• トップ
  • リリース
  • 前回13,000人が来場した占いイベント、第3回開催決定!初詣は占いフェス2018 NEW YEARへ〜3日間限定『開運遊園地』が六本木ヒルズに出現〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ザッパラス

前回13,000人が来場した占いイベント、第3回開催決定!初詣は占いフェス2018 NEW YEARへ〜3日間限定『開運遊園地』が六本木ヒルズに出現〜

(PR TIMES) 2017年12月04日(月)17時01分配信 PR TIMES

株式会社ザッパラス(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:玉置真理)は、2018年1月6日(土)〜8日(月・祝)の3日間、六本木ヒルズにて、「占いフェス2018 NEW YEAR」を開催いたします。
それに先立ちまして、公式Webサイトの公開及び来場事前登録を2017年12月1日(金)より開始いたしました。(http://uranaifes.com/
占いフェスは、第1回5,000人、第2回13,000人が来場し、第3回は30,000人の来場を見込んでおります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/5725/211/resize/d5725-211-627352-9.jpg ]

■ 第3回のテーマは、来るだけで運気がアップする「開運遊園地」
[画像2: https://prtimes.jp/i/5725/211/resize/d5725-211-869155-8.jpg ]

六本木ヒルズに期間限定で出現するこの開運遊園地は、来るだけで開運に繋がる一大テーマパークとなっています。大人も子どもも楽しめる体験型アトラクションや、豪華タレント、占い師が会場の皆さんと一緒に創り上げるステージイベントも。また、有名なカフェやレストランとコラボレーションし商品開発した開運フード・ドリンク、開運に特化して企画した財布や靴下といった、様々なオリジナルグッズの販売もご用意しております。
そして、延べ300人もの占い師が集結し、1回500円で占いを受けることができます。

新年は六本木ヒルズで開運しませんか?

■web事前登録は12月1日より受付開始!おみくじ1回無料付き!
占いフェス公式サイトでは、12月1日よりweb事前登録を開始しました。事前登録をしていただくと、占いフェスオリジナルのおみくじが1回無料になります。また、当日対面占いを含む各アトラクションもより楽しく、スムーズに遊ぶことができます。もちろん、占いフェスの特別情報もたっぷりお届けします。

■ 最新情報は占いフェス公式SNSをチェック!
今後決定するアトラクションやステージ出演者は公式SNSにて順次発表して参ります。
まずは「#占いフェス」で検索してくださいね。
Twitter:https://twitter.com/uranaifes
Instagram:https://www.instagram.com/uranaifes
Facebook:https://www.facebook.com/uranaifestival

■ イベント概要

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/5725/table/211_1.jpg ]



■ これまでの会場風景


[画像3: https://prtimes.jp/i/5725/211/resize/d5725-211-330896-6.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/5725/211/resize/d5725-211-461913-7.jpg ]



■ 株式会社ザッパラスについて

モバイルコンテンツ黎明期に占いコンテンツ市場を確立し、国内シェアNo.1を維持し東証一部上場企業にまで成長。米国でも最大規模の占いメディア「tarot.com」他を運営し、占いコンテンツ市場シェア世界No.1。
また、エル・オンライン、エル・ガール、25ans(ヴァンサンカン)オンライン、SPUR.JP、Marisol ONLINEなど、女性雑誌、Webメディアを中心に占いコンテンツを提供している。


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/5725/table/211_2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る