• トップ
  • リリース
  • フラッグシップ「AVENTAGEセパレートシリーズ」の新モデルを発売ヤマハ AVプリアンプ 『CX-A5200』 ヤマハ パワーアンプ 『MX-A5200』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

フラッグシップ「AVENTAGEセパレートシリーズ」の新モデルを発売ヤマハ AVプリアンプ 『CX-A5200』 ヤマハ パワーアンプ 『MX-A5200』

(PR TIMES) 2018年09月05日(水)14時01分配信 PR TIMES

ヤマハ株式会社は、プリアンプとパワーアンプを独立させたセパレート構成の採用により、ホームシアター再生の理想を追求したフラッグシップモデル「AVENTAGEセパレートシリーズ」の新製品として、11.2ch AVプリアンプ『CX-A5200』を10月下旬より、11chパワーアンプ『MX-A5200』を12月中旬より、それぞれ全国で発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-139941-23.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-528159-24.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-316116-22.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-227729-21.jpg ]



<価格と発売時期>
品名/モデル名/色/本体価格/当初月産 予定台数/発売時
AVプリアンプ/CX-A5200/(H)チタン、(B)ブラック/300,000円(税抜)/1,400台/10月下旬
パワーアンプ/MX-A5200/(H)チタン、(B)ブラック/320,000円(税抜)/800台/12月中旬


<製品の概要>
今回発売する11.2ch AVプリアンプ『CX-A5200』、11chパワーアンプ『MX-A5200』は、当社が培ってきた独自のオーディオ技術と音場創生技術とを集大成したフラッグシップモデル「AVENTAGEセパレートシリーズ」の新製品です。『CX-A5200』は2015年発売のCX-A5100をベースに、最適な音場効果をリアルタイムに創出する革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」や2基のESS社製D/Aコンバーター「ES9026PRO」の搭載など、パフォーマンスと使用感覚の両面を最新の技術・デバイスによってアップデートしました。また2013年発売のMX-A5000以来、約5年ぶりのモデルチェンジとなる『MX-A5200』は、多彩なスピーカーアサインを可能にするチャンネルセレクターに加えて、新たにBRIDGE出力モードも装備するなど、システム構成の自由度をいっそう高めています。そしてもちろん、両機種とも筺体や電源部、内部ワイヤリング、プリント基板パターンといったオーディオ機器としての基本骨格を大胆に刷新し、想像を超えるほどの音の深みと迫力を再現。2020年代におけるホームシアター再生のベンチマークとなることを目指し、セパレート構成でなければ到達し得ない圧倒的な音と臨場感、そして発展性をここに獲得しました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-844119-25.jpg ]



<CX-A5200 主な特長>
1.音質設計
ESS社製「ES9026PRO」×2基、独自のD.O.P.G.コンセプトを採用したオーディオセクション

[画像6: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-565123-1.jpg ]

最新のESS社製32bit D/Aコンバーター「ES9026PRO」を11.2ch用として2基搭載し、全チャンネルの音色統一を徹底させました。入力部とD/Aコンバーター部との電位差を解消する独自のD.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプトが「ES9026PRO」の潜在能力を余すことなく引き出し、比類なき高S/Nに裏付けられた静寂性と克明なディテール表現力、そして大音量時における忠実なダイナミクスを描き出します。さらに、音質的な方向性や入力信号の精度に応じて、3種類のデジタルフィルター特性(シャープロールオフ/スローロールオフ/ショートレイテンシー)と、ウルトラロージッターPLL回路による3段階のジッター除去特性の組み合わせを選択でき、サウンドを自分好みにカスタマイズすることも可能です。

1.6mm厚ボトムカバーを新たに装備した制振・高剛性シャーシ

[画像7: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-836704-0.jpg ]

H型クロスフレーム&ダブルボトム構造で理想の機械的強度を発揮する制振・高剛性シャーシ、設置安定性を高めて筐体の共振を効果的に分散する<5番目の脚>など、当社がこれまで積み上げてきた独自の筐体設計技術を集約。本体底面のボトムカバーには新たに1.6mm鋼板(CX-A5100比で厚み0.8mm増、質量1.0kg増)を採用し、3次元サラウンド再生のリアリティに欠かせないローエンドの音の再現性もいっそう向上させました。さらにボディ両サイドには、デザイン性を高め、筐体全体の制振にも貢献する肉厚のアルミサイドパネルを装着しています。

オーディオ回路専用の大容量電源トランスを搭載した4回路分離パワーサプライ

[画像8: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-921753-2.jpg ]

