プレスリリース

株式会社あしたのチーム

評価制度無料構築プラン「ゼッタイ!評価(R)ZERO」リリース

(PR TIMES) 2020年03月07日(土)11時25分配信 PR TIMES

〜制度構築費用O円!毎月更新の定着支援サービス〜

 人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする、株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、人事評価制度を無料で構築するプラン「ゼッタイ!評価(R)ZERO」を、2020年3月6日(金)よりリリースいたしました。

ゼッタイ!評価(R)ZERO:https://www.ashita-team.com/lp_zero/


[画像1: https://prtimes.jp/i/25661/199/resize/d25661-199-724058-0.png ]



制度構築費用O円で、プロが人事評価制度定着を支援!

 これまで、多くのコンサルティング会社による人事評価制度の構築は、多額の費用と時間をかけ、プロジェクトの立ち上げから運用の開始に至るまで1年〜2年ほどかけることが通説でした。そこで、導入3,000社のあしたのチームのノウハウを元に、業界初となる人事評価制度の構築を無料、かつ短期間で行うプラン「ゼッタイ!評価(R)ZERO」をリリースいたしました。構築に時間をかけず、運用しながら自社にあった運用スタイルを発見できるため、社内ハレーションを起こさず、評価制度が自然と社内の文化になっていきます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25661/199/resize/d25661-199-305732-5.png ]




「ゼッタイ!評価(R)ZERO」で世の中の評価制度が変わる


[画像3: https://prtimes.jp/i/25661/199/resize/d25661-199-116463-2.png ]


<評価制度 構築>
・コンピテンシーマスター
 “仕事が出来る人の行動特性”をマスター化。高い業績や成果を上げている従業員の行動志向・行動特性のノウハウを共有し、チーム全体の質を向上させます。

・MBOデータ
 導入企業3,000社で培った、業種業態に合う「業績を上げていくための数値項目(MBO)」というビッグデータを使って、自社の数値評価項目を紡ぎだします。項目、ウェイト、尺度を決めるだけ!


<行動目標(コンピテンシー)の構成>
・各カテゴリーにおいて会社が選定したコンピテンシー(75項目)を参考に自己設定を行います
・行動目標(コンピテンシー)は数値目標(MBO)の達成を目指した内容を設定します
[画像4: https://prtimes.jp/i/25661/199/resize/d25661-199-618446-3.png ]


<運用コンサルティング>
1.PDCA支援
 評価制度の運用において、目標設定/中間面談/評価のサイクルを期日通り適切に回していくための支援を致します。

2.メンテナンス
 評価期間が終わる前に、次の評価期間の評価シートの内容を提案致します。常に自社の現状に即した内容にブラッシュアップしていきます。

3.スタイル提案
 評価制度を運用していく中で、自社の状態にあった運用形態を提案をしていきます。評価期間や目標の数、目標設定方法など、無理なく運用でき、効果を上げていくための自社スタイルを見出します。


<人事評価制度の浸透によるパフォーマンスマネジメント実現へのステップ>
 まずは、現在の目標管理制度における改善点を見極め【STEP1】、新しい人事評価のプラットフォームに移行し、最低限できるところからでも運用を定着化することから始める【STEP2】ことで、人事評価制度を社内に浸透させる!

[画像5: https://prtimes.jp/i/25661/199/resize/d25661-199-670496-4.png ]




株式会社あしたのチーム会社概要

代表者  :代表取締役社長 高橋 恭介(https://www.ashita-team.com/
本社所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 11F
事業内容 :・報酬連動型人財育成プログラム「ゼッタイ!評価(R)」
      ・人事評価クラウド「あしたのクラウドTMHR」
資本金  :5億4,510万円(資本準備金含む)
設立   :2008年9月25日



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る