• トップ
  • リリース
  • スーパーボウル5度制覇 トム・ブレイディ選手 来日決定「アンダーアーマー2017 トム・ブレイディ・アジアツアー 」のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

スーパーボウル5度制覇 トム・ブレイディ選手 来日決定「アンダーアーマー2017 トム・ブレイディ・アジアツアー 」のお知らせ

(PR TIMES) 2017年06月05日(月)16時24分配信 PR TIMES

http://www.underarmour.co.jp/news/events/20170605-1.php

アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドーム(本社:東京都江東区 代表取締役 CEO:安田 秀一)は、「アンダーアーマー2017 トム・ブレイディ・アジアツアー」の開催と、新商品のアスリートリカバリースリープウェア「 UA TB12 (TM) 」を発売することをお知らせします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3939/200/resize/d3939-200-709898-0.jpg ]

「アンダーアーマー2017 トム・ブレイディ・アジアツアー」では、チームを5度のNFLスーパーボウル制覇へ導き、リーグMVPを2度獲得したトム・ブレイディ選手(ニューイングランド・ペイトリオッツ、クォーターバック)が日本・中国を歴訪します。ツアーを通じて、トム・ブレイディ選手の総合的なトレーニングプランや、質が良く、徹底された「睡眠と回復」の重要性に焦点を当て、「アスリートを進化させる」というアンダーアーマーのミッションを遂行します。
「アンダーアーマー2017 トム・ブレイディ・アジアツアー」は、6月18日(日)にスタートし、北京、上海、東京への訪問で全5日間の予定です。
トム・ブレイディ選手は、先に北京・上海を訪れ、現地の選手やファンとの時間を過ごした後、6月21日(水)、22日(木)の2日間、日本に滞在します。21日は、日本の次世代のアメリカンフットボール選手へのクリニックを実施。クォーターバック選手を中心に、トム・ブレイディ選手とともに身体を動かして学ぶという一生に一度しかない体験ができる予定です。翌日22日には、睡眠を含む24時間365日のアプローチを通じた、パフォーマンスに関心を寄せるアスリートのためのアスリートリカバリースリープウェア「UA TB12 ™ 」の発売記念イベントに登場する予定です。
トム・ブレイディ選手は、「日本と中国の人々とつながり、素晴らしい文化を体験し、私のフットボールゲームへの愛をファンと分かち合えることに興奮している。上海、北京、東京を訪れ、現地の文化を体験することは私にとって、とても有意義なことになるだろう。アジア地域の次世代選手について学びたい、そして、オンフィールドとオフフィールドの両方における努力、熱心さ、謙虚さ、根気強さによって、常に限界を押し広げていくという彼らの気持ちを掻き立てたい。」と語っています。

■アンダーアーマー2017 トム・ブレイディ・アジアツアー ネクストアスリートクリニック概要
日程:2017年6月21日(水)
時間:16:00〜 開場
17:30〜 クリニック開始
18:45 終了予定
場所:有明コロシアム(東京都江東区有明2-2-22 有明テニスの森公園内)

一般観覧の募集:クリニックの様子は無料で観覧いただけます。観覧の詳細は、アンダーアーマー公式ソーシャルメディア(SNS)アカウントにて発表します。
アンダーアーマー公式ソーシャルメディア アカウント
Twitter:https://twitter.com/UnderArmourJp
Facebook: https://www.facebook.com/underarmour.jp/
(クリニック当日の様子は、Instagramの@UnderArmourjpでも発信予定です)

※プログラムは予告なく変更になる可能性がございます。
※当日は入場規制をさせていただく可能性がございます。 ※当日はメディアの取材が入る予定です。
※当日は公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。(一般観覧の方の駐車場のご用意はございません)


