プレスリリース

オマーン石油・ガス省とのMOUを延長

(PR TIMES) 2016年12月28日(水)12時14分配信 PR TIMES

〜我が国先端技術による油ガス田開発の課題解決と人材育成を継続〜

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:黒木啓介)は、オマーン石油・ガス省(Ministry of Oil and Gas:MOG、大臣:モハメド・ビン・ハマド・アル・ルムヒ閣下)との間で、2014年1月9日付で締結した「石油・天然ガス分野における技術協力に関する覚書」(Memorandum of Understanding)を延長することに合意し、延長文書に2016年11月16日に署名しました。
 JOGMECは今後、油田の減退によって増加している随伴水の処理、燃焼廃棄している小規模の低圧ガスの回収などオマーンの抱えている技術課題に対して、我が国の先端技術を適用する共同事業を検討します。その一環として、初の試みである課題解決を念頭に置いた技術交流による人材育成セミナーを同国マスカット市にて開催することを計画しています。更に、減退の進んだ油田に対する増進回収法に関する協力事業の検討を進めていきます。
オマーンは本邦へのLNG・原油の供給国であり、ホルムズ海峡のインド洋側に位置する港湾を有し、中東有事の際にも輸出途絶の可能性が低いと考えられ、さらに歴史的に日本との関係が深く親日的で地政学的にも重要な位置を占めています。上述の共同事業を進めていくことにより、JOGMEC、および石油開発分野に留まらない我が国企業とオマーンとの関係が構築・強化されるとともに、我が国企業による自主開発原油の維持・拡大に寄与することが期待されます。

■継続して共同実施および、実施の検討をすることにつき合意された事業一覧
・油ガス田操業上の問題を我が国企業の水処理やガス利用に係る先端技術等で解決する
〜「資源国向け技術ソリューション事業」〜
・従来の石油・ガス開発技術に加え、上記先端技術を活用するための人材育成・研修事業
・増進回収法の適用を含む石油・天然ガス開発分野における技術協力

→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_06_000225.html?mid=pr_161228

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る