• トップ
  • リリース
  • 5Gオートモーティブ・アソシエーションと欧州自動車通信連合、提携覚書に調印

プレスリリース

  • 記事画像1

ファーウェイ・ジャパン

5Gオートモーティブ・アソシエーションと欧州自動車通信連合、提携覚書に調印

(PR TIMES) 2017年03月10日(金)16時17分配信 PR TIMES


5Gオートモーティブ・アソシエーション(5G Automotive Association、5GAA)※1と欧州自動車通信連合(European Automotive Telecom Alliance、EATA)は、スペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congress (MWC) 2017において、コネクテッド・カーや自動運転ソリューションの分野に加え、標準化、周波数、関連するユースケースにおける協力を促進することを目指し、提携覚書を締結しました。

5GAAへの加盟企業はアウディ、BMWグループ、ダイムラー、エリクソン、ファーウェイ、インテル、ノキア、クアルコムの創設メンバー8社を含む33社に達しています。5GAAは、異業種の企業で構成される団体であり、自動運転や各種サービスへのユビキタスなアクセス、スマートシティやインテリジェント交通への統合などの各種アプリケーションにおけるコネクテッド・モビリティと安全に対する社会ニーズに対応することを目指し、通信ソリューションの開発・試験・推進や標準策定に向けた取り組みのほか、商用化とグローバル市場での普及を促進しています。

一方、EATAは6つの主要団体と通信事業者、技術ベンダー、乗用車・トラックメーカーやサプライヤーなどの38社で構成されています。欧州でのコネクテッド・カーや自動運転実現に向けたハイブリッドなコネクティビティを広く展開することを目指し、最初の具体的なステップとして実際の道路交通環境で自動運転に求められるハイブリッド通信の性能をテストすることを目的とした「導入前プロジェクト」を進めています。EATAはまた、サービスおよび技術のロードマップ、安全性、セキュリティ・ニーズ、規制およびビジネスの課題を特定し、対処することを目指しています。このプロジェクトではデジタルと物理双方のインフラストラクチャ、さらには車両位置推定における課題など、国境を越えた相互運用性に取り組む予定です。

5GAAとEATAは今後、両者が特定したユースケースに優先順位を付け、短期的・長期的に対処すべき技術要件を特定することに注力しています。また、コネクテッド・カーや自動運転に向けた標準化をより強力にサポートするため、欧州電気通信標準化機構(European Telecommunications Standards Institute、ETSI)※2、3GPP※3、SAE(Society of Automotive Engineers)※4などの標準化団体に対する標準化の優先順位付けも必要となります。V2Xにおける周波数関連の課題、特定の周波数バンドの使用方法に関する合意、セキュリティとプライバシー、モバイル・ネットワーク事業者と自動車メーカーの双方による車両の安全性要件への対応などに共同で取り組む必要があることはいうまでもありません。さらに両者の合意は双方の業界におけるビジネス・モデルの開発とスケジュールの調整のうえでもカギとなります。

[画像: https://prtimes.jp/i/7389/196/resize/d7389-196-740930-0.jpg ]


5GAA理事会会長のクリストフ・フォークト(Christoph Voigt)氏は次のように述べています。 「5GAAは、通信業界と自動車メーカーを結びつけ、将来のモビリティと交通サービスに向けたエンド・ツー・エンドのソリューションを開発するために設立されました。EATAとともにセルラーV2Xの要件を定義し、優れたV2Xのエコシステムを構築していけると期待しています」

EATA運営委員会委員長であるエリック・ヨナート(Erik Jonnaert)氏は次のように述べています。 「欧州の自動車および通信業界は、コネクテッド・カーや自動運転が今後社会全体にもたらす変革を見越し、急速に変わりつつあります。今回の5GAAとの提携覚書は異業種パートナー間の連携を緊密にするだけでなく、2016年末に欧州委員会から発表された協調型コネクテッド・カーおよび自動運転実現に向けた戦略を強化するものでもあります。自動車のコネクティビティと自動化には多様な通信技術が必要ですが、第5世代移動体通信(5G)技術が欧州のデジタル・ハイウェイの重要なイネーブラーとなることは明白です。EATAと5GAAはともに、ドライビング体験の革新に貢献していきます」


※1 5Gオートモーティブ・アソシエーション(5GAA):http://www.5gaa.org/
※2 欧州電気通信標準化機構(ETSI):欧州の通信事業者や通信機器ベンダーなどが参加し、グローバルでの標準化に取り組む。(http://www.etsi.org/
※3 3GPP:移動通信システムの国際標準化プロジェクト「Third Generation Partnership Project」の略称。(http://www.3gpp.org/
※4 SAE:モビリティ専門家を会員とし、自動車関連及び航空宇宙関連の標準規格の開発などを進める米国の非営利団体「Society of Automotive Engineers」の略称。(http://www.sae.org/


※本参考資料は2017年2月28日(現地時間)にスペイン・バルセロナで発表されたプレスリリースの翻訳版です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る