• トップ
  • リリース
  • 当社初のDante・PoE給電対応パワードスピーカーなど会議室向けの設備音響機器を発売 ヤマハ スピーカーシステム『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』 L2スイッチ『SWR2311P-10G』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

当社初のDante・PoE給電対応パワードスピーカーなど会議室向けの設備音響機器を発売 ヤマハ スピーカーシステム『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』 L2スイッチ『SWR2311P-10G』

(PR TIMES) 2018年06月07日(木)15時01分配信 PR TIMES

− ケーブル1本で音声配信と電源供給を行い、ネットワークによるスマートな管理を実現 −

ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、会議室で必要な音声配信を高品質かつシンプルな配線で実現するスピーカーシステム『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』および、オーディオネットワークの構築に最適なL2スイッチ『SWR2311P-10G』を2018年10月より順次発売します。

Dante=Audinate社が開発した、多チャンネルのデジタル音声信号を低遅延で送受信できるオーディオネットワーク規格。
PoE(Power over Ethernet)=Ethernet(LAN)ケーブル(カテゴリ5e以上)で電力を供給するための規格。



[画像1: https://prtimes.jp/i/10701/210/resize/d10701-210-817001-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/10701/210/resize/d10701-210-509659-1.jpg ]



<価格と発売時期>
品名/品番/価格/発売時期
ヤマハ スピーカーシステム/VXL1B-16P/130,000円(税抜)/2018年12月
ヤマハ スピーカーシステム/VXL1W-16P/130,000円(税抜)/2018年12月
ヤマハ L2スイッチ/SWR2311P-10G/オープンプライス/2018年10月
※スピーカーシステムの品番に含まれる“B”および“W”は、それぞれ“B”がブラックモデル、“W”がホワイトモデルを示します。
※販売単位:全て1台です。


<『SWR2311P-10G』関連オプション>
品名/品番/価格/発売時期
ウォールマウントアクセサリー/WK-SWR/オープンプライス/2018年10月
スイッチアクセサリー/SFP-SWRG-SX/オープンプライス/2018年10月
スイッチアクセサリー/SFP-SWRG-LX/オープンプライス/2018年10月


<製品の概要>
近年、設備音響市場では、様々な機器でIT・ネットワーク化が進んでいます。特にEthernetケーブルを使って電力を供給するPoEの活用が進み、1本のケーブルで機器制御、音声配信に加えて電源供給をすることで、機器同士の接続はよりシンプルになりました。また、企業の会議室などでは遠隔会議のニーズが高まっており、音響機器に対して音声の明瞭度と最適な音量が求められています。

このたび発売するスピーカーシステム『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』、L2スイッチ『SWR2311P-10G』は、多くの企業や団体の会議室で使用する遠隔会議システムにおいて、遠隔地からの音声や動画の再生に十分な音声明瞭度と最適な音量を確保した上で、PoEによるシンプルな配線と、ネットワークによる高い管理性を提供する製品群です。

オーディオネットワーク規格「Dante」に対応した『VXL1B-16P』と『VXL1W-16P』は、スリムなラインアレイ形式を採用し、音声明瞭度が求められながらも設置スペースに制限が多い、機能性とデザイン性が求められる会議室(奥行き12m×横幅10m程度)に導入しやすくなっています。『SWR2311P-10G』は『VXL1B-16P』と『VXL1W-16P』を駆動するのに十分なPoE給電能力と「Dante」に最適な機能を備え、機器のモニタリングも実現します。また、遠隔会議システムに必要なAEC(Acoustic Echo Canceler) 機能を搭載し、Danteネットワークに対応したシグナルプロセッサー「MRX7-D」を組み合わせることで、スマートでより柔軟な会議室システムを構築することができます。

詳細は、以下の通りです。


<主な特長>
スピーカーシステム『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』
1.PoE給電による運用を実現した設備用Danteパワードスピーカー
『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』は「Dante」を活用した音声配信とPoE対応L2スイッチからのPoE給電*でスピーカーシステムのネットワーク化を実現し、既設のAV/ITインフラを有効活用することができます。また、Ethernet ケーブルによるシンプルな配線と簡単な施工、パワーアンプを使用しないことによる設置柔軟性の向上により、会議室のデザインを損なわないスマートな音響システムが構築可能です。

