プレスリリース

バイドゥ株式会社

Baidu, Inc. 2017年第2四半期の業績を発表

(PR TIMES) 2017年07月28日(金)11時51分配信 PR TIMES

2017年7月28日(金) 日本時間 - Baidu, Inc.(本社:中華人民共和国北京市、Baidu会長兼CEO:Robin Li、米NASDAQ:BAIDU、以下Baidu)は、2017年第2四半期の業績を発表致しましたので、お知らせ致します。

本リリースは、2017年7月27日(木)、Baidu, Inc.が発表したリリースの抄訳です。

詳しい情報は Baidu, Inc.プレスリリース(英語版) をご覧下さい。
http://ir.baidu.com/phoenix.zhtml?c=188488&p=irol-newsArticle&ID=2289721


■業績ハイライト
2017年第2四半期

売上高
208億7400万元 ($3.079 billion)、 前年同期比14.3%増

営業利益
42億1000万元 ($621 million)、 前年同期比 46.9%増

純利益
44億1500万元 ($651 million)、 前年同期比82.9%増


今回の業績について、Baidu, Inc. Chairman and CEO Robin Li は次のようにコメントしました。

「第2四半期は”テクノロジーで複雑な世界をシンプルに。”という新しいミッションを発表しました。このミッションを達成するためにモバイル基盤を強化し、AI時代をリードするという2つの戦略的柱を堅持します。

現在のコアビジネスであるMobile Baiduの主力プロダクト「検索」と「フィード」を向上させるために、AIを基盤として活用します。同時に、長期的なビジネスチャンスを捉えるため、オープンプラットフォームとエコシステムを通じて、AI牽引型業務を構築し続けます。」

また、Baidu, Inc.Vice Chairman, Group President and COO Qi Luは次のようにコメントしました。

「第2四半期は、大きな進化を遂げました。コアビジネスとAI牽引型業務も有意義な発展をし、好業績を報告することができました。

我々のMobile Baidu Appとフィード商品は大きな進化を遂げ、オンラインにおける顧客基盤の増加は、再びBaiduのユニークで魅力的な価値を証明することができました。

Baidu Create AI Developerのカンファレンスでは、AIプラットフォームとエコシステムにおけるリーダー的ポジションを証明し、長期的なビジネスチャンスの魅力を紹介しました。また、iQiyiもオンラインビデオ業界を牽引し続けました。」

さらに、Baidu, Inc.CFO Jennifer Liは次のようにコメントしました。

「我々は第2四半期に好業績を達成しました。引き続き、我々のプラットフォームで業績効率を向上させ、テクノロジーとエコシステムの中核となる強みに投資します。長期的な株主価値を生み出すAI時代の新たな使命を果たすために、リソースの分配を慎重に行い、規律をもって実行します。」


Baidu, Inc. について

Baidu, Incは中国の主要なインターネット検索プロバイダーです。Baiduは、テクノロジーによって複雑な世界をシンプルにすることを目指しています。


Baidu公式サイト: http://www.baidu.com/


バイドゥ株式会社について
世界の検索市場において第2位のシェアを有しており、米国NASDAQへ上場しているBaidu, Inc.(百度)(本社:中国北京市、会長兼CEO:Robin Li)の日本法人です。2006年12月に設立以降、法人企業さまの中国へのマーケティング活動支援、インバウンド、越境EC向け対策などをサポートするべく中文広告商品やセミナー情報を提供しているほか、累計2800万ダウンロードを誇る日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」(2011年12月よりAndroid版、2014年9月にiOS版を提供)なども公開しています。また、2015年5月よりpopIn株式会社をグループ傘下とし、アジアマーケットへも進出しています。


バイドゥ株式会社公式サイト: https://www.baidu.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る