテレビ
2016年11月19日(土)18:00〜19:45
札幌・仙台・関東エリア「地上デジタル10ch」
関西・福岡・北九州エリア「地デジタル12ch」
下関エリア「地デジタル111ch」
熊本エリア「地上デジタル11ch」
※J:COM対応建物にお住いならどなたも無料視聴可能
※視聴可能世帯数:約1360万世帯(2016年7月末時点)
※囲碁・将棋チャンネルで放送する番組と同内容です(96分番組)

なお、地区大会の模様は、引き続き「J:COMチャンネル」でエリアごとに放送を予定しています。

「3月のライオン」関連情報は、こちらをご覧ください
http://prtimes.jp/a/?f=d7676-20160928-9648.pdf



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る