• トップ
  • リリース
  • 球場に流れる自分たちの映像、音楽に感激! 大会CM出演の高校生が甲子園へ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社朝日新聞社

球場に流れる自分たちの映像、音楽に感激! 大会CM出演の高校生が甲子園へ

(PR TIMES) 2016年08月09日(火)16時36分配信 PR TIMES

 第98回全国高校野球選手権大会(主催 朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)のテレビCMに出演している大阪府立今宮高ダンス部の16人と、音楽を担当した大阪府内の高校(府立泉陽、金岡、金剛、桜塚、大阪市立都島工)の生徒9人の計25人が7日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)を訪れ、全国大会の開会式と、佐久長聖(長野)―鳴門(徳島)との開幕試合をスタンドで観戦しました。
 一塁側内野スタンドに座った生徒たちは開会式後、センター後方のスコアボードの電光掲示板に大会CMが流れると、音楽に合わせて体を動かしたり、スマートフォンで記念撮影したりして喜び合いました。

 今宮高3年で、ダンス部副部長の勝本七葉さんは「ダンスを通じて元気、全力を表現した。甲子園で流れるCMが、選手たちのパワーになってくれたらうれしい」。ミックスバンドのリーダーで、ベースを担当した大阪府立金岡高3年の大塚双葉さんは「自分が出演しているCMが甲子園で流れ、現実とは思えないくらいうれしい。バンドのみんなと一緒に喜べてよかった」と語りました。

 CMは今宮高ダンス部によるダイナミックなダンスと、ロック調の「栄冠は君に輝く」で構成されています。6月中旬、テレビ朝日、朝日放送をはじめとしたANN系列などで放映が始まりました。ミックスバンドは大阪府立金岡、金剛、桜塚、泉陽、大阪市立都島工高の生徒たちで結成され、大会CMの歌や演奏を高校生が担当したのは今年が初めてでした。

 CMのテレビ放映は甲子園大会が閉幕する8月下旬で終了しますが、インターネット動画サイト「YouTube 朝日新聞社公式チャンネル」では、その後もご覧になることができます。

YouTube 朝日新聞社公式チャンネル    https://www.youtube.com/user/asahicom



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る