• トップ
  • リリース
  • 母親の83.5%が息子の部屋に自由に出入り!近づく距離、60.7%が気になる”息子の●●” アドバイスも母の愛?

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

母親の83.5%が息子の部屋に自由に出入り!近づく距離、60.7%が気になる”息子の●●” アドバイスも母の愛?

(PR TIMES) 2017年04月28日(金)12時11分配信 PR TIMES

母と息子の関係性 調査レポート1.

もうすぐ母の日。株式会社マンダムでは、男性グルーミングブランド 「ギャツビー」のターゲット世代となる高校生・大学生を子供に持つ母親を対象に、イマドキの母と息子の関係性について調査を実施いたしました。現代ならではの距離感、母親の愛情が垣間見れる結果となりましたのでご報告します。
かつては「マザコン」、近年では「ママっ子男子」といったワードも話題になるなど、母と息子の関係も時代によって変化を遂げています。
そこで、株式会社マンダムでは、高校生・大学生の息子を持つ40代〜50代の母親を対象に、息子との関係について調査を実施しましたのでご報告いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-984143-pixta_20679995-6.jpg ]


調査方法:インターネットリサーチ 調査時期:2016年11月実施
調査対象:40歳〜59歳 高校生・大学生の息子と同居している首都圏在住の女性 437名

《近づく母と息子の距離》
■息子もOK!? 「 部屋に自由に出入り出来るし、息子も了承している」83.5%

[画像2: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-360181-7.jpg ]

少し前までは、年頃になると家族にも“入られたくない”のが当たり前だと思われていた子どもの部屋。
しかし今回の調査では、実に83.5%と大多数の母親が「息子の部屋には自由に出入り出来、息子も了承している」と回答。母子関係の変化が浮き彫りとなりました。


■月に1回以上 「息子と2人だけで外出」33.6%

[画像3: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-833335-9.jpg ]

また、母親の3人に1人(33.6%)が月に1回は息子と2人だけで外出すると回答。
かつては「母親と2人でいる所は周囲に見られたくない」というのが定説でしたが、現代では母息子の2人だけでの
外出も“ごく普通のこと”として定着してきているようです。


■半数が高校生・大学生の息子とも「スキンシップあり」

[画像4: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-136533-2.jpg ]

あまりスキンシップをしない人は50.1%と、母親の半数が、日常的に息子とスキンシップが「ある」と回答。
高校生・大学生とかなり大きな息子であっても、ごく普通にスキンシップを行っていることが明らかに。

《近いから気になる?息子の●● アドバイスも母の愛!?》
■60.7%の母親が息子の●●が「気になる」 そのうち69.1%が「何とかしたい!」


[画像5: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-971195-11.jpg ]

離が近いことも関係するのか息子の“ニオイ(汗臭)”が気になると回答した母親は過半数の60.7%となりました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-691672-10.jpg ]

また、息子のニオイが「気になる」と回答した人のうち、約7割の69.1%が息子のニオイを「何とかしたい」と回答。前問で「時々気になる」と回答した人が多かったにも関わらず、「何とかしたいと」思う人が多い結果に。

■母の愛!? ニオイを何とかしてほしいのは「周囲に迷惑をかけるのが心配だから」

[画像7: https://prtimes.jp/i/6496/203/resize/d6496-203-957627-5.jpg ]


自分の不快度よりも、息子本人や周囲に配慮した回答が高くなり、息子を思う母の愛情が感じられる結果となりました。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る