• トップ
  • リリース
  • 総合刃物メーカー貝印創業111周年記念 “切る”のスペシャリスト 貝印プレゼンツ「切るとは」展 2020年1月10日(金)東京ミッドタウンで開幕!

プレスリリース

総合刃物メーカー貝印創業111周年記念 “切る”のスペシャリスト 貝印プレゼンツ「切るとは」展 2020年1月10日(金)東京ミッドタウンで開幕!

(PR TIMES) 2020年01月09日(木)19時55分配信 PR TIMES

2019年に創業111周年を迎えた総合刃物メーカーの貝印株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:遠藤 宏治)は、視覚・聴覚・触覚、さまざまな角度で「切る」を表現するミュージアム『貝印プレゼンツ「切るとは」展』を2020年1月10日(金)から13日(月・祝)まで東京ミッドタウン アトリウム(東京都港区赤坂 9-7-1)にて開催いたします。

■貝印プレゼンツ「切るとは」展 特設サイト :https://www.kai-group.com/fun/event/kirutoha/

[画像1: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-497851-9.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-773183-8.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-124267-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-174592-3.jpg ]

イベントは、「切る」辞典の中に入り込み、「切る」という行為を見つめ直していただくというコンセプト。「切る」を長年追求してきた、貝印ならではの体験型イベントです。

会場には5つのコンテンツをご用意。会場で配布するスマートフォンを使い、様々な意味の「切る」を持ったARコンテンツを読み取りながら自由に回遊していただき、道具・音・味などをテーマにしたインタラクティブコンテンツや商品展示などを通じて、「切る」行為の面さを味わっていただけます。また、各コンテンツを体験しARスタンプを集めていただいた方にはもれなく印商品をプレゼントいたします(※先着順、なくなり次第終了)。ほかにも、貝印公式SNSアカウント「@kai_corporation」をフォローのうえ、会場で撮影した写真に「#貝印」「#切るとは」のハッシュタグをつけて投稿いただいた方の中から抽選で20名様に、「切るとは」展特製スマートフォンリングと「SELECT100 T型ピーラー」が当たるチャンスもございます。皆様のお越しをお待ちしております。

貝印プレゼンツ「切るとは」展 開催概要
日時 :2020年1月10日(金)〜13日(月・祝) 11:00〜21:00
会場 :東京ミッドタウン アトリウム(東京都港区 赤坂 9-7-1)
料金 :無料
内容 :「切る」をテーマにした映像、サウンド体験をしながらのARスタンプラリー
    ARスタンプラリー参加者へ貝印商品をプレゼント(※先着順、なくなり次第終了)
    貝印の商品、歴史展示

イベントコンテンツ
「切るとは〇〇」という言葉をフックに、「切る」を紐解く体験コンテンツを展開。

AR スタンプを集めることで、KAIを知るスタンプラリー
各コンテンツをつなぐ全体回遊施策として、ARスタンプラリーを実施。
会場受付でお貸出しをするスマートフォンを持ち、会場内を自由に回遊。
下記1.~5.の「切る」を体験していただきながら、ARスタンプを集めて頂くと、貝印商品をプレゼントいたします。
ARスタンプを集めた順番によって内容が異なるエンディングの動画をご覧いただけます。

1.切るとは、貝印そのもの「KAI HISTORY」
「切る」辞典を作るに至った貝印の111年の歴史を伝え、
「切る」のスペシャリストとして来場者の期待感を醸成するヒストリーボード
[画像5: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-784756-1.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-881979-13.jpg ]



2.切るとは、道具を知ること「KAI SHOWCASE」
KAIの三大商品である包丁、ツメキリ、カミソリ等を展示するエリア。
三角形のテーブルのそれぞれの辺を使ってラインナップをみせる。
サイズ・用途の違う商品を並べて見せることで、それぞれの道具には色々な用途があると発信する。
[画像7: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-538507-5.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-721495-6.jpg ]



3.切るとは、音に没入すること「KAI SOUND QUIZ」
音に着目して「切る」を体験する聴覚を利用したクイズ。
目を閉じて、「切る」行為が生み出す音に没頭していただく。
[画像9: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-884537-16.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-975823-2.jpg ]



4.切るとは、美味しくすること「KAI CUT SHOW」
食品を美味しく食べるための重要な要素である「包丁の切れ味」。
貝印の包丁のこだわりを伝えるショートデモステージ。
[画像11: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-932114-12.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-222774-7.jpg ]



5.切るとは、未来を切り拓くこと「KAI CUT ART」
「切る」行為には新しいものを生み出す力がある。
スマートフォンでブラウザにアクセスし、画面のシートを指でカット。
モニターに映った食材が動きに連動してカットされます。
[画像13: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-977482-15.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-119374-17.jpg ]



会場の模様

[画像15: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-343815-18.jpg ]

[画像16: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-657423-4.jpg ]



「切るとは」展 特製スマートフォンリング

[画像17: https://prtimes.jp/i/25105/205/resize/d25105-205-217198-14.jpg ]


【貝印株式会社】
1908年、刃物の町として有名な岐阜県関市に創業。現在、生活に密着した刃物を中心とするカミソリ、メンズグルーミング、ツメキリなどの身だしなみやビューティーケア、包丁をはじめとする調理・製菓、医療用など1万アイテムにもおよぶ商品を展開し、商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を行っている総合刃物メーカー。
本社:東京都千代田区岩本町3-9-5  代表取締役社長:遠藤宏治   http://www.kai-group.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る