• トップ
  • リリース
  • 地熱資源探査出資事業の開発移行および債務保証採択について

プレスリリース

  • 記事画像1

地熱資源探査出資事業の開発移行および債務保証採択について

(PR TIMES) 2017年02月27日(月)17時24分配信 PR TIMES

-岩手県松尾八幡平地域における地熱資源開発事業へ金融支援-

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:黒木啓介)の地熱資源探査出資対象である岩手地熱株式会社(本社:岩手県八幡平市、代表取締役社長:水田幹久氏、以下「岩手地熱」)が実施する岩手県松尾八幡平地域における地熱資源探査事業において、計画発電量に必要な地熱資源量が確認され、開発・発電段階に移行することとなりました。また、JOGMECは開発段階における地熱の採取に必要な資金に係る債務保証対象事業として採択しました。
 岩手地熱は岩手県松尾八幡平地域において、平成24年度から平成26年度まで、JOGMECによる地熱資源開発調査事業費助成金の交付を受けて地表調査等事業および坑井掘削等事業を実施し、平成27年6月よりJOGMECの地熱資源探査資金出資対象事業として地熱資源探査事業を進めてきました。

 平成29年2月、岩手地熱は地熱資源探査事業の結果、計画発電量に必要な地熱資源量を確認して開発・発電段階に移行すると同時に、7,000kW級のシングルフラッシュ方式の発電所建設を決定しました。開発段階における建設資金の一部6,653百万円を長期借入により調達する予定です。

 JOGMECは優良な地熱資源の採取が認められることから、同借入総額6,653百万円の80%相当額を債務保証する予定です。

 本プロジェクトは、JOGMECの地熱資源開発調査事業費助成金制度、地熱資源探査資金出資支援、および地熱資源開発資金債務保証支援の全てを活用した初の事例であり、CO2排出量が少なく、またベースロード電源として安定的に発電可能な我が国において重要な電源である地熱発電の増大に資することが期待されます。

 今後も、JOGMECは地熱資源開発の促進を図るため、国内で地熱資源開発を行う本邦法人に対し、積極的な支援を行っていきます。

■ 債務保証先会社の概要
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/12624/table/240_1.jpg ]



■ 債務保証先会社の株主構成(平成28年12月1日時点)

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/12624/table/240_2.jpg ]



■ 採択の内容

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/12624/table/240_3.jpg ]



<地熱発電所の建設予定地(位置図)>

[画像: https://prtimes.jp/i/12624/240/resize/d12624-240-492068-0.jpg ]


→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000241.html?mid=pr_170227

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る