• トップ
  • リリース
  • 【ショップジャパン CSR活動】「ショップジャパンのオムニチャネル戦略を支えるビジネスプラットフォーム」をテーマにNTT Communications Forum 2016にて講演

プレスリリース

  • 記事画像1

ショップジャパン

【ショップジャパン CSR活動】「ショップジャパンのオムニチャネル戦略を支えるビジネスプラットフォーム」をテーマにNTT Communications Forum 2016にて講演

(PR TIMES) 2016年10月04日(火)10時18分配信 PR TIMES


 「ショップジャパン」を運営する、株式会社オークローンマーケティング(本社:名古屋市東区)のバックオフィス本部 IT統括 副本部長 服部達哉が、2016年10月6日(木)にNTTコミュニケーションズ株式会社が開催する「NTT Communications Forum 2016」において、「ショップジャパンのオムニチャネル戦略を支えるビジネスプラットフォーム」をテーマに講演いたします。


■NTT Communications Forum 2016開催趣旨(NTTコミュニケーションズ株式会社より)
 現在、多くの企業がIoTやAI、ビッグデータ解析などによる事業のトランスフォーメーションに取り組むようになった背景には、従来にない勢いであらゆる情報がデジタル化され、また大量に蓄積され、さらにそれらをグローバルレベルで迅速に分析し、活用できるようなICT環境が整備されたことがあります。
 本フォーラムでは、お客さまのデジタルトランスフォーメーションに貢献するさまざまなソリューションや取り組みについて、多彩なプログラムでご紹介してまいります。
http://www.ntt.com/business/go-event.html


■当社副本部長 服部達哉の講演内容について
テーマ:ショップジャパンのオムニチャネル戦略を支えるビジネスプラットフォーム
内容:ショップジャパンはテレビ通販に限らず、幅広くお客様に商品をご提供するため、「オムニチャネル戦略」を強化してまいりました。ショップジャパンの「オムニチャネル戦略」を、ワンダーコアシリーズをケーススタディーとして解説すると共に、よりシームレスなショッピングエクスペリエンスを提供するためのビジネス基盤の将来像をご紹介します。


■NTT Communications Forum 2016開催概要
日時:2016年10月6日(木)・10月7日(金)
   服部の講演は、特別講演として10月6日(木)14時30分から行われます。
会場:ザ・プリンス パークタワー東京 (東京都港区芝公園4-8-1)
参加方法:以下のURLより必要事項を明記の上お申し込みください。
     http://www.ntt.com/business/go-event.html


 当社が行うCSR活動は、ショップジャパンが提唱するポリシー「Profit Centric Tree」
(お客様、社会、従業員などすべてのステークホルダーへの“豊かさ”の循環)を体現する活動です。これからも、さまざまな活動を通じて、ショップジャパンとステークホルダーとの“豊かさ”の循環を活性化し、「世界中でより豊かなライフスタイルを実現する」という当社のビジョンの具現化に努めてまいります。


[画像: http://prtimes.jp/i/1915/220/resize/d1915-220-376666-0.jpg ]

■服部 達哉 プロフィール
1997年に株式会社オークローンマーケティング入社。
社内IT部門にてコールセンター基盤、E-Commerce基盤などの
開発・構築に携わる。
その後、Wholesale業務、E-Commerce業務、CRM業務などを担当し、
2015年から再度IT部門にてショップジャパンのオムニチャネル戦略
を支える基盤構築を手掛ける。


 ショップジャパンは、これからも世界中から選りすぐりのアイデアを発掘し、日本らしさを加えてお届けすることで、より多くの幸せな時間をお客様にご提供するとともに、お客様の気持ちに寄り添うブランドであり続けます。


本件に関するお問い合わせ先
株式会社オークローンマーケティング 広報担当
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー 21階
TEL:(03)6746-0324 FAX:(03)3501-5324
EMAIL:pr@shopjapan.co.jp URL:www.shopjapan.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る