プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社東京ニュース通信社

矢島弘一氏が第35回(2016年度)向田邦子賞に決定!

(PR TIMES) 2017年04月04日(火)15時57分配信 PR TIMES

向田邦子賞委員会と株式会社東京ニュース通信社が主催する、優れた脚本作家に贈られる向田邦子賞の第35回選考会が4月4日(火)に東京・渋谷で行われ、矢島弘一(やじまこういち)氏の受賞が決定いたしました。受賞作は、TBSにて2016年4月20日〜6月22日に放送された「毒島ゆり子のせきらら日記」です。
[画像: https://prtimes.jp/i/6568/198/resize/d6568-198-537998-0.jpg ]

授賞理由は、「恋愛と政治に裏切りはつきものだと断じる若い女性政治記者を描いた『毒島ゆり子のせきらら日記』は、どっぷりと通俗的相対的世界に身を置きながら、絶対的なるものを求める現代の若者の心の渇きを軽妙につづった快作である。テンポの良い会話と笑える警句が絶妙であり、人物達に的確な存在感を与えている。そのエスプリに溢れた才筆に拍手を送り、向田邦子賞を贈る。」というものです。

本賞の特製万年筆および副賞300万円の贈賞式は、2017年5月30日(火)18時30分より、帝国ホテル「光の間」にて行われます。

<矢島弘一氏プロフィール>
1975年東京都出身。2006年、劇団東京マハロを旗揚げし、主宰を務める。テレビドラマの脚本としては「ふるカフェ系ハルさんの休日」(2015年 NHK Eテレ)第2話を担当し、「毒島ゆり子のせきらら日記」(2016年 TBS)が初めての連続ドラマ脚本となる。舞台脚本としては、主宰する「東京マハロ」の舞台のほか、松竹映画「引き出しの中のラブレター」の舞台版脚本などがある。

<向田邦子賞とは>
故・向田邦子さんがテレビドラマの脚本家として、数々の作品を世に送り出し活躍してきた功績をたたえ、現在のテレビ界を支える優秀な脚本作家に送られる賞として、1982年に制定されました。主催は『TVガイド』を発行する東京ニュース通信社で、選考は歴代受賞者らによる向田邦子委員会が担当しています。前年度に放送されたテレビドラマを対象に、選考委員がノミネート作品を選定。本選を含めて4回の討議を経て受賞作品を決定しています。選考委員は池端俊策氏、冨川元文氏、大石静氏、岡田惠和氏、井上由美子氏(向田邦子賞受賞順)。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る