オーディオ回路、デジタル回路、アナログ映像回路、FLディスプレイ回路のそれぞれに専用電源を割り当てて全動作モードでのS/Nを大幅に向上させた4回路分離パワーサプライを採用。オーディオ回路専用の電源トランスを大容量化(CX-5100比100%増)することでD/Aコンバーターのポテンシャルを最大限に発揮させ、パワフルで深みのあるサウンドに貢献しています。さらに、試聴を重ねて材質と厚みを決定した3mm厚の真ちゅう製ベースプレートをトランス底面に装着するなど、人の声や楽器の音色を忠実に再現することを求めたオーディオライクな音質チューニングも実施しました。

MX-A5200や外部プレーヤーとのバランス接続を実現するバランス入出力端子

[画像9: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-510973-26.jpg ]

サブウーファー用の0.2ch出力を含む11.2chすべてのプリアウトには、通常のRCAコンポジット(アンバランス)音声出力端子に加えて、XLRバランス音声出力端子を装備。11chパワーアンプ『MX-A5200』をはじめとするバランス入力端子付きパワーアンプやアクティブサブウーファーとの組み合わせで、外部ノイズの影響を受けにくい高品位な信号伝送を実現します。さらに当社製CDプレーヤー「CD-S3000」「CD-S2100」など、バランス音声出力を備えた再生機器との高音質接続に対応するXLRバランス入力端子も装備。すべてのバランス入出力端子には、当社の業務用ミキシングコンソールでも実績を積んだノイトリック(NEUTRIK)社製の金メッキ仕様XLR端子を採用しています。

2.音場創生・音場補正
最大11.2chスピーカー構成に対応する革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」
最大11.2chスピーカー構成に対応し、視聴するコンテンツのシーンに応じた音場効果を自動的に創出する革新的サラウンド体験「SURROUND:AI」を新たに搭載しました。視聴中のコンテンツに含まれるセリフやBGM、環境音、効果音などの音の要素に注目してAI(人工知能)がシーンの種類を自動的に分析し、視聴するコンテンツのシーンごとに最適な音場効果をリアルタイムで創出します。これにより、常に理想的な音場効果でコンテンツへの没入感を最大化することが可能となりました。さらに「SURROUND:AI」は、Dolby Atmos(R)またはDTS:X™の3次元サラウンドフォーマットとの掛け合わせ再生にも対応しています。

64bitハイプレジョンEQなどにより調整精度を極めたYPAO
64bit演算によりイコライジング処理を高精度化した64bitハイプレシジョンEQなどにより、補正時における音質への影響を最小限に留めた最高グレードの視聴環境最適化システム「YPAO」(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)を搭載しました。部屋固有の初期反射音を積極的に制御して視聴環境を最適化する「YPAO-R.S.C.*」、その計測結果に基づき再生時の周波数特性が音量に応じて聴感上フラットになるようにコントロールする「YPAO Volume」、各スピーカーの距離と方角、プレゼンススピーカーの高さを自動計測することで音場空間を立体的に補正する「YPAO 3D測定」を含む総合的な測定・補正プロセスによって、ハイトスピーカーの位置や仕様、室内環境によってサラウンド効果が影響を受けやすい3次元サラウンド再生の課題を克服。音の質的変化を最小限に抑えながら、より明確な視聴環境改善効果をもたらします。

*:R.S.C.= Reflected Sound Control


[画像10: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-462926-5.jpg ]


3.ネットワーク関連
DSD 11.2MHzダイレクト、AIFF/WAV 384kHz/32bitダイレクトをサポートするハイレゾ再生
ジッターノイズの発生を大幅に低減してハイレゾ音源特有のデリケートな音の違いも忠実に描き分けるヤマハオリジナル・ネットワークモジュールを搭載したネットワークオーディオ部は、DSD 11.2MHzダイレクト、AIFF/WAV 384kHz/32bitダイレクト*、FLAC 384kHz/24bitダイレクト、Apple Lossless 96kHz/24bit再生をサポートします。内蔵Wi-Fiは2.4GHz帯に加えて5GHz帯にも対応したデュアルバンド方式で、いっそう快適なワイヤレス音楽再生を実現しました。

*:32bit floatファイルには非対応。


Deezer HiFi、Spotify、radiko.jpに対応
約3,600万曲をCD相当(FLAC 44.1kHz/16bit)の高音質でストリーミング聴取できる高品位音楽配信サービス「Deezer HiFi*1」(ディーザー ハイファイ)をはじめ、音楽配信サービス「Spotify」(スポティファイ)、IPサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp*2」に対応。このうち、「Spotify」のストリーミング聴取は「Spotify Connect*3」(スポティファイ コネクト)機能を利用すればいっそう便利に楽しめます。

