• トップ
  • リリース
  • 第13回「WFPウォーク・ザ・ワールド」(横浜)過去最多の4707人が参加

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

第13回「WFPウォーク・ザ・ワールド」(横浜)過去最多の4707人が参加

(PR TIMES) 2018年05月13日(日)17時01分配信 PR TIMES

寄付金を通じ、14万人以上の子どもたちに給食を届けられます!

国連世界食糧計画(WFP)を支援するNPO法人、国連WFP協会は13日、子どもたちの飢餓をなくすことを目的としたチャリティーウォークイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド」を横浜市西区のみなとみらい地区で開催しました。イベントには過去最多となる4,707人が参加し、赤レンガ倉庫や臨港パークなど横浜の名所を巡りました。
参加費の一部は、途上国の子どもたちを対象に国連WFPが実施している学校給食支援に充てられます。寄付金総額は約440万円に上り、約14万6,000万人の子どもたちに給食を届けられることになりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/9064/222/resize/d9064-222-271914-1.jpg ]


イベントには、元女子モーグル日本代表の上村愛子さんがゲストとして参加しました。開会式で上村さんは、「スポーツをやっていて、食べることをすごく大事にしていました。食事と栄養をしっかり摂れてこそ、朝起きてやる気にあふれ、動き出せると感じます。今回のイベントをきっかけに、今日一日食事を摂れるかどうか、という子どもたちがいることを改めて意識しました。参加者の皆さんと横浜の町を歩くことで、そうした子どもたちを少しでも支援できればと思います」とあいさつしました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/9064/222/resize/d9064-222-529928-0.jpg ]



コースは5キロと10キロに分かれており、上村さんは5キロをウォーキング。ゴールした後に「健康的に気持ちの良い時間を過ごせて、それがさらに社会貢献につながっているのが素敵だな、と思いながら歩きました」と笑顔で話しました。

また5キロコースに親子で参加した中島健太さん(なかしま・けんた、42歳)は、「横浜の名所を見ながら、楽しんで歩けました。道すがら、世界には十分食べられない子がいることなどを親子で話し合いました」とコメント。息子の駿斗くん(はやと、8歳)は「たまに食べ物を残してしまうけど、これからはできるだけ残さず食べるようにします」と決意を新たにしていました。

世界の飢餓人口は8億1500万人に上り、食事を十分に摂れない子どもが数多くいます。学校給食は子どもたちへ必要な栄養を届けるだけでなく、勉強への集中力を高め、将来賃金の高い仕事に就く可能性を開きます。この結果、貧困や格差の解消にも役立っています。

◎ぜひ当イベントをご紹介ください。当日の様子や、途上国での学校給食支援の写真をご入用の際はご連絡ください。

<開催概要>
【日時】 2018年5月13日(日)
9:00 受付開始、  9:30 開会式、  10:00 10kmスタート、  10:30 5kmスタート
【開催地】 横浜みなとみらい地区(スタート会場: 臨港パーク)
【参加費】 一般1,500円(当日2,000円)※うち1,000円を募金
小学生500円(当日800円)※うち200円を募金
【主催】 特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会(略称:国連WFP協会)
【後援】 WFP 国連世界食糧計画 日本事務所、横浜市、横浜商工会議所、(公財)横浜市国際交流協会、日本ウオーキング協会、神奈川県ウオーキング協会、パシフィコ横浜、FMヨコハマ、NHK横浜放送局、tvk

■WFPウォーク・ザ・ワールド専用ウェブサイト: www.walktheworld.jp

【国連WFPの学校給食プログラム】
国連WFPは途上国の学校で、毎年およそ2000万人の子どもに給食を届けています。
給食があることで親は積極的に子どもを登校させるようになり、子どもたちも空腹に悩まされず、集中して勉強することができます。就学の機会を与えられにくい女子児童の登校も促し、女性の権利向上にもつながります。
約30円の寄付で、子ども1人に1日分の給食を届けることができます。

【国連WFP協会】
国連WFP協会は、国連唯一の食糧支援機関であるWFP 国連世界食糧計画を支援する認定NPO法人です。募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。www.wfp.org/jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る