プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

婚活会社IBJが旅行会社をグループ化することの意義と戦略

(PR TIMES) 2016年12月16日(金)15時48分配信 PR TIMES

〜旅行と婚活。相性が良いから提携します〜


[画像1: https://prtimes.jp/i/7950/225/resize/d7950-225-918154-0.jpg ]

日本No.1の総合婚活サービスの株式会社IBJ(東一:6071)は、株式会社かもめをグループ化しました。


○旅行会社「かもめ」について
株式会社かもめは、創業33年の旅行会社。
主に中南米、北米、北欧、フィリピン、パプアニューギニアなどのパッケージツアーを企画。
大手旅行代理店へのツアー提供やオーダーメイド旅行をアレンジし、安定した業績推移をしています。
20代〜40代の働く女性をメインターゲットとしており、IBJの約55万人の会員基盤ともマッチしています。
休暇旅行や新婚旅行が十分に想定され、グループ参画価値は大いに認められます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7950/225/resize/d7950-225-769390-1.jpg ]


○ヒトは旅行に「出会い」を期待するか
現在、婚活サービスを利用する独身男女は急速に増えています。
しかし、未だ多くの独身男女は「自然な出会いで結婚したい」と考えています。

「自然な出会い」のイメージとしては、趣味を通じた出会いや旅先での出会いや
「余暇を媒体にして出会いのきっかけを作る」ということです。

ヒトの多くは、旅行そのものを純粋に楽しみ、参加者同士の交流や
ふれあいを通じて理解を深め、友人やパートナーになっていくことを期待します。


○「かくれた婚活ニーズ層」の掘り起こし
ところが気にいった人がいて、どちらかが、もしくは互いに、
「親しくなりたいな」と思っても、あくまで「旅行が主目的」のため、
互いのコミュニケーションが円滑にすすみ、交際にステップアップすることは難しいものです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/7950/225/resize/d7950-225-233038-2.jpg ]


そこで「さりげなくお二人の間をとりもって交際・結婚への
進展をサポートすることに長けている」IBJが、
旅行ニーズに隠れている婚活ニーズ層を掘り起こします。
巧みに希望を汲み取り、満足度向上を実現することで、新規需要が発生することが見込まれます。


○当面の戦略
旅行会社「かもめ」を今回グループ化することによって、まずIBJの連結収益寄与が十分見込まれます。
それに加えて、あらたな収益を実現するために、IBJのイベント運営ノウハウやカウンセリングメソッドを
活かした形での旅行企画を創り出し、下記の2点を国内外通じて展開できるように計画的な遂行を行う予定です。


従来利用者である20代〜40代の働く女性に向けた旅行企画
シニアの出会いやパートナー探し需要を考慮した旅行企画




【株式会社かもめ会社概要】https://www.kamometour.co.jp/
本社所在地:東京都港区西新橋1-10-2 住友生命西新橋ビルB1階
代表者:代表取締役社長 中本 哲宏
設立:2002年8月8日

【株式会社IBJ会社概要】http://www.ibjapan.jp/(東証一部/証券コード:6071)
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト 12F
代表者:代表取締役社長 石坂 茂
設立:2006年2月

【取材・プレスリリース利用に関するお問い合わせ先】
株式会社IBJ広報担当:北 穂乃香
TEL:03-5324-5652 MAIL:pr@ibjapan.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る