*1:Deezer HiFiは月額制の有料サービスで、利用には別途契約が必要です。また本機でDeezer HiFiを聴取するには、ヤマハが提供する操作アプリ「MusicCast CONTROLLER」(無償)のインストールが必要です。
*2:radiko.jp(無料のエリア内聴取)とradiko.jpプレミアム(有料のエリアフリー聴取)に対応。使用には「MusicCast CONTROLLER」アプリのインストール、およびプレミアム会員登録(radiko.jpプレミアム利用時のみ)が必要です。
*3:Spotify Connectの利用には、Spotifyアプリ(無料)のインストールとSpotify Premiumアカウント(有料)への登録が必要です。


4.映像関連
HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応した7入力/3出力のHDMI端子
HDR映像伝送やBT.2020映像伝送、HDCP2.2、4K/60p 4:4:4 映像信号のパススルー/4Kアップスケーリングに対応した7入力/3出力*1のHDMI端子を装備しました。広範な色域と大きく拡張されたダイナミックレンジによって華やかな色彩や豊かなディテールを再現する高画質技術「Dolby Vision™」、放送局が推奨するHDR方式「Hybrid Log-Gamma」、これまでのオーディオリターンチャンネル(ARC)機能に加えてロスレス音声やオブジェクトオーディオも伝送可能としたeARC*2にも対応し、Ultra HD Blu-rayプレーヤーなど複数の対応機器を接続して画質を損なうことなく楽しめます。

*1:うち1出力(HDMI OUT3)はゾーン2/4専用出力です。この出力系統は4Kアップスケーリングに対応しておりません。
*2:eARC=テレビと本機とを1本のHDMIケーブルで接続し、テレビに入力されたロスレス音声やオブジェクトオーディオを含むテレビ側音声を本機へ伝送できる機能。(ファームウェア更新により対応予定)


5.ユーティリティ機能
聴きなれたオーディオソースに新たな魅力を与えるハイレゾリューションミュージックエンハンサー

[画像11: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-657783-6.jpg ]

2chステレオの非圧縮(CD、WAV、AIFF)および可逆圧縮(FLAC、Apple Lossless)音声を最大96kHz/24bit分解能まで拡張処理するハイレゾリューション・ミュージックエンハンサーを搭載しました。ナチュラルな音質改善効果を目指した独自のアルゴリズムにより、CDなどの聴き慣れたオーディオソースに新たな魅力を与えます。

別室で映画の続きを観たり、お好みのオーディオソースが聴けるHDMI対応アドバンスドゾーンスイッチング
メインルームと同じ、または別のソースを選んで別室のHDMI対応テレビやホームシアターにHDMI伝送できるほか、HDMI入力以外のオーディオソース(デジタル/アナログ音声、ネットワーク音声、FM/AMラジオ)も別室に伝送して聴くことができるアドバンスドゾーンスイッチングを装備。メインルームから寝室やキッチンなどに移動して映画の続きを観賞するときや、メインルームとは異なる映像ソース/オーディオソースを選んで楽しみたいときに便利です。各ゾーンの切り換えは本体またはリモコンのボタン、専用アプリ「AV CONTROLLER」で操作できます。さらにゾーン2/3については、メインルームで聴いているソースと同じものを常に再生する「Main Zone Sync」入力にも対応。たとえばキッチンなどのサブルーム側で入力切り替え操作をすることなく、ルーム間でのコンテンツ共有が可能になりました。
[画像12: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-413186-8.jpg ]


6.5年間の長期製品保証
長期間にわたり安心してご愛用いただけるよう、お買い上げ日より5年間のメーカー製品保証を標準で付与しています。


<MX-A5200 主な特長>
1.音質設計
定格230W/ch、全チャンネル同一出力の11chパワーアンプ

[画像13: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-236409-11.jpg ]

ワイドレンジで高スルーレート、NFBや位相補償を最小限に抑えた音質最優先の3段ダーリントン出力段・電流帰還型パワーアンプ回路を採用し、全チャンネルを定格230W/ch(6Ω)の同一出力・同一仕様で揃えた、4Ωローインピーダンス駆動対応の11chパワーアンプを搭載。左チャンネル系と右チャンネル系のパワーアンプブロックを左右対称に配置したシンメトリーな内部レイアウトによってチャンネルセパレーションを最大化し、単体パワーアンプでなければ体験できない音の空気感をもたらします。11.2chをひとつの空間として描き切る圧倒的な力感と静けさで、3次元サラウンドの臨場感も余すことなく再現します。

