プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

アサヒビール株式会社

食材と一緒に楽しむワイン2ブランドを新発売!

(PR TIMES) 2017年02月21日(火)14時35分配信 PR TIMES

肉料理に合うワイン『リブ・シャック・レッド』1アイテム 鶏料理に合うワイン『フレンチ・ルーツ』3アイテム


 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、南アフリカ/ダグラス・グリーン・ベリンガム社の『リブ・シャック・レッド』と、フランス/ジネステ社の『フレンチ・ルーツ』3アイテムを2017年3月28日(火)より全国で新発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16166/198/resize/d16166-198-209251-0.jpg ]



『リブ・シャック・レッド』は肉料理におすすめの果実味豊かで重厚な味わいの赤ワインです。南アフリカのワイナリーであるダグラス・グリーン・ベリンガム社が製造しています。南アフリカ特有のぶどう品種であるピノタージュ60%とシラーズ40%をブレンドしており、プラムやベリーのような果実の華やかな香りと樽熟成による味わい深さ、スパイシーな風味が特長です。

ネーミングにはスペアリブの“リブ”と、凝縮感のあるしっかりとした味わいの赤ワインであることを強調するため“レッド”を使用しています。ラベルは、アメリカで販売されているバーベキューソースをイメージしたデザインです。スペアリブ、ステーキ、ラム、焼肉などのグリルした肉料理と一緒に楽しむことで、料理とワインそれぞれの味わいが最も引き立つことを訴求します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/16166/198/resize/d16166-198-703813-1.jpg ]

『フレンチ・ルーツ』は鶏料理におすすめのフルーティーでバランスのよいワインです。フランス・ボルドー地区の名門ネゴシアンであるジネステ社が製造しており、<メルロー> <カベルネ・ソーヴィニヨン> <ソーヴィニヨン・ブラン>の3アイテムを発売します。
ネーミングの“ルーツ”は“起源”という意味で、フランスの象徴である“ルースター(雄鶏)”に由来しています。ラベルとスクリューキャップにはフランス国旗のトリコロールを配しています。<メルロー>はタレ味の焼鳥や唐揚げ、<カベルネ・ソーヴィニヨン>はしょうゆ味の焼鳥、鶏の煮物、<ソーヴィニヨン・ブラン>は塩味の焼鳥や水炊きなどの鶏料理と一緒に楽しむことで料理とワインそれぞれの味わいが最も引き立つことを訴求します。

食との相性を訴求するワインとして、飲食店では肉料理店や鶏料理店をターゲットとして拡販し、量販店では季節や催事に合わせてそれぞれ食材に合うワインとして、店頭で訴求していきます。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る