• トップ
  • リリース
  • 音を視覚化した展示や手作り楽器を通して“音の楽しさ”を体験 遊びながら音の仕組みを親子で学べる企画展示 『おとの研究所/Sound LAB』をヤマハ銀座ビルにて開催

プレスリリース

  • 記事画像1

音を視覚化した展示や手作り楽器を通して“音の楽しさ”を体験 遊びながら音の仕組みを親子で学べる企画展示 『おとの研究所/Sound LAB』をヤマハ銀座ビルにて開催

(PR TIMES) 2018年07月20日(金)14時01分配信 PR TIMES

期間:7月23日(月)〜8月27日(月) 会場:ヤマハ銀座ビル1F/ポータル

ヤマハ株式会社は、ヤマハ銀座ビル1F/ポータルにて7月23日(月)から8月27日(月)まで、『おとの研究所/Sound LAB』と題した企画展示を行います。
この企画展示では、音の伝わり方や波形を“見える化”した展示や、音の響き方を聴き比べる体験展示を通して、音の仕組みを視覚的に楽しく学ぶことができます。また、楽器の手作り体験では、シェイカー(振って音を鳴らす打楽器の一種)の中身を変えると楽器の音に違いが出ることを体感できます。音の仕組みを遊びながら体験的に学ぶことができ、夏休みの自由研究テーマの素材としても最適です。

当社は、ヤマハならではの親子の学びの場を提供し、“音”に対する新たな気づきや興味をより多くの方々に感じていただきたいと考えています。

[画像: https://prtimes.jp/i/10701/230/resize/d10701-230-154915-0.jpg ]



<企画展示『おとの研究所/Sound LAB』概要>
期間:
2018年7月23日(月)〜8月27日(月)11:00〜19:30
※展示時間はヤマハ銀座ビルの営業時間に準じます。

会場:
ヤマハ銀座ビル1F/ポータル(東京都中央区銀座7-9-14)
https://www.yamahaginza.com/portal/

料金:
入場無料、予約不要

主な展示内容:
体験展示
音が伝わる時の空気の振動を“見える化”
音の種類に応じた波形の違いを“見える化”
異なる音の響きを疑似体験

手作り楽器
シェイカー作りを体験。自分だけのシェイカーを作って、思い出の品として持ち帰っていただけます。また、容器の中身の素材を変えることで、楽器を鳴らした時の音の違いも体感できます。


ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る