2.0mm厚ボトムカバーを新たに装着した制振・高剛性シャーシ

[画像14: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-138349-9.jpg ]

厚さ1.6mmの鋼板を使用したサブシャーシとH型メインフレーム、そして外周部を巡るアウターフレームの3要素を強固に結合し、外板に依存することなく完全な機械的強度が得られるH型リジッドフレーム構造を採用しました。本体底面のボトムカバーは新たに2.0mm厚鋼板(MX-A5000比で厚み1.0mm増、質量1.0kg増)を採用し、設置安定性を高めて筐体の共振を効果的に分散する<5番目の脚>とも相まって、さらなる低重心化と低共振化を達成。ローエンドへ向けて深々と沈み込む、壮大なスケールのサウンドを実現しました。またボディ両サイドに装着したアルミ押し出し材サイドパネルも、デザイン性を高めるとともに筐体の共振抑制に貢献しています。

給電ワイヤリングの大径化により電源部の低インピーダンス化を徹底
専用設計の大型トロイダルトランスと27,000μF×2の大容量ブロックケミコンを搭載した電源部の給電ワイヤリングには、新たに14ゲージ相当の大径ケーブルを採用。内部インピーダンスを約30〜50%低減して素早い電力供給を実現し、スピーカー駆動力とレスポンスを大幅に向上させました。
[画像15: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-566465-10.jpg ]


2.接続・拡張性
バランス接続対応11ch音声入力端子
音声入力はRCAコンポジット(アンバランス)端子に加え、XLR端子によるバランス入力にも対応。『CX-A5200』をはじめとするバランス出力端子付きプリアンプとの組み合わせで外来ノイズに強い音声伝送を実現するほか、音声信号のコールド側と筐体グラウンドとを入力基板の段階で完全分離した新グラウンドセンシング方式を採用し、『CX-A5200』とのアンバランス接続におけるノイズレベルをさらに改善しました。また、当社の業務用ミキシングコンソールでも実績を積んだノイトリック製の金メッキ仕様XLR端子をすべてのバランス入出力端子に採用したほか、11chすべてのスピーカー出力端子にはYラグ端子にもバナナプラグにも対応する真鍮削り出しの金メッキ・スクリュー式ターミナルを採用しています。

多彩なスピーカーアサインを可能にするチャンネルセレクター

[画像16: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-395499-12.jpg ]

11の入力系統を隣接する5グループに分け、各端子脇のセレクタースイッチを使ってグループ内の他の入力系統に信号を分配することができます。たとえば5ch分のスピーカーをすべてバイアンプ駆動にしたり(下図「接続例1」)、センタースピーカーを最大3台並べて使用したり、11chパワーアンプならではの多彩なスピーカーアサインを明快なスイッチ操作で実現。5.1chスピーカー構成で使用する場合にも本機の能力を無駄なく活かすことができます。さらに、使用しないチャンネルのパワーアンプをサブルーム用に割り当てて寝室やキッチンに置いたスピーカーを駆動することも可能です。(下図「接続例2」)。

[画像17: https://prtimes.jp/i/10701/238/resize/d10701-238-818878-13.jpg ]


システム構築の自由度を高めるBRIDGE出力モードに対応
内蔵パワーアンプ11chのうちの4ch(2ch×2)については、2ch分のパワーアンプ回路をBRIDGE接続してひとつのスピーカーを駆動することで、より高い駆動力とダイナミックなサウンドが得られるBRIDGE出力モードに対応。BRIDGE接続された4ch分をメイン2ch分に割り当てるなど、5.1ch〜9.2chスピーカー構成時におけるシステム構築の自由度がいっそう高まります。

3.5年間の長期製品保証
長期間にわたり安心してご愛用いただけるよう、お買い上げ日より5年間のメーカー製品保証を標準で付与しています。


<製品の販売について>
『MX-A5200』の予約受付は2018年10月24日(水)より開始する予定です。実際の予約受付開始日につきましては、各販売店により決定されます。


<体験視聴会について>
『CX-A5200』『MX-A5200』の発売に先駆けて、来る9月29日(土)に東京で、10月6日(土)に名古屋で、10月13日(土)に大阪で、両新製品の先行視聴会を開催いたします。会場などに関する詳細やご応募の方法につきましては下記ウェブサイトでご確認ください。
https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/cx_mx_2018/


ヤマハ AVアンプ製品サイト
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/av_receivers_amps/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る