• トップ
  • リリース
  • 国土交通省の「高速バス&カーシェアリング社会実験」に「小湊鐵道高速バス」と「タイムズカープラス」が参加

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

パーク24株式会社

国土交通省の「高速バス&カーシェアリング社会実験」に「小湊鐵道高速バス」と「タイムズカープラス」が参加

(PR TIMES) 2016年12月15日(木)15時32分配信 PR TIMES

小湊鐵道株式会社(本社:千葉県市原市、社長:石川晋平)および、タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、2016年12月15日(木)より、国土交通省関東地方整備局が実施する「高速バス&カーシェアリング社会実験」を千葉県市原市で開始いたします。
本社会実験は、近年普及が進んでいる高速バスの停留所周辺にカーシェアリング車両を配備し、高速バス降車後の二次交通となる移動手段を提供するものです。これにより、高速バス利用者の行動圏の拡大による観光振興や地域活性化の可能性を検証いたします。

配備する車両はカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」のコンパクトカー2台で、高速バス停留所に隣接する千葉県市原市内の「タイムズ市原バスターミナル駐車場」に導入いたします。

11月より静岡県の浜松インター付近で開始した社会実験に続き、高速バス停留所周辺への車両配備により、高速バスおよびカーシェアリングの利便性が向上することで、市原市内の観光地やレジャー施設を訪れる新規顧客の獲得と送客を実現し、観光振興や地域活性化につながるものと考えております。

タイムズ24はこれまで、「タイムズカープラス」をベンリな移動手段とするべく、新幹線停車駅をはじめとする鉄道の主要駅や空港、港などへの車両配備を積極的に行い、基幹交通からの二次交通としてご利用いただけるよう連携を進めてまいりました。この度の高速バスとの取り組みにより、これまでにない新たな基幹交通との連携を実現しました。

小湊鐵道は、高速バス利用者のさらなる利便を図るため、鉄道や一般路線バス、タクシーとの連絡が難しいバスターミナル等での二次交通確保に新しい交通モードとして期待できると考え参画しております。

タイムズ24と小湊鐵道は今後も、両サービスをご利用の皆様のストレスのない快適な移動手段を提供できるよう、サービスの拡充に取り組んでまいります。

-------------------------------------------------------
【社会実験概要】
実施期間:2016年12月15日(水)〜2017年10月31日(火)
運行路線:横浜駅〜五井駅 / 新宿〜五井駅・市原市役所
     羽田空港〜五井駅・東金駅 / 成田空港〜木更津駅
車両配備場所:タイムズ市原バスターミナル駐車場(千葉県市原市村上884)
配備車種:スズキ スイフト / 日産 ノート  各1台(計2台)
利用対象者:タイムズカープラス会員 719,434名※2016年10月末時点
      入会方法はhttp://plus.timescar.jp/use/newregist.htmlでご確認ください
-------------------------------------------------------

[画像1: http://prtimes.jp/i/8705/214/resize/d8705-214-662289-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/8705/214/resize/d8705-214-802459-2.jpg ]


[画像3: http://prtimes.jp/i/8705/214/resize/d8705-214-852920-1.jpg ]



----------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカープラス」
http://plus.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
http://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
http://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る