• トップ
  • リリース
  • ヤマハ スマートL2スイッチ 『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』 -「ネットワークの見える化」に対応、10月発売-

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ヤマハ スマートL2スイッチ 『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』 -「ネットワークの見える化」に対応、10月発売-

(PR TIMES) 2018年09月19日(水)14時01分配信 PR TIMES

ヤマハ株式会社は、スマートL2スイッチ「SWX2200シリーズ」の後継として、『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』を2018年10月に発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-107259-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-177937-8.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-523744-7.jpg ]



<価格と発売時期>
品名:スマートL2スイッチ
品番/本体価格/発売時期
SWX2210-8G/47,000円(税抜)/10月
SWX2210-16G/86,000円(税抜)/10月
SWX2210-24G/115,000円(税抜)/10月

関連オプション
品名/品番/本体価格/発売時期
ウォールマウントキット/YWK-1200D/18,000円(税抜)/発売中
ラックマウントキット/YMO-RACK1U/18,000円(税抜)/発売中

◎販売計画(SWX2210シリーズ合計):10,000台/年
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-550888-9.jpg ]

このたび発売する『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』は、当社初のスイッチ製品として2011年2月に発売した「SWX2200シリーズ」の後継となるスマートL2スイッチです。ルーター、L3スイッチやインテリジェントL2スイッチ(以下、L2MSマスター)のWeb GUI機能である「LANマップ」による、スイッチの状態や端末の管理など、“ネットワークの見える化”に対応しています。また、「SWX2200シリーズ」ではスイッチ単体で設定を行うことができないため、L2MSマスターまたは、アプリケーションから設定を行う必要がありましたが、『SWX2210シリーズ』では、新たにWeb GUIを搭載することで、単体で設定を行うことが可能になりました。また、TELNET*に対応し、管理も可能になりました。

*ネットワーク上の機器にアクセスし、遠隔操作するための通信規約(プロトコル)

詳細は、以下の通りです。


<主な特長>
1.拠点ネットワークに最適なスマートL2スイッチ
『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』は、ネットワークの見える化機能などの「SWX2200シリーズ」の機能を継承しており、小規模拠点のフロアスイッチとして最適です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-517090-6.jpg ]

ネットワークの見える化機能に対応
『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』は、従来の「SWX2200シリーズ」と同様にL2MSマスターの見える化機能「LANマップ」からの状態確認や端末の管理機能に対応しています。スイッチで起きているループなどの障害を「LANマップ」で確認することが可能です。また、L2MSマスターで『SWX2210シリーズ』の設定を管理・保存することが可能です。スイッチ本体に異常があった場合でも、スイッチ本体を入れ替えてL2MSマスターから保存している設定を転送することで、すみやかに新しいスイッチで運用することができます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-239552-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-785745-3.jpg ]

スイッチ機能の強化
『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』は、「SWX2200シリーズ」で搭載した「VLAN」や「QoS」だけではなく、「リンクアグリゲーション」にも対応しています。「QoS」は、「SWX2200シリーズ」では、DSCP(DiffServ Code Point)値による優先制御のみの対応でしたが、『SWX2210シリーズ』では、CoS(IEEE 802.1p Class of Service)値による優先制御やDSCP、CoS値による送信キュー割当、WRR(Weighted Round Robin)重み付け制御にも対応しました。これらの方式に対応することで、従来よりも帯域を有効に活用することが可能になりました。また、「リンクアグリゲーション」はスタティックリンクアグリゲーションに対応しています。経路の冗長化が必要なネットワークで利用することで、安定したネットワークの運用が可能になります。
[画像8: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-263827-1.jpg ]

様々な環境に対応
『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』は、すべてのモデルで環境温度50℃、ファンレスに対応しました。オフィス以外にも、様々な環境で使用することが可能です。

2.自立運用可能な設定機能
『SWX2210-8G』『SWX2210-16G』『SWX2210-24G』は、従来の「SWX2200シリーズ」では行うことができなかったスイッチ単体での設定が可能になりました。Web GUIを搭載し、スイッチの様々な機能の設定を行うことができます。また、ダッシュボード機能でスイッチのリソース、機器情報やログの確認が可能です。さらに、TELNETによるCLI設定も行うことができ、予め作成したコンフィグを、CLI経由で複数のスイッチに対し、容易に設定を行うことができます。
[画像9: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-441320-4.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/10701/242/resize/d10701-242-746574-0.jpg ]



<イベントへの出展>
ヤマハ スマートL2スイッチ『SWX2210-8G』 『SWX2210-16G』 『SWX2210-24G』 を、SCSK株式会社主催 「ヤマハ ネットワーク イノベーション フォーラム2018」(https://www.scsk.jp/product/common/yamaha/)に出展します。詳しい情報は、当社ホームページ(https://network.yamaha.com/)に掲載する予定です。


スイッチ製品情報サイト
https://network.yamaha.com/products/switches
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る