• トップ
  • リリース
  • 今話題の「未来年表」をブった斬る!「人口が減ると何か問題でも?」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

今話題の「未来年表」をブった斬る!「人口が減ると何か問題でも?」

(PR TIMES) 2018年11月28日(水)09時40分配信 PR TIMES

『未来年表 人口減少危機論のウソ』が11月2日に発売され、発売後大反響につき続々重版!11月27日時点で発行部数2万5千部を突破した話題の書籍とは

人口が減少しても何も問題はありません。その理由を解き明かします!
[画像1: https://prtimes.jp/i/26633/193/resize/d26633-193-299819-0.jpg ]
昨今、絶望的な未来を予測した「未来年表」を扱った本が売れていますが、日本の未来は本当にお先真っ暗なのだでしょうか?経済学者・高橋洋一が、そのウソと真実を豊富なデータから解き明かし、人口減少危機論を煽る黒幕を暴きます!

■著者情報
高橋 洋一(たかはし・よういち)
嘉悦大学教授。1955年(昭和30年)、東京都生まれ。東京大学理学部数学科・東京大学経済学部経済学科を卒業。博士(政策研究)。1980年(昭和55年)に大蔵省(現・財務省) 入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣参事官等を歴任した。 第一次安倍内閣では経済政策のブレーンとして活躍。「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」、「ねんきん定期便」などの政策を提案。著書に『さらば財務省!』(講談社、第17回山本七平賞受賞)『戦後経済史は嘘ばかり』(PHP研究所) 『朝鮮半島 終焉の舞台裏』(扶桑社)など多数。
[画像2: https://prtimes.jp/i/26633/193/resize/d26633-193-800470-1.jpg ]

■新刊概要
『未来年表 人口減少危機論のウソ』
著者 : 高橋洋一
発売 : 2018年11月2日
定価 : 864円(本体800円+税)
判型&体裁:新書判
頁数 : 224頁
発売元 : 株式会社 扶桑社
ISBN :978-4-594-08085-3
URL : https://www.amazon.co.jp/dp/4594080855

【著者取材など本の内容に関するお問い合わせは】
株式会社扶桑社 書籍ムック編集部まで
TEL 03-6368-8885
FAX 03-6368-8818

【パブリシティ、本書の紹介などに関するお問い合わせは】
株式会社扶桑社 宣伝部まで
TEL 03-6368-8864
FAX 03-6368-8807



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る