プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

銀座<田屋>日本の「歴史浪漫」ネクタイ12ヵ月頒布会

(PR TIMES) 2017年03月27日(月)11時25分配信 PR TIMES

(株)ライトアップショッピングクラブは(株)スタイリングライフ・ホールディングスが運営するグループ会社です。


株式会社ライトアップショッピングクラブは、悠久の時空をネクタイで織りなす
銀座<田屋>日本の「歴史浪漫」ネクタイ12ヵ月頒布会を3月22日より販売開始いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-645908-12.jpg ]

■胸元に咲き誇る壮大なる歴史浪漫の華。
我が国の歴史、文化の変遷を繙いていくと、稲作や仮名文字をはじめ、海外の文化をうまく取り入れながら、独自のものへと発展させてきた事実を見出せます。いまではすっかり当たり前のものとなった「洋装」もそのひとつです。明治38年の創業以来、“洋装の華”ネクタイで今日まで紳士の胸元を彩ってきた<田屋>は、日本の洋装文化と共に歩み、時にけん引してきた老舗。そんな<田屋>によるネクタイ頒布会「日本の『歴史浪漫』」をご紹介します。<田屋>ならではの視点で日本の歴史を切り取った12の意匠を、毎月一本ずつ、一年間にわたってお届け。日本歴史浪漫の扉を開くのは、日本の年表を柄に取り入れた「序章」、第2回以降は、太古から近代へと時の流れに沿って辿ります。時代ごとに世相や文化、風俗といったテーマを定め、一本一本に日本の心を落とし込みながら製作。ここに珠玉のコレクションが完成しました。

■銀座<田屋>の高密度な多色織りを楽しむ
<田屋>は米沢織の産地である山形県米沢市に自社工房を構え、「多色織り技法」を独自に開発。極細の糸を駆使して、ネクタイ柄の小さな点や細い線もすべて織りで表現しています。そうして織られたネクタイは色艶の美しさに加え、締め心地も格別です。世界も他に類を見ぬほどの卓越した織りで紡いだ、日本の歴史物語。一年かけてじっくりお愉しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-555171-13.jpg ]


■<田屋>の店頭でもお求めになれません。ライトアップショッピングクラブだけの限定品です。

■全12回のモチーフ

[画像3: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-408944-0.jpg ]

第1回 序章
年表をストライプにした意欲作。ライン上には各年代の名称、地の部分には印象的な事件や出来事を文字で入れています。当頒布会に登場するモチーフをちりばめアクセントをプラスしました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-524287-1.jpg ]

第2回 縄文・弥生時代
縄文・弥生式土器、稲作文化の伝来、そして大陸から贈られたとされる金印など、未だ解明されていない古代史の象徴的なモチーフをバランスよく総柄に。土器の文様まで繊細に表現しました。


[画像5: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-956404-2.jpg ]

第3回 飛鳥時代
聖徳太子を中心に制定された冠位十二階の色をヒントに、斬新な色使いのストライプ柄を表現。地の部分は対称的にシックな色を採用し、遣隋使船や飛鳥大仏といったモチーフを並べています。


[画像6: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-223176-3.jpg ]

第4回 奈良時代
正倉院に収められた螺鈿紫檀五絃琵琶や漆胡瓶といった宝物、日本で初めて作られた通貨「和同開珎」、有名な「奈良の大仏」など、この時代を彩る文化的遺産をふんだんにあしらいました。

 
[画像7: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-868975-11.jpg ]

第5回 平安時代
この時代を象徴する新しい文化である「仮名文字」をテーマに、かるたの札と霞の紋様で雅やかな雰囲気を演出。今日まで受け継がれる名歌の数々から、当時の人々の想いが窺える華やかな意匠です。


[画像8: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-722123-4.jpg ]

第6回 鎌倉時代
当時の武器の主流である薙刀や刀、弓矢で格子柄を作り、那須与一の逸話から、勇ましい馬と優雅な扇をモチーフに。扇は矢が当たった瞬間を切り取っており、物語のワンシーンのような出来映え。


[画像9: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-715341-5.jpg ]

第7回 特別編 戦国の世、武将兜
応仁の乱から秀吉による天下統一まで、戦場を駆け抜けた名将たちの兜を一堂に。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の兜は青い糸を使ってアクセントを付け、落ち着いた赤系の地色で野心を表現しています。


[画像10: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-720115-6.jpg ]

第8回 安土桃山時代
南蛮貿易により伝来したキリスト教や鉄砲、ワイン、カステラ、トマト、上流武士に愛された茶道具、茶釜を色糸で表現。地の部分は濃淡の組み合わせで南蛮船と羅針盤を格子状に配しています。


[画像11: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-370801-7.jpg ]

第9回 江戸時代 前期
参勤交代による大名行列をストライプで表した斬新な一本。気品に富む地組織に浮かぶ人物の仕草はもちろん、駕籠や鉄砲、刀を携える一団の細かい部分まで、驚くほど緻密に表現されています。


[画像12: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-992664-8.jpg ]

第10回 江戸時代 中期
「火事と喧嘩は江戸の華」という言葉そのままに、あえて柄を散らせて活気ある雰囲気を演出。浮世絵や相撲観賞を愉しみ、火事となれば纏を掲げた江戸っ子たちの心意気を宿す一本です。


[画像13: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-646491-9.jpg ]

第11回 江戸時代 後期
4隻の黒船が来航し、日本が世界に向かって扉を開いた瞬間を、当時のいびつな世界地図を思わせる大胆なパネル柄で表現。日本から勝海舟らも乗船した咸臨丸がサンフランシスコへ。


[画像14: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-705356-10.jpg ]

第12回 明治時代
洋装の人々、街と街を繋ぐ列車、瀟洒な洋風の建物、夜を彩るガス燈など、文明開化で変貌する銀座の街並みをボーダー柄に。「新橋」「横浜」といった文字まで美しく織りで表現されています。


■贈り物にも使えるギフトパッケージでお届けします。

[画像15: https://prtimes.jp/i/4775/202/resize/d4775-202-845315-14.jpg ]

コレクションは全12本。毎月一本ごとに、
銀座<田屋>オリジナルの高級感溢れるパッケージに収めてお届けします。
■価格:毎回13,608円(税込/配送料込)
■お届け期間:12ヵ月/回数:全12回
■お申込み締切日:2017年4月30日(日)/2017年5月下旬よりお届け開始
■いずれもサイズ(約):全長142cm×最大幅8.8cm(第11回お届けのみ8cm)/素材:絹100%/日本製
■商品URL:http://www.lusc.jp /detail/?item=073003



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る