• トップ
  • リリース
  • “三高”より“三NO(ノー)”男子がモテる? 今どき女性が求める結婚相手は暴力しない、借金しない、浮気しない“ノーリスク”男子

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社パートナーエージェント

“三高”より“三NO(ノー)”男子がモテる? 今どき女性が求める結婚相手は暴力しない、借金しない、浮気しない“ノーリスク”男子

(PR TIMES) 2017年03月09日(木)11時54分配信 PR TIMES

〜学歴、収入、身長が“ある”男性より、最低限“○○しない”男性を求める時代に〜

Vol.79 QOM総研 「結婚相手に求める条件」に関するアンケート調査
 成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、25〜34歳の独身女性1897人に対し「結婚相手に求める条件」に関するアンケート調査を実施いたしました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/6313/194/resize/d6313-194-254778-pixta_25103638-6.jpg ]



<調査背景>
 30年ほど前、「三高」男子が流行語になった時代がありました。女性が結婚相手の男性に求める条件が高学歴・高収入・高身長だったことから使われるようになった言葉が「三高」です。
 その後、時代の変化とともに社会全体の価値観も大きく変わってきました。近ごろでは、女性が結婚相手に求める条件は「三平」(平均的な年収、平凡な外見、平穏な性格)になったと言われており、一方ではパートナーエージェントが2012年12月にご報告したとおり、未婚男性は「三等」(仕事・家事の機会は平等、年収は対等、身長・年齢は同等)女子を求めるようになっています。
 こうした女性が結婚相手の男性に求める理想の条件は、2017年の今、どうなっているのでしょうか。結婚相手の男性に求める最新の条件について、20代後半〜30代前半の独身女性に聞いてみました。また、その回答結果から、三高に替わる新しい「三○」を考えます。

<調査結果サマリ>


暴力しない(72.3%)、借金しない(68.1%)、浮気しない(64.7%) 結婚相手に求める条件、上位5項目中3項目が「○○しない」に
暴力・借金・浮気は離婚の原因になるから? 最低限「○○しない」男性を選びたい
女性の73.3%が「ワイルドで男らしい人」より「男らしさに欠けても暴力はしない男性」がいい



■暴力しない(72.3%)、借金しない(68.1%)、浮気しない(64.7%) 結婚相手に求める条件、上位5項目中3項目が「○○しない」に


Q. あなたが結婚相手に求めることは何ですか。(n=1154)※必須回答・複数回答可


 結婚相手の男性に求める条件について、独身女性はどんな点を重要だと思っているのでしょうか。先に結婚意欲を尋ねて、「結婚したい」と回答した独身女性に絞って、求める条件を選んでもらいました。次のグラフはその結果となります。

 まず注目すべき点は、2位「暴力をしない」(72.3%)、4位「借金をしない」(68.1%)、5位「浮気をしない」(64.7%)と、5位までのうち3項目が「○○しない」という条件になったことです。「ギャンブルをしない」(60.6%)も9位に入っています。
 また、1位「優しい」(74.3%)、3位「価値観が合う」(71.1%)、7位「気遣いができる」(63.2%)など、性格に関する項目が上位に多くランクイン。反対に、三高を思わせるような学歴、収入、容姿に関する項目は、ほとんど上位には見られませんでした。

[画像2: https://prtimes.jp/i/6313/194/resize/d6313-194-491945-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/6313/194/resize/d6313-194-373660-3.jpg ]


■暴力・借金・浮気は離婚の原因になるから?最低限「○○しない」男性を選びたい


Q.あなたが「結婚相手に求めること」を選んだ理由は何ですか。(n=270)


 続いて、先程の設問で聞いた「結婚相手に求めること」について、その項目を選んだ理由を答えてもらいました。

 まずは「○○しない」系の項目を選んだ理由についてです。男性に対して何かを多くを求めるより、「最低限」や「おだやかに暮らしたい」など、当たり前のことを求めている女性の意識が現れています。
 また、性格に関する項目を選んだ人は、金銭面や外見、その他の社会的なスペックより、性格を最重視したいという回答が多く見られました。

【○○しない】
ギャンブルをしない・借金をしない・暴力をしない
 人生が終わる可能性があるから(27歳・女性)
金銭感覚が合う・価値観が合う・暴力をしない
 価値観や金銭感覚が合わないと生活していくうえでストレスがたまりそうだから。暴力は嫌だから(28歳・女性)
優しい・借金をしない・暴力をしない
 借金と暴力は離婚の原因になると思うから優しい人が良い(31歳・女性)
浮気をしない・借金をしない・暴力をしない
 最低限の事なので(32歳・女性)
清潔感がある・優しい・浮気をしない
 おだやかに暮らしたい(33歳・女性)

