• トップ
  • リリース
  • 足腰を鍛えても「行きたい場所はない」健康ステッパー「ナイスデイ」ご購入者を対象にしたアンケートを実施〜「日常の延長線上の健康」を大切にするインサイトが浮き彫りに〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ショップジャパン

足腰を鍛えても「行きたい場所はない」健康ステッパー「ナイスデイ」ご購入者を対象にしたアンケートを実施〜「日常の延長線上の健康」を大切にするインサイトが浮き彫りに〜

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)11時24分配信 PR TIMES


 ショップジャパンを展開する株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:ハリー・A・ヒル)は、2016年10月下旬〜11月上旬に実施した、健康ステッパー「ナイスデイ」ご購入者に対して、アンケートを実施いたしました。
 その結果、「ナイスデイ」ご購入者の約半数が「足」にお悩みを持つ一方で、足腰を鍛えても特に「行きたい場所はない」と答えた方が約3割を占めており、また「行きたい場所がある」と回答された方の中でも「買い物」「近所」との回答も見られるなど、お客様は特殊な目的のためではなく日常生活の延長線上での「健康」を大切にしている実態が垣間見える結果となりました。
<調査概要> 調 査 方 法:自社コールセンターによる聞き取り調査
       調 査 期 間:2016年10月21日(金)〜11月7日(月)
調 査 対 象:「ナイスデイ」を、お電話でお買い求めいただいたお客様(購入時)
有効回答者数:148人


■購入者属性 ※2016年10月21日〜11月7日のインフォマーシャルからの購入者属性
(アンケート回答者以外を含む)
[画像1: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-629986-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-387834-1.jpg ]



■「ナイスデイ」購入目的
 「足腰を強化したい」との回答が60%と高く、「走れるようになりたい」や「痩せたい」といったある特定の目的よりも、足腰を鍛えることによって日常生活に支障がない健康的な生活をしていたいという思いが見える結果となりました。
[画像3: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-279276-2.jpg ]

■魅力に感じた商品特長
 商品特長のどこに魅力を感じたか、については、「家の中で運動ができる」との回答が半数を占め、寒くなる時期でも、日常的に気軽に使えるから続けられそうだというお客様のニーズが感じられます。続いて、「足全体が効果的に鍛えられる」ことや、「ペダルを踏み込むだけ」という、手軽でありながら機能性が充実している部分を挙げていただいています。
[画像4: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-681604-3.jpg ]

■足、膝、腰にお悩みはありますか?
 腰へのお悩み(15%)よりも、足そのものに関する悩みをお持ちの方が42%※と最も高く、年齢を重ねるごとに気づく足の不調を気にされている方が、ステッパーをご購入されることが多い結果となりました。
※「足が疲れやすくなった」「足が痛くなることが増えた」「膝が痛くなることが増えた」「膝が曲がってきた」の回答合計
[画像5: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-497960-4.jpg ]

■行きたい場所
 「ナイスデイ」で足腰を鍛えて行きたい場所があるかを聞いたところ、「行きたい場所がある」と回答した人の中では旅行に関する回答が最も多く見られました(42%)が、他方で「行きたい場所はない」と答えた方が28%、「わからない」という回答と合わせると56%と、半数を超える結果になりました。また、行きたい場所があると回答した人のうちでも、「買い物」や「近所」といった日常生活のシーンを挙げられる方も見られるなど、特別な目標があるというよりも日常生活を快適に過ごすための健康を必要としている人の多さが際立つ結果となりました。
[画像6: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-140289-5.jpg ]

■健康のために行っていること
健康のために行っていることを尋ねしたところ、「ウォーキング」をされている方が26%と多い一方で、「何もしていない」と回答した方が最も高い32%を占める結果となりました。「ナイスデイ」ご購入者様においては、多くの装備やジム通いなどを必要とする運動に取り組むよりも、まずは手軽に器具を使った運動から始めようとされる方が多い傾向にあると考えられ、その面からも足腰の健康を生活の延長線上で考えられている方が多い傾向にあるようです。
[画像7: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-200193-6.jpg ]

[画像8: http://prtimes.jp/i/1915/240/resize/d1915-240-310891-7.jpg ]



 ショップジャパンは、これからも世界中から選りすぐりのアイデアを発掘し、日本らしさを加えてお届けすることで、お客様の日常により多くの幸せな時間をご提供し、お客様の気持ちに寄り添うブランドであり続けます。


この件に関するお問合せ先
株式会社オークローンマーケティング 広報担当
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー21階
TEL:(03)6746-0324 FAX:(03)3501-5324 EMAIL:pr@shopjapan.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る