• トップ
  • リリース
  • Thunderbolt 3ポート2基を備え、5GBASE-Tの超高速LANを搭載したインテル Core X シリーズ プロセッサー対応マザーボード「PRIME X299-DELUXE II」を発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ASUS JAPAN株式会社

Thunderbolt 3ポート2基を備え、5GBASE-Tの超高速LANを搭載したインテル Core X シリーズ プロセッサー対応マザーボード「PRIME X299-DELUXE II」を発表

(PR TIMES) 2018年12月20日(木)10時40分配信 PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社はThunderbolt 3ポート2基を備え、5GBASE-Tの超高速LANを搭載したインテル Core X シリーズ プロセッサー対応マザーボード「PRIME X299-DELUXE II」を発表いたしました。12月21日より販売を開始する予定です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17808/212/resize/d17808-212-824106-1.jpg ]

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : PRIME X299-DELUXE II
対応CPU : インテル Core X シリーズ プロセッサー
対応ソケット : LGA 2066
チップセット : インテル X299
対応メモリ : DDR4-4266×8(最大128GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×3, PCIe 3.0x1×2
ストレージ機能 : M.2×3, SATA 6Gb/s×8
USB機能 : USB 3.1 Gen 2×3, USB 3.1 Gen 1×8, USB 2.0×3
無線機能 : IEEE802.11 ac/n/a/g/b, Bluetooth v5.0
ネットワーク機能 : 5GBASE-T×1, 1000BASE-T×1
フォームファクター(サイズ): ATX(305mm×244mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2018年12月21日
製品ぺージ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/PRIME-X299-DELUXE-II/
-----------------------------------------------------------------------

○PRIME X299-DELUXE II の主な特長

Thunderbolt 3ポートを2基搭載
高速の外部ストレージが多くのワークステーションで必要となるため、Prime X299-Deluxe IIでは、最大40Gbpsの集約インターフェイスの帯域幅とThunderbolt 3が統合されています。背面のI/Oパネルには、DisplayPort 1.4出力とデータをサポートするデュアルThunderbolt 3 Type-Cポートを備えています。1つのThunderbolt 3ポートから最大6台のデバイスをデイジーチェーン接続可能で、この方式で接続された高速充電のデバイス用に15Wまでの電力に対応できます。

M.2 SSDを3枚まで搭載可能
x4 PCI Express 3.0/2.0の帯域幅で、M.2は最大32Gbpsのデータ転送速度をサポートします。オペレーティングシステムやアプリケーションドライブに最適な選択でデータへの高速アクセスを実現します。また、3つのスロットはすべて、110mmを超えるM.2ドライブをサポートしており、80mm未満のスティックのフラッシュストレージ用の空間も確保しています。

Aquantia AQC-111C 5G LAN搭載
搭載された5Gbpsイーサネットは、標準ギガビットイーサネットの最大5倍の帯域幅を提供します。非圧縮の4K UHDビデオのストリーミングを途切れることなく視聴可能で、これまで以上に高速なバックアップとファイル転送が可能です。中間接続にも対応しているので、最適な帯域幅の選択が容易となり、最大5Gbpsまでの任意の速度で超低遅延のメリットを受けられます。

重いカードもしっかり支える高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot」を搭載
一般的なPCI Express x16スロットはプラスチック製ですが、本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。ビデオカードなどを挿した場合に、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

業界最高水準の高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載
Fan Xpert 4は、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。PWMファンとDCファンの両方に対応しており、PWMファンに対しては、DC制御を組み合わせることで低回転時の制御精度を向上する、PWM/DCハイブリッド制御の「Extreme Quietモード」を使用できます。

Fan Extension Card II付属
FanXpert 4を介して制御可能なヘッダーが6基追加されています。このカードの3つの温度センサーヘッダーがオンボードの温度センサーを補完し、さらには、異なるコンポーネントに取り付け可能なサーミスターを3つ搭載しています。冷却用のヘッダーの追加に加えて、RGB LEDストリップ用のヘッダーを3基確保しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17808/212/resize/d17808-212-885128-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/17808/212/resize/d17808-212-712900-4.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/17808/212/resize/d17808-212-465667-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/17808/212/resize/d17808-212-116301-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る