*IEEE802.3at対応のPoE給電機器をご使用の場合、スピーカー最大出力は15W。IEEE802.3af対応のPoE給電機器の場合、スピーカー最大出力は6Wです。


2.会議室の要求にマッチする音質とデザイン
『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』は16基のドライバーを搭載しています。ラインアレイ形式を採用し、線状の音源を形成することで、垂直方向に音が広がりにくくなり、天井や床からの音の反射や音のエネルギーの拡散が抑制されるため、離れた場所にも明瞭な音を届けることができます。また、ドライバーには、ネオジム磁石を贅沢に使用した3.75cm(1.5インチ)フルレンジユニットを採用することで、幅5.4cm のスリムなエンクロージャー(筐体)形状を実現しました。そのため、設置場所の制限が多い、オフィスの会議室などの意匠を損なうことなく導入できます。さらに別売のスピーカーアクセサリー『HCB-L1B』を用いて水平連結をすることで、水平指向角度を狭め、音圧を高めることも可能です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10701/210/resize/d10701-210-212304-2.jpg ]


3.使用スタイルを広げる豊富な設置金具
『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』には専用金具が付属しており、壁面取付けが可能です。また、別売のスピーカーアクセサリーとして垂直、水平方向に角度調整が可能なウォールマウントブラケット「WMB-L1B」「WMB-L1W」、水平連結用のホリゾンタルカップリングブラケット「HCB-L1B」など豊富なオプションを持ち、さまざまな設置環境へ柔軟に対応します。

4.iPadでワイヤレスコントロール
『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』はiPad用カスタムコントロールパネル「ProVisionaire Touch*」からWi-Fiネットワークを通じてリモートコントロールすることができます。例えばシグナルプロセッサー「MRX7-D」に入力される会議の音声の音量バランスを整え、スピーカーの音量を上げるといった一連の動作をiPadの一画面上で制御運営することができます。

*2018年秋ごろのバージョンアップで対応予定です。


L2スイッチ『SWR2311P-10G』
1.Danteネットワーク&PoEシステムをサポート
『SWR2311P-10G』は、Audinate社が開発し世界的に活用されているデジタルオーディオネットワーク規格「Dante」に対応し、設定・監視・管理・運用を簡単に行え、より安定したネットワークの構築を実現するL2スイッチです。会議室で使用される音響機器のボリュームコントロールに使用するウォールマウントコントローラー「MCP1」やワイヤレスアクセスポイントなどのPoE対応機器はもちろん、より高出力なPoE給電が必要な『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』をも駆動するのに十分な給電能力*1を備えています。また、『VXL1B-16P』『VXL1W-16P』を『SWR2311P-10G』と接続すると、LLDP*2を利用して、「Dante」に最適な設定を自動的に行います。

*1:PoE対応ポートは全ポート同時に最大30Wの給電に対応します。
*2:LLDP=隣接機器と自身の機器との間で、装置の管理情報を受け渡すためのプロトコル。


2.トラブルシューティングに役立つ管理機能
『SWR2311P-10G』は専用ソフトウェア「Yamaha LAN Monitor」を活用することで、PoE給電状態の確認、PoE給電のオフ/オン操作、導入時と現在のネットワーク状況の差異を異常と見なして通知するスナップショット機能など、すばやいトラブルシューティングを行うことが可能です。またWebGUIによるPoE機器の動作監視設定や異常があった場合のPoE機器の再起動、異常を通知するメール設定など、充実したモニタリング機能を提供します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10701/210/resize/d10701-210-448183-3.jpg ]


3.設置柔軟性を高めるオプション品
『SWR2311P-10G』は、別売のラックマウントアクセサリー「RK-SWR」を用いた19インチラックへの設置に対応するほか、ウォールマウントアクセサリー『WK-SWR』を使用することで、壁や天井への取り付けが可能となり、より設置場所の選択肢が広がりました。また100mを越える「Dante」対応機器間の接続が必要な環境に対し、遠距離通信用SFPモジュール『SFP-SWRG-SX』と『SFP-SWRG-LX』を使用することで、伝送損失が少ない、電磁ノイズを受けにくいなど、信頼性の高い長距離通信を実現します。


ヤマハ VXL Series "P model"製品情報サイト
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/speakers/vxl_p_model/
ヤマハ インターフェース製品情報サイト
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/interfaces/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※仕様および機能の名称は、予告なく変更することがあります。
※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る