• トップ
  • リリース
  • 「アサヒもぎたて」新TVCM「想像を超える、『もぎたて』の味へ篇」4月4日(火)放映開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

アサヒビール株式会社

「アサヒもぎたて」新TVCM「想像を超える、『もぎたて』の味へ篇」4月4日(火)放映開始!

(PR TIMES) 2017年04月04日(火)15時57分配信 PR TIMES


アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、RTD※1の主力ブランド「アサヒもぎたて」の新TVCM「想像を超える、『もぎたて』の味へ篇」を、本日より全国で放映開始します。
※1:「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16166/219/resize/d16166-219-267900-1.jpg ]

今回のTVCMは、2016年より続く本格ドラマ仕立てのTVCM第6弾です。大泉洋さんが工場長、吉田鋼太郎さんが製造部長、菜々緒さんが研究員という役柄設定で、迫真の演技・表情でストーリーを展開します。また、CM楽曲「SUNRISE」を歌うコブクロさんも特別出演しています。
「想像を超える、『もぎたて』の味へ篇」では、アーティストとして成功を収めながらもお客様に驚きと感動を与えようと挑戦し続けるコブクロさんの姿を見て、大泉洋さん、吉田鋼太郎さん、菜々緒さんの3人がそれぞれに「アサヒもぎたて」への想いを強くし、想像を超える美味しさをお客様に提供すべく、クオリティアップする決意を固めるシーンを描いています。出演者3人の真剣なまなざしが魅力的なTVCMです。

「アサヒもぎたて」は、“自然な果実感が楽しめる高アルコールRTD”としてお客様に高く支持いただき、2016年の販売数量は、目標の約1.2倍となる706万箱※2となりました。4月4日(火)には、収穫後24時間以内搾汁果汁の使用はそのままに、各フレーバーに合わせて果汁や香味のバランスを見直すことなどにより、自然な果実の味わいを強化しクオリティアップします。

アサヒビール(株)は、「アサヒもぎたて」をRTDカテゴリーの代表ブランドにすべく、期間限定フレーバーやフレーバー5種類が楽しめるバラエティパックの発売に加えて、TVCM等の広告や店頭イベント等により、年間販売目標1,100万箱の達成、並びに事業全体のさらなる成長を目指します。
※2:1箱=250ml×24本換算。

参考:撮影エピソード
撮影は本年2月から3月にかけて行いました。大泉さんの撮影は映画撮影のスケジュールの合間を縫って、北海道のスタジオにて行われました。工場長役2年目となる大泉さんは、「アサヒもぎたて」のCM撮影は久しぶりでしたが、工場の制服を着られるとキリッと工場長の顔になり、熱い想いのこもったセリフは力強く、現場一同も改めて新しい「アサヒもぎたて」への想いを強くしました。またコブクロさんを見つめるシーンでは、監督の提案で急遽“決意を新たにその場を立ち去るシーン”を撮影し、大泉さんがすっと立ち去る姿が印象的な構成となりました。工場の製造部長役の吉田さんがレモンを選別するシーンの撮影では、後輩役の役者にアドリブで数々のセリフを投げかけ、本当の上司のような姿が印象的でした。研究員役の菜々緒さんが登場するレモン畑のシーンは、好天に恵まれながらも強風の中での撮影となりました。レモンを見つめる菜々緒さんのまなざしは優しくも、力強く今後の展開を期待させるカットとなりました。ストリートライブの設定で実際に歌いながら撮影を進めたコブクロさんのシーンでは、エキストラの方々やスタッフも、2人の歌声の力強さに聴き入り、まさに驚きと感動を感じる撮影となりました。また撮影当日は黒田さん、小渕さんそれぞれの誕生日と、お二人のデビュー記念日の近くという事もあり、突如収録用の音楽が“HAPPY BARTHDAY”に変わり、サプライズで準備した誕生日ケーキでお祝いをし、温かい雰囲気の中で撮影を終了しました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/16166/219/resize/d16166-219-292959-0.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る