• トップ
  • リリース
  • クオリカ、外食産業向けシステム「TastyQube」新バージョンをリリース

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

TISインテックグループ

クオリカ、外食産業向けシステム「TastyQube」新バージョンをリリース

(PR TIMES) 2017年03月02日(木)13時09分配信 PR TIMES

〜海外向け(東南アジア)機能の強化による現地需要へ対応〜

TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 明、以下クオリカ)は、外食産業・飲食店に特化した店舗・本部営業支援システム「TastyQube」の海外向け(東南アジア)機能を強化した新バージョンを、2017年3月1日よりサービスを開始したことを発表します。
■バージョンアップの概要
「TastyQube」は、国内130社3,000店舗以上で導入されている外食産業(飲食業)・サービス業に特化したSaaS型・購入型、2つの提供形式を選択可能な店舗・本部営業支援システムです。
国内での豊富な導入実績に加えて、マルチ言語対応や海外での利用にも対応したクラウドサービスにより、中国など海外への事業展開を進めている企業からも数多く支持があります。
高まる海外利用のニーズの波を受けて、今回のバージョンアップでは、標準の 「TastyQube」に海外向け(東南アジア)に新たな機能を提供します。

■「TastyQube」の新機能
1.複数時差対応
インドネシアのような3つの異なるタイムゾーンからなる国内でも円滑に利用できる様、複数の時差に対応しました。日本と各拠点との連携もスムーズに可能です。

2.東南アジアのPOS連携
東南アジアで販売されているPOSとの連携を実現しました。

3.現地語対応
英語、中国語に加えてタイ語での利用が可能となりました。

■営業日報画面
[画像1: https://prtimes.jp/i/11650/241/resize/d11650-241-477303-0.jpg ]





■発注画面
[画像2: https://prtimes.jp/i/11650/241/resize/d11650-241-202237-1.jpg ]



■クオリカの概要(http://www.qualica.co.jp
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
事業概要:1982年コマツの全額出資による情報システム会社として創業し、現在はTISインテックグループの一員として、中国/ASEANをはじめ製造業および流通サービス業(飲食業・小売業)様向けにIoT、クラウドサービス、業務用システム開発、パッケージソフト開発、システム運用、情報端末製造・販売等の幅広い事業を展開しています。

TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


【サービス・ソリューションに関するお問い合わせ】
 クオリカ株式会社 ITサービス事業本部 流通サービス事業部 営業部 桜井、九折
 TEL : 03-5937-0760  FAX : 03-5937-0802



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る