【性格】
清潔感がある・価値観が合う・煙草を吸わない
 金銭面などはどうにでもなるが、価値観などは相手を変えたり自分が変わることが難しいから(26歳・女性)
清潔感がある・安定した職業・優しい
 一緒に生活していく上で優しさは一番大事。支え合える関係を築きたいので(28歳・女性)
優しい・男らしい・暴力をしない
 外見や条件より結局性格が1番大事だから(29歳・女性)
清潔感がある・気遣いができる・価値観が合う
 お互いに自然体でいられる関係性の方が、長く付き合っていけると思うから(31歳・女性)
優しい・男らしい・金銭感覚が合う
 性格が一番だと思うから(32歳・女性)

【高収入・高身長・高学歴】
高収入・優しい・浮気をしない
 愛がすべてではない。やはりお金を稼いでいるひとでなければ幸せにはなれない(26歳・女性)
身長が自分より10cm以上高い
 自分の背が高いから(28歳・女性)
年上・高収入・高学歴
 不景気だから。自分自身の将来が心配だから(29歳・女性)


■女性の73.3%がワイルドで男らしい人より、男らしさに欠けても暴力はしない男性がいい


Q.あなたが結婚するなら、どちらのタイプの男性と結婚したいですか。(n=270)※必須回答


 先程の調査結果より、学歴や収入、身長などの「○○がある」男性よりも、最低限「○○しない」男性に対する女性の注目が集まっていると言えそうです。そこで本当に女性は「○○がある」男性よりも「○○しない」男性を選びたいのか、もう少し詳しく調べてみました。
 「○○しない」男性のタイプをB、その対極にある男性のタイプをAとして、それぞれどちらを選びたいか答えてもらった結果が次のグラフです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/6313/194/resize/d6313-194-795788-4.jpg ]


 Aは、今まで女性にとって魅力的とされてきた男らしさに溢れるタイプの男性です。反対にBは男らしさというよりも草食系に近いタイプの最低限「○○しない」男性です。
 どの項目もすべて、50%以上の女性が「どちらかというとBがいい」または「Bがいい」を選択しました。


 三高がもてはやされた時代から30年ほどが経ちました。
 女性を巡る社会情勢も大きく変化し、「輝く女性」をスローガンに今や国全体が女性の社会進出を後押しする時代になってきました。共働きに家事・育児は夫婦で分担と男女の役割も変わりつつあります。
 女性が結婚相手に求める男性像は、「外で稼いでくる頼りになるハイスペックな夫」より、「協力し合って人生を共に歩いていく信頼できるパートナー」になっているのかもしれません。


調査方法:インターネット調査
調査対象:25〜34歳の独身女性 1897名
集計期間:2017年2月10日〜15日

調査対象:「結婚したい」と回答した25〜34歳の独身女性 270名
集計期間:2017年2月22日〜23日


[株式会社パートナーエージェント 会社概要]
商 号:株式会社パートナーエージェント
証券コード:東証マザーズ6181
代 表 者:代表取締役社長 佐藤 茂
創 業:2006 年 9 月
所 在 地:東京都品川区大崎1丁目20-3
イマス大崎ビル4階

U R L:
パートナーエージェント http://www.p-a.jp/
おとなの婚活パーティーOTOCON http://www.otocon.jp/
OTOCON MEMBERS 婚活カウンター https://www.members-o.jp/

事業内容:
1.結婚相手の紹介、相談
2.交際、結婚に関する調査研究
3.イベント、旅行の企画・運営
4.生命保険、損害保険代理店
5.挙式、披露宴の企画・斡旋
6.カウンセリング、各種セミナー運営
7.会員誌、その他出版
8.Webサイト、Webコミュニティの企画・運営
9.託児所及び保育所の経営、事務所内外の保育の受託業務

〜代表メッセージ〜
現代は、結婚しにくい時代と言われています。
仲人やお見合いなどの社会的な出会いの場が減少し、結婚をしたくても機会に恵まれない多くの独身者がいます。
当社は、もっと信頼できる結婚情報サービスを目指して設立されました。
従来の結婚相談のサービスを見直し、結婚を望む顧客へ高い成果を提供することで多くのお客様の支持をいただいてきました。
これからも、1年以内の結婚を支援するエージェントとして未婚・晩婚を解決する社会の実現へ貢献してまいります。

【転載・引用に関する注意事項】
本アンケートの著作権は、株式会社パートナーエージェントが保有します。調査レポートの内容についてはご自由に転載・引用いただいて構いませんが、引用・転載時には、必ず「パートナーエージェント調べ」など、当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。また、パートナーエージェントのWebサイト(http://www.p-a.jp)へのリンクも貼っていただけますと幸いです。
※ 記事などで取り上げていただけた際は、お時間ございましたらh-nozawa@p-a.jp宛てにご一報いただけると幸甚に存じます。

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
株式会社パートナーエージェント 広報担当:野沢、平田
TEL.03-6388-9831(部署直通) FAX.03-5759-2701 Mobile:080-4575-7766(担当者直通)

Webサイト:http://www.p-a.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る