• トップ
  • リリース
  • フューチャーがLoRaWAN(TM)による地方創生IoT事業を開始〜M2Bコミュニケーションズと資本業務提携

プレスリリース

  • 記事画像1

フューチャー株式会社

フューチャーがLoRaWAN(TM)による地方創生IoT事業を開始〜M2Bコミュニケーションズと資本業務提携

(PR TIMES) 2017年02月14日(火)12時37分配信 PR TIMES

フューチャー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:金丸恭文、以下フューチャー)は株式会社M2Bコミュニケーションズ*(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:田中雅人、以下M2B)と資本業務提携を行い、フューチャーが展開する地方創生IoT事業において、M2BのLoRaWAN**をIoT通信プラットフォームとして採用いたします。地方において生産から流通、小売までをIoTプラットフォームで結ぶことで、市町村を主役とした食のバリューチェーン「スマートビレッジ」を推進し、地方創生IoT事業を加速していきます。
[画像: https://prtimes.jp/i/4374/195/resize/d4374-195-512111-0.jpg ]


フューチャーはすでにM2Bと共同で、千葉県柏市、及び京都府与謝野町にて、LoRaWANを利用した実証実験を開始しています。今後は実験結果を活かしながら、商用利用に向けて取組みを進めるとともに、LoRaWANの導入支援とコンサルティング事業も開始いたします。

* M2Bは、LoRaWANを推進する業界団体「LoRa Alliance」において、日本初のコントリビュータとしてLoRaWANの日本規格策定に関わっています。M2Bウェブサイト: http://m2b.jp/
** LoRaWANは全世界のIoT関連企業が400社以上加盟するLoRa Allianceが仕様策定とエコシステム拡大を推進しているオープンな通信規格で、10年近いバッテリー寿命や数キロ以上の通信距離などの特徴を持ちます。

■ 会社概要
会社名:フューチャー株式会社
代表者:代表取締役会長兼社長 金丸恭文
本 社:東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー
地方創生IoT事業ウェブサイト:http://www.future-lora.com/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る