• トップ
  • リリース
  • 中国の“YKK AP”ブランドと断熱サッシが受賞! 〜「金軒賞」の「もっとも影響力があるブランド」に加え、「LD135スライディング」は「金軒賞」と「上海市新緑賞」をダブル受賞〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

中国の“YKK AP”ブランドと断熱サッシが受賞! 〜「金軒賞」の「もっとも影響力があるブランド」に加え、「LD135スライディング」は「金軒賞」と「上海市新緑賞」をダブル受賞〜

(PR TIMES) 2016年12月22日(木)09時19分配信 PR TIMES

YKK APは中国において、“YKK AP”ブランドと商品が、2つの賞の3つの部門で受賞しましたので、お知らせします。
YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は中国において、“YKK AP”ブランドと商品が、2つの賞の3つの部門で受賞しましたので、お知らせします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/6735/205/resize/d6735-205-213376-0.jpg ]


中国金属構造協会が主催する第2回建築門窓業界「金軒賞」では、「もっとも影響力があるブランド」部門にて“YKK AP”が、「もっとも創造力がある門窓カーテンウォールシステム」部門にて断熱サッシ「LD135スライディング」が、それぞれ受賞しました。また、「LD135スライディング」は、上海建築材料業界協会が主催する「上海市新緑賞」の「機能設計優秀商品」部門も受賞しております。

「金軒賞」は、門窓業界発展のため、中国建築金属構造協会をはじめとする4団体が主催する賞で、第2回となる今回は2016年度中国国際窓・カーテンウォール博覧会の一環として、2016年5月よりインターネット投票や業界専門家で構成された委員会投票などを実施、4か月の選考期間を経て、9月30日に受賞決定となりました。

「上海市新緑賞」は、新材料・新技術を採用する省エネ商品について、上海市建築材料業界協会をはじめとする3団体が主催する賞で、「金軒賞」同様、2016年6月以降のインターネット投票と専門委員会の評価を経て、10月17日に受賞決定となりました。なお、同賞は全部で5社が受賞していますが、窓関連企業はYKK APのみです。

YKK APはこれからも、中国のお客様の要望に応える商品とサービスの提供に努めてまいります。

■ 受賞内容
【金軒賞】「もっとも影響力があるブランド」部門
 受賞対象 : YKK AP
【金軒賞】「もっとも創造力がある門窓カーテンウォールシステム」部門
受賞対象 : YKK AP断熱サッシ「LD135スライディング」
【上海市新緑賞】「機能設計優秀商品」部門
 受賞対象 : YKK AP断熱サッシ「LD135スライディング」

■受賞商品 断熱サッシ「LD135スライディング」の概要
中国の華東エリアを中心に供給している断熱サッシシリーズ「LD135」のスライディング式の商品で、熱変形防止断熱材を採用した高い断熱性と、独自の排水構造による高い水密性を特長としています。また、様々な機能部品により、操作性や安全性も高いレベルで実現しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/6735/205/resize/d6735-205-592480-1.jpg ]


■ 金軒賞とは

[画像3: https://prtimes.jp/i/6735/205/resize/d6735-205-212482-2.jpg ]


(正式名称:建築門窓カーテンウォール業界金軒賞)
金軒賞は、2015年に中国における門窓業界のさらなる発展の激励のために創設された、中国建築金属構造協会・全国連合不動産商会・全国建築門窓CW標準化技術委員会・中国建築システム門窓連合の4団体が主催するものです。全9部門から構成されており、評価形式はインターネットによる公開投票と専門委員会における評価となります。

■ 上海市新緑賞とは

[画像4: https://prtimes.jp/i/6735/205/resize/d6735-205-437428-3.jpg ]


上海市新緑賞は、上海市における優秀省エネ建材への評価を目的に創設された、上海市建築材料業界協会・同済大学建築設計研究院・現代都市建築設計院の3団体が主催するものです。3部門から構成されており、評価形式はインターネットによる公開投票と専門委員会における評価となります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る