■アスリートリカバリースリープウェア「UA TB12 ™ 」
トム・ブレイディ選手とアンダーアーマーが共同開発したアスリートリカバリースリープウェア「UA TB12 ™ 」は、回復に焦点を当て、よりよい睡眠を促進するために設計されています。肌に直接触れる裏地には、バイオセラミックテクノロジーを取り入れています。この生地には、身体の自然な熱を吸収し、遠赤外線エネルギーを反射する特殊なバイオセラミック粒子が含まれています。トム・ブレイディ選手とアンダーアーマーは、新しいアンダーアーマーのアスリートリカバリースリープウェアを通じて、オンフィールドのパフォーマンスを最大限に引き出すための、オフフィールドのリカバリーアドバンテージをより多くのアスリートに提供することを目指します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/3939/200/resize/d3939-200-984195-1.jpg ]


【メンズ商品】トップス3スタイル/ボトムス2スタイル


【価 格】¥11,000+税〜¥13,400+税
【サイズ】SM,MD,LG,XL,XXL ※一部アイテムは、3XLまで展開


[画像3: https://prtimes.jp/i/3939/200/resize/d3939-200-160903-2.jpg ]


【ウーマンズ商品】トップス3スタイル/ボトムス1スタイル
【価 格】¥8,600+税〜¥13,000+税
【サイズ】SM,MD,LG,XL
※商品の詳細は後日改めてリリース予定です


【発売日】
2017年6月21日(水)アンダーアーマー公式オンラインショップ、ブランドハウス有明
2017年6月23日(金)上記以外のアンダーアーマー直営店

【販売場所】
アンダーアーマー 直営店各店:http://www.underarmour.co.jp/uach/index.php
アンダーアーマー 公式オンラインショップ: http://www.domeshoppingzone.com/underarmour/


トム・ブレイディ選手

[画像4: https://prtimes.jp/i/3939/200/resize/d3939-200-649281-3.jpg ]


アメリカ・カリフォルニア州サンマテオ出身。身長193cm、体重102kg。
NFLのAFC東地区に属するニューイングランド・ペイトリオッツ所属。ポジションは、クォーターバック(QB)。
2000年のNFLドラフト6巡目、全体199位でペイトリオッツから指名を受けてプロ入りを果たすと、2年目から先発QBに定着。同年にチームを球団史上初のスーパーボウル制覇に導く。
以降、2016年シーズンまで負け越したシーズンは一度もなく、QBとしては、リーグ史上最多となる14度の地区優勝、11度のカンファレンスチャンピオンシップ進出と7度のカンファレンス制覇。また、QBポジションにおいて、歴代最多となる5度のスーパーボウル制覇と4度のスーパーボウルMVP獲得を達成。さらに、2度のNFL MVPを獲得。
NFL史上最高のQBと言われる全世界が注目するプレーヤー。

■UNDER ARMOUR (アンダーアーマー)

[画像5: https://prtimes.jp/i/3939/200/resize/d3939-200-224686-4.jpg ]


「アスリートを進化させる」ことをミッションに掲げる“パフォーマンスアスレチックブランド“。
近年急速に普及した、身体にフィット(密着)するアスリートのためのウェアの発祥ブランドであり、汗を素早く吸収、発散。身体を常にドライで快適に保つウェアなど、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出す商品開発に取り組んでいる。米国本社での売上高は2010年10億ドル、 2015年36億ドルと伸び続け、時価総額は160億ドルを突破。1996年の創業以来、驚異的な成長を続けている。 日本においても、読売ジャイアンツ(プロ野球)、大宮アルディージャ(サッカー)、琉球ゴールデンキングス(バスケットボール)、パナソニック ワイルドナイツ(ラグビー)などのユニホームサプライヤーとなっている他、野球の柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)、ラグビーの山田章仁選手(パナソニック ワイルドナイツ)、サッカーの宇津木瑠美選手(シアトル レイン)、モデルのKellyさんら、多くのトップアスリートやモデルのパフォーマンスを支えている。

■株式会社ドーム

[画像6: https://prtimes.jp/i/3939/200/resize/d3939-200-448950-5.jpg ]


1996年創業。テーピングの取扱いからスタートし、現在はスポーツプロダクト(アンダーアーマー)やスポーツサプリメント(DNS)、パフォーマンスディレクション(ドームアスリートハウス)などの事業を展開。「スポーツを通じて社会を豊かにする」、「社会価値の創造」という理念のもと、豊かな社会作りに貢献することを目指す。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る