プレスリリース

  • 記事画像1

アサヒビール株式会社

アンリフェッシ社の「ボージョレ・ヌーヴォ2017年」発売

(PR TIMES) 2017年07月04日(火)15時29分配信 PR TIMES

2017年は“人気の高まるプレミアムレンジ”の拡充と、 “アルデッシュ地方のシャルドネを使った新酒”を提案!


アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、2017年産のフランスの新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォ」を11月16日(木)より全国で新発売します。アンリ・フェッシ社のヌーヴォ14アイテムを取り扱います。
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/247/resize/d16166-247-427605-0.jpg ]

アンリ・フェッシ社は、1888年の創業以来、120年以上ボージョレ地方に根差し、中でも特に優れたクリュ・デュ・ボージョレに認定される10の村の内9つに自社畑を所有しており、クリュ・デュ・ボージョレのスペシャリストとして知られています。2015年・2016年の2年連続でボージョレ・ヌーヴォのコンクール「トロフィー・リオン」で最高金賞・金賞を受賞するなどさらに評価が高まっています。お客様の嗜好の多様化に合わせた幅広いラインアップに加え、本年は3アイテムを新たに発売します。
■本年の新アイテム

・『オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ 2017』

数量限定の“スーパープレミアム”ヌーヴォです。樹齢平均80年の厳選したぶどうを使った希少ワインです。古樹は1本あたりの収穫量が少なく、根が深く伸びていることから、濃厚で複雑味を帯びた味わいになります。オマージュ・ア・アンリとは、“アンリへの敬意”を意味し1888年創業のアンリ・フェッシの創業者に対する敬意を表現した、日本市場に向けに数量限定で特別に醸した逸品です。ギフトボックス入りです。

・『アルデッシュ・シャルドネ・ヌーヴォ 2017』
ルイ・ラトゥール社の通年販売商品「アルデッシュ・シャルドネ」と同じエリアで2017年に収穫されたシャルドネ種のみを使用した新酒です。キリッとした酸味が爽やかな味わいのワインです。
(フランスのワイン法では「ボージョレ・ヌーヴォ」には該当しません。)

■スタンダードレンジ
・『ボージョレ・ヌーヴォ2017』(750ml・375ml)
・『ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2017』(750ml・375ml)
・『マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォ2017』(750ml・375ml)
・『ボージョレ・ヌーヴォ ロゼ2017』(750ml)
いずれもフレッシュでフルーティ、香り高く果実味となめらかな口当たりが感じられるヌーヴォです。本年は『マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォ2017』にハーフサイズを追加します。
ラベルは、トリコロール(青・赤・白)を背景に、ポピー・アイリス・西洋ノコギリソウの花をモチーフにデザインしています。(ヴィラージュのみ赤色にバラをデザインしています)

■プレミアムレンジ
・『ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2017』
樹齢50年以上の古樹から摘まれた厳選された完熟ぶどうを使用しています。濃厚で複雑味を帯び、力強さと上品さを兼ね備えた逸品です。
・『シャトー・デ・レイシエール・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2017』
クリュ・デュ・ボージョレの1つであるレニエ村にあるシャトーの上質なぶどうのみを使用しています。深く濃い紫色でブラックベリーやカシスのような凝縮されたリッチな果実味が特長です。

■スパークリング
・『ルージュバブルス・ヌーヴォ2017』
赤のスパークリングです。アルコール度数は8%と通常のワインより低めで、やや甘口のスッキリとした味わいが特長です。(フランスのワイン法では「ボージョレ・ヌーヴォ」には該当しません。)

■飲食店限定商品
・『ボージョレ・ヌーヴォ“ベレール”2017』
・『ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ“ベレール”2017』
いずれもフランスのラベルデザインをそのまま使用しています。「アンリ・フェッシ」のヌーヴォは、フランスのブラッスリー(洋風居酒屋)やイギリスのレストランでも人気が高いことから、現地のレストランでボージョレを楽しむような雰囲気を味わっていただけます。“ベレール”とは「アンリ・フェッシ」の発祥の地で、自然の眺めが清らかで美しい場所として知られています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る